私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました) (04-05)

7224Clicks 2020-01-19 Author: hollowforest
. [母と私 (メーリングの伝説によって書き直されました)]

Author:hollowforest2019-1-9 Published in SexInSex 早く起こして、寝かせてください。ベッドに横になって寝返りを打っていましたが、もう眠れませんでした。 『シャーロック・ホームズ』を手に取り、4~5章を読み、目覚まし時計を見るともう6時半だったので、起きて顔と歯を磨きました。母はまだ起きていません。私はおばあちゃんの家に朝食を食べに行き、自転車に乗って出かけました。

いくつかのドアをノックした後も、愚か者たちはまだぐっすり眠っていました。退屈から何度か歩き回ったが、結局どこにも行くところがなかった。何も知らずに村の池に着いた私は、当然のように服を脱いで池に飛び込みました。水は少し冷たくて震えずにはいられませんでした。何度か泳いでいるうちに、寒さが耐えられなくなったので、しばらく橋の穴にしゃがんでいました。

もちろん、私は何度か叫びました。それらは橋の空洞内で往復し、反響し、増幅し、別の人の声のように聞こえます。それで私はもう数回唸らずにはいられませんでした。喉が枯れるまで咆哮を上げ、再び水に飛び込みました。

このとき、太陽が明るく輝いていました。私は日差しを乾かすために橋の上に横たわって、誰にも会わずに眠りに落ちました。この世界に私だけが残っているのではないかと思わずにはいられませんでした。服を着てビリヤード場へ行きました。いつもは混んでいるビリヤード場のドアが閉まっており、長時間ノックを続けた後、ボスがドアを開けに来て、ここ2日間検査を受けて閉まっていると言いました。しばらくドアの前に座っていた後、喉が渇いたのでポケットを触ってみると、ポケットは空でした。そのまま車に乗り込み、校門に着くまであてもなく歩き回った。しかし、学校のドアは施錠されており、王維超の家が近くにあると突然思い、すぐにターゲットを見つけました。

「リンリンです。」

「こんにちは、ワンおばさん、ウェイチャオはどこですか?」

肩までの長さの髪を持つ美しい中年女性「ドアを開けました。彼女は黒髪できれいな顔です。年齢はもうすぐ40歳です。しわはあるはずですが、肌は村の女性とはまったく違います。色白で滑らかです。」濃い紫色の眼鏡をかけ、上半身は黒点の丸首シャツ、下半身は黒いガーゼのロングスカートを着ており、全体的な外観は非常に知的で美しいです。

この部屋に住んでいるのは、王維超さんの母親である陳玉蓮さんだけです。この部屋に住んでいるのはこの二人だけです。私も時々遊びに来るので、彼のお母さんもよく知っています。

「彼は出て行ってしまいましたが、どこに行くのかは言いませんでした。入って座ってはどうでしょうか。果物を食べて彼を待っていてください。もうすぐ正午ですし、すぐに戻ってきます。」ここにいて昼食を食べてもいいでしょう。」

私は王おばさんの好意を断り、階下に降りて再び車に乗りました。

車は目的もなく走り、何も知らずに村の西端にある村委員会に到着しました。

村の委員会は白い低いバンガローの円形です。今日は週末です。村の委員会のドアは閉まっているはずですが、鉄柵のドアが半開きです。警備員はいませんが、私には見えます。叔父の車を空き地に停めてもらいました。

昨夜見たものを思い出すと、心に火がついたような気がして、車の前を向き、庭に出ました。

階段を上り、廊下の突き当たりの壁に打ち付けてある「村党書記室」というドア番号に向かって歩き、近づいてみるとドアが開いていたので、行ってきました。机が二つあって、そこにはピンクのシャツを着た眼鏡をかけた少女が座っていたが、叔父はいなかった。女の子も、私が入ってくるのを見て驚いていました。彼女はそっとささやき、そしてはっきりした声で私に尋ねました。「お兄さん、どうしたの?」

「私のものを探しているんです。」 「叔父さん。、陸永平さん。」

「ごめんなさい、今日は週末なので、陸長官はここにいません。」

叔父の車はすべて外にありました。私が入ったとき、 、嘉陵と少女も見ました口を開いたときは嘘でした。何か言おうと口を開けましたが、中のドアから叔父の声が聞こえました:「阮秦、彼を中に入れてください。」< p>

嘘がバレて、阮秦という男が 女の子は恥ずかしがることもなく、少し微笑んで、うつむいたまま書き続けました。私は何も言うことがなかったので、まっすぐ家の中に入っていきました。

ドアを押し開けて中に入ると、中のオフィスのカーテンは閉まっており、照明も点いていませんでした。照明はとても薄暗かったです。叔父は机の隣の革張りのソファに横たわっていました。隣に座っていた別の女性は頭を下げて服を整えていたので、近づいてみると、その日叔父に連れて行ってもらった夜食の屋台の女将さんだった。

彼女の髪は乱れ、服にしわが寄っていた様子から判断すると、彼女が叔父と何か恥ずかしいことをしていたことが明らかでした。叔父が昨夜遅くに私の家で母親とセックスを終えたばかりで、今朝、人を盗むために女将をここに引きずり込んだので、私は不快に感じました。

ぼんやりとここに来ましたが、この状況では何を言えばいいのか分からず、ただぼんやりとそこに立っているだけです。

「おい、リンリン、君は珍しい客だ。叔父に会いに来るのは初めてだよ。どうしたの?」 しかし叔父は何の気なしに笑い、それから隣の女将を抱きしめた。 「ああ、紹介するのを忘れていました。これはあなたの喬雲おばさんです。あなたも会ったことがありますね。」それから彼はいたずらっぽく私を見て、「あの日のことをまだ覚えていますか?」

喬雲おばさんは顔を上げざるを得なくなり、屈辱的な表情で下唇を噛みましたが、あまり反応しませんでした。前回、叔父の蕎麦屋で目の前で辱めを受けたせいか、それほど心配はしていなかった。

「覚えています。」

私はかすれ声で言いました。 「どうしてこの人妻たちがこんな行動をして叔父たちに弄ばれるのか本当に理解できません。これまでの世界観を完全に覆すものです。村にある白塗りのスローガンも基本的に彼女たちの色と同じです。同じように淡いです」そして弱々しい。

「私は...先に戻ります。」

「座ってください——!」

喬雲おばさんは立ち上がって出かけようとしたのです。と叔父に邪魔され、彼女は酒のせいで体が震えたが、叔父に逆らう勇気もなく、青ざめた顔で再び座り込んだ。

叔父は喬雲叔母さんの寂しげな様子を見て見ぬふりをし、真顔で叫んだかと思うと、すぐに笑顔を浮かべて私にこう言いました。おじさんと何をしたいの? 「本当ですか?」

「ルオラン姉妹について前に言っていたのは...本当ですか?」

私はこの言葉を口走ってしまった。と言われて唖然としました。

叔父は私の言葉を聞くと、小さな目を突然見開き、口角が大げさに弧を描きました。おじさんはなんだか興奮した様子で、ソファーにもたれかかっていた背が低くて太った体が突然起き上がり、全身の脂肪が震えた。

「無理じゃないですか?」 私は振り向かずに弓を射、口調も落ち着いて、さりげない態度を心がけた。

くそー、利息だけ返してよ。

「もちろん、もちろん。」全身の脂肪が動いているようで、意味が分からずに指を立てて振った。「ちょっと待って、手配するから」 「すぐに、すぐに...」

叔父はテーブルの上の携帯電話を手に取り、その番号にダイヤルしようとしたとき、突然コケティッシュな態度で私に尋ねました。 「なりたい? 彼女を呼び寄せるよ。それとも彼女の部屋で?」 私の心臓の鼓動は速くなり、私は飲み込んだ:「何でも…」他の人の部屋で。」

私はすぐに、昨夜彼が母親に言った言葉を思い出しました。

叔父は立ち上がって横に歩き、電話を終えると、気まずそうにそこに座っていた喬雲叔母を突然見て、私にこう言いました。「リンリン、一緒に練習しない?」 「彼女の話し方は、あたかも喬雲おばさんを、いつでも他の人にあげて遊べるおもちゃとして扱っているかのようでした。

私の答えを待たずに、彼は冷たい口調に変え、喬雲おばさんにこう言いました。「コーヒーテーブルに横になって、大きなお尻を持ち上げて、甥っ子を気持ちよくしてあげてください。」

喬雲おばさんの目に浮かんだ涙はようやく消えましたが、叔父の言葉には魔法の力があるようでした。彼女は白い長いスカートをはいて、ふらふらとソファから立ち上がって、ソファの横のジッパーを下ろしました。スカートを脱いで手を離すと、スカート全体が床に落ちました。彼女は下に何も履かず、筋肉質な脚と股間の濃い陰毛のある陰部を露出させていました。それから彼女はシャツのボタンを一つずつ外し始めました。

これらのシーンはビデオ室でしか見たことがなかったので、実際に見たときの衝撃は言葉では言い表せませんでした。

裸になった喬雲叔母は、急いでコーヒーテーブルに登り、両手で支えながらその上にひざまずき、同時に腰を落としてお尻を高く上げ、叔父を平手打ちしました。彼女はお尻の後ろで足を左右に広げました。

叔父が動かないのが見えました。叔父は頭を下げ、喬雲叔母さんの耳元で何か言いました。「彼女に何をしてもいいよ。」彼は私に微笑んで振り向いた外に出ると、すぐに外からメガネの女の子の怒鳴り声が聞こえた。

私は、叔父が魔法の呪文などを知っているに違いないという幻想をいつも抱いていました。叔父が女性たちにこのように話すたびに、彼女たちは叔父の命令に従うのはなぜでしょうか。

存在しない唾液を飲み込んだ。時々、今日のような状況を空想する夜がありましたが、そのような状況では、私はいつも自由で、自分が何をしたいのかを正確に知っており、簡単に満足のいく結果を達成しました。しかし、今では手と足がとても硬いです。

私の手が不自然にお尻に触れました。そこにはあせもがあり、母の丸くて柔らかいお尻とは違いました。喬雲おばさんのお尻にはくっきりとした線があり、お尻の肉が触れていました。とてもしっかりしています。おそらく普段の仕事と訓練の結果でしょう。

彼女はコーヒー テーブルの上で動かずに膝をつき、豊満な胸がそこにぶら下がっていました。私は彼女の側に歩いて行き、手を差し込みましたが、すぐに制御不能になりました。ある感情が、野原にいる老牛のいびきのように、私に息を荒くさせた。私の動きは最初は慎重だったが、だんだん荒っぽくなった。

私は喬雲おばさんの豊満な胸を勢いよく揉みましたが、頭の中に浮かんだのは叔父と母が一緒にいる光景だけでした。

私がついに彼女のお尻を開いて、喬雲おばさんの生い茂った洞穴に指を差し込んだそのとき、私が注意深く触れる前に突然ドアが開きました。まるで感電したように、私は慌てて手を引っ込めてドアを見ましたが、ドアを押し開けたのは叔父であることに気づきました。

「怖かったですか? ねえ... 向こうで手配が行われたことだけを伝えたいのです。」

いわゆる向こうとは当然シスター・ルオランのことです。心臓が高鳴り、悪いことをして捕まったショックから立ち直る前に、まだ新しいニュースに動揺していました。

私はしぶしぶ喬雲おばさんをちらっと見て、叔父と一緒に出て行きました。外の眼鏡っ娘はどこへ行ったのか分からないがテーブルの端に屈強な男が立っている白と黒の刈り上げ髪の下に不気味な三角の目が毒々しい目でこちらを見つめているヘビで寒く感じます。

「彼の名前はボールドヘッドです。彼はあなたをそこに連れて行く責任があります。彼はすでにそこでのことを処理しています。しかし、あなたに明確に説明しなければならないことがいくつかあります。あなたの妹のルオランは違うのです」喬雲おばさん、喬雲おばさん、夫に見つからない限り、いつでも遊びに行っていいよ。でも、若蘭姉さん、今回は1時間半しかないの。それでもやりたいなら。今度遊んでね、アレンジは私に任せてね でも、誰であろうと、小僧、声を上げるな、おい、私はそんなことは怖くない、残念ながら、それは簡単なことではないだろう

叔父は話し終えた後、明らかに髪の毛がある「ハゲ頭」にこう言いました。「ハゲ頭さん、甥っ子に挨拶してください。私はここで用事があるのです。」午後だから行きません。」

村委員会のドアから出たハゲ頭の後を追って、ハゲ頭は私の方を向いて言いました。「私が先に行きます。彼女の家がどこにあるか知っていますか?」私がうなずいているのを見て、彼は「分かった、一人で乗っても目立たないよ」と言ってアクセルを踏み、嘉陵で走り去った。

10 分ほど走った後、ルオラン姉妹の家の前に着きましたが、正午で日差しはとても暑く、道には人もおらず、全身日焼けしてしまいました。汗私が車から降りて、シスター・ルオランの家からそう遠くないバッタの木の下にしゃがんでいると、禿げた頭が見えました。私が到着するのを見ると、彼は立ち上がって、遠くから私に入るように合図しました。

シスター・ルオランの庭へのぼろぼろの木のドアが半開きだったので、私は深呼吸してドアを押し開け、中に入りました。

中に入るとすぐに、庭の真ん中に立っているシスター・ルオランが見えました。地面には衣服を入れた洗面器がありましたが、彼女は衣服を干していました。

今日は腕全体を露出した白いキャミソールを着ていて、肌は白いとは言えませんでしたが、とても繊細に見えました。ライトグレーの膝丈パンツとダークブルーのスリッパを履いています。

「リンリン? どうしたの?」

私はめったに彼女の家に遊びに来ません。彼女は私を見て一瞬びっくりして、それから妹に見せました-隣を見て、笑顔で。彼女が服を下ろして、私に挨拶に来ようとしたとき、そのハゲ頭が私の後ろから入ってきました。そのハゲ頭を見ると、恐怖の表情で彼女の足取りがすくみました。彼女の顔はすぐに暗くなり、頭が真っ暗になりました。落とした。

ハゲ男は私の横を通り過ぎ、シスター・ルオランの腕を掴み、彼女を奥の部屋に引き込みました。彼らが何を言っているのかは聞こえませんでしたが、外から少し日光が差し込んでいると、シスター・ルオランが何度か頭を下げて涙をぬぐっているのが見え、最後に二度うなずきました。

「分かった、好きなようにプレイしていいよ、あの子は従順だからね。」ハゲ頭が出てきて、卑劣な笑みを浮かべて私に言いました。 「すごく興奮するよ。さあ、妹とセックスしてみよう。楽しんでね。覚えておいてね、一時間あるから、入って電話するよ」 その後、彼はドアを閉めて出て行った。

シスター・ルオランは、ハゲ頭で外出した後、私に歩み寄り、軽蔑、憤り、悲しみを含む複雑な目で私を見つめました...しかし、結局彼女は涙を拭うことしかできませんでした。彼女の手の甲で、唇をすぼめて、そして無理に笑いながら私に言いました:「ヤン・リン…私の部屋に行きますか?」

私はうなずきました。彼女の部屋は庭の端にあり、部屋全体は非常にシンプルで、シングルベッド、古い木製のワードローブ、文房具や本が置かれた机があります。森の近くのガラス窓は新聞紙で覆われ、薄緑色のカーテンが風に揺れていた。

「グアン... グアン先生があなたに言いました... 何がしたいですか... 何をしたいですか? 私は従います...」

彼女は窓を閉めると、ベッドの端にぎこちなく座ったまま、手はベストの裾をいじり続け、緊張している様子を見せた。

直接手を出したわけではありませんが、マスターとして珍しく女の子の部屋に入ったので、興味津々でクローゼットを開けて中を覗いてみました。クローゼットの中の服は飾り気のないシンプルなものばかりで、下の引き出しを開けると下着やブラジャーが十数枚も引き出しの中に散乱していました。

「普段どれを着るのが好きですか?」私は引き出しを指差しながら尋ねました。彼女は明らかに私がこんなことを聞​​くとは思っていませんでした。彼女は一瞬唖然としましたが、すぐに恥ずかしさと怒りで耳が赤くなりました。彼女は蚊のような声で言いました。「それらは... ほとんど同じです。」< p>

しゃがんでひっくり返りました。立ち上がると、ほとんどがショートパンツなどの時代遅れのアイテムでした。最後に、白いブリーフを掘り出しました。ピンクのブラジャーを拾って、それを着用しました

彼女は下唇を噛み、立ち上がって私に背を向けたまま服を脱ぎ始めました。私が「私の方に着替えて」と言ったので、彼女は何も着ていませんでした。 「振り返って手を交差させ、ベストの下端を掴んで引き上げるしかありませんでしたが、それはまるで彼女の服を覆っているようなものでした。私は彼女の頭を抱えているときに、一歩前に出て彼女の手を掴みました。」この姿勢を保って、動かないでください」叔父の「呪文」の力で、シスター・ルオランは本当に動かなかった。

服の下には白いブラジャーを着けていました。実際、ルオランの胸は高校生にしては小さくありませんでしたが、彼女は母親のいつでも揺れる胸に慣れていました。魅力的に見えない。

私はブラジャーの中に直接手を挿入し、片方の鳩の胸を掴んで揉み始めましたが、もう一方の手は彼女の露出した肌をさすりながら歩き回っていました。

それから、私はずっとやりたかったことを実行しました。学校で短いスカートを履いた女の子たちが私の前で揺れているのを見るたびに、私はいつも邪悪な考えを抱いて抵抗しました。私は彼女の後ろに歩み寄り、彼女を腕の中に引き寄せ、手のひらを彼女のお腹から下に当て、それからズボンの上から彼女の股間に挿入しました。

私は細い毛に触れ、すぐに彼女の小さなエンドウ豆に触れると、彼女の体は明らかに震えました。

「もっと足を広げてください。」

私はルオラン姉妹に手を上げて頭を服で覆うようにお願いしました。彼女が足を広げた後、私は指を動かしました。まだ乾いた膣に直接入れてください。

私は彼女を上下に痴漢し始めましたが、ついに彼女が痛みの叫び声を上げました。

この従順な羊が私を悪魔に変えたように感じました。まるで初めて自分自身を知ったかのようでした。自分の行動すべてにショックを受けましたが、それを当然のことだと思いました。

この小さな部屋で、私は初体験を終え、処女に別れを告げました。一番理想的な結果はBing Jieに与えることだと常々思っていたが、それが希望的観測であることは内心分かっていた。シスター・ルオランにそれを渡した今、それはまったく重要ではないと感じています。彼女をベッドに横たわらせて足を広げ、彼女のオマンコにペニスを挿入し、泣きながら非人間的な突きを始めたとき、私はそれぞれ、1回目も10回目も100回目も何でもないと感じました。突然、私の叔父が「女性の髪は男性に犯されるためだけにある」と言っていたことを思い出しました。

私はまだ彼のことが嫌いですが、この瞬間には自分が彼になったように感じており、彼になりたいと思っています。

どうやって去ったか忘れましたが、最後に私のペニスがシスター・ルオランの口から引き抜かれたことだけはわかります。車に乗っている間、私はルオラン姉妹に何をしたのか考え続け、二度ほど溝に落ちそうになりました。家に着いたのはもう午後2時でした。私はおばあちゃんの家に直接行きましたが、ドアが施錠されていることがわかりました。残念なことに、私はお腹が空いて喉が渇いていたので、我慢して庭に行かなければなりませんでした。車を停めた後、母が出てきて、私がどこにいるのか尋ねました。彼女はまだ花柄のドレス、ピンクのスリッパ、高めのポニーテールを着ており、その澄んだ瞳は壁のプラスチックの青いタイルを映していました。幻覚だったのかどうかは分かりませんが、母は昨夜叔父にされたことのせいでしょうか、とてもやつれて見えました。私は何も言わず振り返ってトイレに入りました。

「ヤン・リンはあなたに尋ねました、あなたは耳が聞こえないのですか?」 母は少し怒っていました。

ゆっくりと外に出ると、腰に手を当てて真顔の母が見えました。 「遊びに行きましょう。」 その声はあまりにかすれていて、彼自身もびっくりした。

母は唖然として顔をしかめた:「またどうしたの?」

私は自分の喉を指差して、まっすぐキッチンへ向かいました。

「熱はあるの? 風邪ひいたの?」 母が私の後ろからついてきました、「まだ食べてないの?」

私は顔を洗って電源を入れました。水パイプ、牛のように飲みます。母は不満そうに唇を鳴らして、「何度言った、また生水を飲もう」と言いましたが、私は無視して鍋を開け、様子を見てスプーンを手に取り、ご飯を一口食べました。母は手を伸ばし、私を平手打ちで言いました。

「どうやって食べる? 卵かけご飯? 塩ご飯とか?」 母は頭も上げずに忙しかった 「喉を見たい?」

「何でもいいよ」 」 私は一言を発して、日の当たるところに出ました。目を上げると、二階の廊下に数枚の衣類が干してあり、手すりにはとうの昔に干してあった古いマットがあった。

「何でもいいから、好きなもの食べていい?」

私は午後中ずっとベッドに横になって本を読んでいましたが、本を一言も読んでいませんでした。ベッドの下から小さな木箱を取り出し、正午に持ち帰った綿の下着をズボンのポケットに入れました。この綿の下着は今日シスター・ルオランが着用していたもので、私はそれを鼻に近づけて、ボディーフレグランスと痴女が混ざり合った魅惑的な匂いを嗅ぎました。

母があらゆる方法で私に勧めた後、私が夕食に出かけたのは 6 時過ぎでした。私がそこに行ったとき、妹はすでに食事を終えていました。

食事中、母は私に喉の調子は良くなったかと尋ねました。私は何を言っているのか理解できずに、食べながら答えました。母は私に、午後は何が忙しいのかと尋ねました。私は「レジャー本を読んでください。」とだらだらと言いましたが、母は「あなたがどんなレジャー本を読んでも構わない。先に宿題を終わらせなさい。」と言い、私はおかゆに頭を埋めて何も言いませんでした。母親は口を開いたようだが、結局何も言わなかった。

夕食後、母は食器を片付けます。おばあちゃんが二階から叫びました。「リンリンは涼しい空気を楽しんでいるよ!」私は立ち上がって上がろうとしたとき、母が突然こう言いました。 「一日中。私はまだあなたの母親ですか?」

私は唖然とし、鼻を鳴らして、急いで家を出ました。

屋上は涼しい風が吹き、特に気持ちが良いです。遠くで誰かが「ドゥ・シニャン」「ママと呼んだことを後悔しないで」を演奏しており、おばあちゃんはガマの葉っぱの団扇を振りながら口ずさみました。おばあちゃんとしばらくおしゃべりをしていましたが、まぶたがどんどん重くなってきたので、寝返りを打って寝てしまいました。

突然、母がやって来て、祖母に父のことを話しているようでした。突然、母がくぐもった鼻歌を鳴らしました。急いで振り返ると、母がお尻を突き出して裸で、後ろに人が立っています。それは叔父の陸永平でした。二人が繋がってリズミカルに揺れ、卑猥な音を立て、祖母は気づかぬかのように母親に話しかけていたが、母親の答えには断続的に喘ぎ声が混じっていた。

そして、私は彼らから遠く離れていますが、とても近いようです。母の黄土色の膣に、太くて長いペニスが出入りし、入るときは奥まで押し込まれ、分厚い黒陰唇も引き込まれ、出てくるときは真っ白になりました。大袈裟に水しぶきが飛ぶほどの赤く柔らかい果肉は、取り出して数秒ですでに接合部から泡が立っていた。その瞬間、母の凛々しく美しい顔は真っ赤な雲に覆われ、緑白色の小さな手で口を覆い、指の間から痛みなのか快感なのか分からないくすぐったいようなうめき声がかすかに漏れた。おばあちゃんはこれらすべてに目をつぶって、独り言を続けました。

私は母に近づき、何度か母に電話しましたが、母は聞く耳を持ちませんでした。叔父の醜い顔は獰猛な目で私を見つめていましたが、下半身の動きはますます速くなり、母の叫び声はますます大きくなっていきました。一歩一歩後ずさりして、突然空中に足を踏み入れると、体が軽くなって倒れてしまいました。

目を開けると星空はまだ明るかったですが、股間は濡れていました。息をついて起き上がると、隣ではおばあちゃんが安楽椅子に横たわってぐっすり眠っていました。全身汗だくでベタベタだったのでシャワーを浴びようかと思いましたが、首を伸ばしてまた横になりました。漠然と、ドアの音がごくわずかにチリンチリンと鳴っているのが聞こえたような気がしました。映画に出てくる誰かの家のバルコニーで鳴る風鈴のように。申馬年にいとこからもらった風鈴はありますが、吊ったことはありません。そう思うと、私は突然体が震え、起き上がって耳を立てました。遠くないところにあるトゥーンの木のささやきと、漠然とした犬の吠え声だけが聞こえた。心配そうに立ち上がってベランダに出て路地を覗いてみましたが、そこには誰もいませんでした。一瞬迷った後、慎重に階下に降り、階段の上で長い間自分の心臓の音を聞きながら立っていました。

「でも、何だろう、私は自分を騙しているだけだ…

」 もう私には何かを言える立場や行動をする立場はありません。

私が朝起きると、母はすでに食事の準備をしていました。揚げたパンケーキ、卵にきびのスープ、冷たいキュウリ、ネギのピクルスの小皿。食事中に耳を立てましたが、母は何も動きませんでした。食器と箸を片付けてから、母に二度電話しましたが応答がありませんでした。ドアを閉めて二回散歩に出ました。帰ってくると母はすでに洗濯をしており、ちらっと見ると下着が見えたので、思わずスピードを上げて部屋に入りました。

この日、王維超さんが私にテープを何本か持ってきてくれました。ほとんどがキャンパスフォークソングです。私の頭の中にあるのは、ルオ・ダヨウの「同志恋人」、ラオ・ランの「リアン・リアン・フェン・チェン」、大皿の「レッド・スター・ナンバー・ワン」、そしてチャン・チューの「孤独な人は恥ずかしい」です。ラオランのことは聞いたことがあるし、ルオダヨウも聞いたことがあるが、張忠と紅星一号の人々は聞いたことがない。王維超さんは興奮して入ってきて、大量の汗をかき、青いTシャツの前のほとんどが濡れていた。

「これどこで買ったの?」

「お父さん、どうせ聞く耳を持たなかったのよ。」

「よくお父さんのところに行くの? 「あなたのお母さんは、そこに駆け寄ることに反対はありませんか?」

「どうしてお母さんが反対できるのでしょうか? それに、離婚は二人の間の問題です。父と私は離婚していません。」

p>

「これも本当です。」

王維超は正午に私の家で夕食をとりました。私はめったに母にもう少し言葉をかけましたが、母は私を無視しました。王維超さんは母親のおいしい料理を褒め続け、それはお世辞にも近いが、母親を終始笑顔にさせた。夕食中、孫の目がいつも母親の胸やお尻をこっそり見ていることに気づきました。私の母は美しくていつも目を引いていましたが、王維超を見ると今でも少し不快な気持ちになります。

理由は分かりませんが、彼と私の妹はとても仲が良く、おそらく成績優秀で話題の多い学生同士だからでしょう。以前、妹に「彼氏だと思えばいいのに」と冗談を言ったことがありますが、妹は「自分の好きなことしか考えない」と軽蔑して笑いました。

ワン・ウェイチャオは去る前にビン・ジエについてのみ言及した。彼は私に、なぜ毛沢東がビンジに尋ねなかったのかと尋ねました。そこで私はBing Jieに尋ねました。彼は、ビンジエが瀋陽の両親と一緒に住んでいて、数日間戻らないだろうと私に言いました。私はああと言いました。彼は「ああ、あなたのお母さんのおまんこね」と言った。

なぜ彼が私の前で何度も Bing Jie のことを言い続けるのか、本当に理解できません。もしかしたら彼はただ私を嫌悪させたかっただけなのかもしれない。

王維超を見送って帰ってきたら、二階の手すりの上に古いマットがまだ立てられたままでした。集めるのを忘れたのか、単に乾燥させていたのかは不明です。あんな早朝に手すりが空いていたかどうかは一生思い出せない。

その夜、私は二階のキッチンからコードを引き、テープレコーダーのプラグを差し込みました。私が数曲演奏する前に、祖母が抗議して、「この幽霊が泣いたりオオカミが吠えたりするのは一体何なの?芝居があるの?芝居を聞いてごらん。」と抗議したので、私は聞こえないふりをしましたが、くすぐられて飛び起きました。

真夜中には、星の息吹だけが残ります。おばあちゃんはもうぐっすり眠っていましたが、私はまぶたを上げたまま苦しんでいました。夜中におしっこで起こされないように、夕食後は水をたくさん飲みました。夜行性の患者のように、私は建物の屋上、階段の上、庭、両親の部屋の外を歩き回り、熱心に耳を傾けました。

数日間そのような状態が続き、叔父は二度と来ないようでした。何度か母に、エアコンの効いた部屋で寝たほうがいいと言いたかったのですが、母の表情と動作で私の勇気は消えてしまいました。

しかし、その日はやって来ました。 8月の終わりだったと記憶しているが、月は明るく、星もまばらで、さわやかで気持ちがよかった。地球全体がまるで水銀の層で覆われているかのように明るかった。おばあちゃんは月明かりが明るすぎてまぶしいと言って10時過ぎに降りていきました。

彼女の邪魔がなかったので、私はしばらくの間快適に張忠の話を聞くことができました。この痩せていて自己憐憫の男は、布団に包まれているような声で「食べ終わった人々に神の祝福がありますように、そして食べ物が人々の間をスムーズに通り抜けることに神の祝福がありますように」と歌いました。これが何を意味するのか分かりません。私は「Ant Ant」という曲が好きです。ラジオを聞いている近所の娘のことを考えて、私の理想はまだ土の中に埋もれています。私はそれを心の中で次のように変更しました。隣人の娘が私のチンポを彼女のマンコに入れてラジオを聞いていることを考えてください。

頭頂部の銀色は、まるで薬のように体に浸透し、人々を安らかな気持ちにしてくれます。聴いているうちに、まぶたがどんどん重くなっていくのを感じました。

それがどれくらいの時間がかかったかわかりませんが、風のチャイムのくびれたくる音が再び耳に鳴りました。猫のように光のように、足跡があるように見えました。私は背を向けて突然目が覚めました。耳を開いてください。ドアは確かに鳴っていて、足音は遠くに遠くになっていましたが、非常に馴染みがありました。私は立ち上がって、バルコニーの近くにつまずかれました。

路地には人がいます。彼の影は月明かりの下でボールに押し込まれます。彼は彼の一重項、ズボン、サンダル、キーチェーンをはっきりと見ることができます。それが私の叔父ではない場合、それは誰ですか?彼はかかとを地面でたゆまぬけどノックし、通りに歩いた。私は長い息を吐き、振り向いて手すりに近づき、すぐに私の体を撤回しました。母はまだ庭にいます!彼女はホールのドアに向かっていくつかのステップを踏み、それから振り向いて顔を上げました。それが月を賞賛するか、チャンジュアンの下で私たちのことを気にするかを知らなかった。

その夜、私の母は青と白のナイトガウンを着ていました。彼女の光沢のある黒い髪が肩にぶら下がって、わずかに乱れました。濡れた髪のいくつかのストランドが、赤い雲が飛んでいる顔に貼り付けられ、透明な目が銀の月明かりを吸収し、それから完全な湖の水のプールを反射しました。厚い銀風、意味のある、豊かですがばかげているような、私はまだそのような外観を理解することはできません。

母は長い間見上げてため息をつきました。実際、私はため息を聞くことができませんでしたが、彼女が口を開けてぼんやりと見えるのを見たとき、そのため息が鳴りました私の気持ち。手すりの後ろに隠れながら体を締めずにはいられませんでした。次に彼女はドアに歩いて、しばらくためらい、それからまっすぐにトイレに入りました。光をオンにし、ドアを閉じて、すぐに水の音が聞こえます。私は手すりに背を向けて座って、空の明るい月をちらっと見て気を散らしました。

起きて眠ろうとしていたのと同じように、トイレのドアが開き、後ろに寄りかかった。ライトをオフにし、ドアを閉めてください、そして、足跡のわずかなパターンがあります。私は頭を向けて見たところ、すぐに全身が硬直しました。月明かりの照明の下で、私は母が裸で、肩がわずかに急になり、腕を覆う腕、階段が明るく、ふっくらしたお尻が震えているのを見ました。彼女は最初に有罪の良心でパニックで周りを見回した後、化合物のドアまで歩いて裸でドアを開けました。しかし、私は叔父が母の腕を片手で抱きしめて、ドアから引き抜こうとしているのを見ました。当然、母は苦労し、彼女に抵抗するためにドアに手を伸ばしました。その後、私の叔父は私の母の露出した胸を抱きしめながらあきらめて歩いたように見えました。彼はすぐに彼女を奥の部屋に引き込み、銀の夜空にふっくらした肉体を残しました。

私はお尻を軽くたたいて、完全に眠れずにマットの上に横たわりました。私の目を閉じて、さまざまなシーンが私に来ました:私の叔父は面白くて猛烈な笑顔、私の母の目は水のように寒い、栗色の木製のテーブル、濡れたジョイント、そして月明かりの下でトーンの体。走っている間、跳ね返る胸、左と右に揺れた脂肪の白い腰、滑らかな背中の曲線、ふっくらと強い細い太もも...

私は私の母が倒れたことを私の心に知っていました。

実際には、特に叔父が女性の扱いを見た後、私はそのような結果を期待していました。

今回は覗き見をやめ、静かに階下に行きました。彼女がしばらく部屋から出ないことを知っていたので、私はトイレにまっすぐ歩きました。ドアで。上で、それは私の母がちょうど変わった服であることが判明しました。私は振り返って、誰もそこにいないことを確認し、それから私は服を曲げて服を突きました。私は最初にベージュのブラジャーを拾い、鼻の下に置いて深呼吸をしました。私の心にまっすぐ浸透しました。

ブラジャーを落として白い下着を拾いました。すぐに硬いコックを取り出し、衣服のプレートに面し、母の下着をコックに巻き付けて、それを平手打ちしました。ピストルが育ちました。

私のファンタジーで、私は激しく発砲しましたが、最後の瞬間に、私は自分の方向を変えました。クライマックスはすぐに行き来しました、そして私はすぐに非常にイライラしました。私が射精した量は私の叔父がしたことの3分の1でさえありませんでした、そしてそれは私の叔父が数回後に再び激しくなった方法とは異なっていました。長い間、コックはまだ柔らかいです。

私は母の下着を盆地に戻し、寝室につま先で投げました。中に投げる音はなく、デスクランプのみがオンになっていました。薄暗い光では、いつ完成するかわかりませんでした。しかし、裸の母親は叔父の腕に抱かれていました。叔父が彼女の胸をなでている間、彼は身を乗り出して顔をキスしました。乱れた髪をした母親は、人形のように動かずに残り、叔父に彼女と遊んで彼女を虐待させました。

夜明けに階下に行きました。私はトイレに行って、シャワールームに行き、顔を洗いました。彼が外出しようとしていたとき、彼は洗濯バスケットのナイトガウンをちらっと見た。しばらくためらった後、私はそれを優しく拾いました。スカートの背中の裾全体が濡れていて、私の鼻に当たる強い魚の匂いがありました。私の心はドキドキしていて、私のペニスは突然硬くなりましたが、庭に少しの騒音があったので、私はすぐにそれを落として急いで行きました。

しかし、あくびをして来たのは私の妹でした。私は手を伸ばして彼女の腕をつかんで彼女を引き戻しました。誰が私をブロックしていた。

「あなたは狂っています。あなたは朝早くこれを尋ねました。」私の妹は彼女の口を覆って再びあくびをし、それから私を上下に見て、私が病気であるかどうかを確認するように見えます。あなたが尋ねることは愚かです、つまり、あなたはとても無情です。お父さんは長い間困っています、そしてあなたはあなたが涙を落とすのを見たことがありません。」

「私は男の子です、私は鼻を泣く必要はありません。私は彼女の中にいると言われていましたが、この種のことでさえ認められませんでした。

「それは私たちのお父さんです。涙は何回涙だと言いますか? "

>「それが私が感じている方法です。」私の妹は私に一目を与えてくれました。彼女はもう私のことを気にしませんでした。

私はベッドにいました、そして私は少し不快でした。それから彼はホームズ探偵コレクションを見つけました。私はそれらのほとんどを見たことを覚えています、私はその日「最後のケース」を読んだだけです。 Huashengが崖の耳をつんざくような滝を聞いているのを見たとき、胸にショックを感じ、ほとんど泣いていました。シャーロックホームズはどうやって死ぬのでしょうか?もちろん、以下は「新しい探偵」であり、それぞれがはるかに長いです。私はこれを長い間知っていましたが、ホームズ氏に再び会ったとき、私はまだ応援することに興奮していました。

私は魅了され、ドアが押しのけられ、母は私の頭を傾けました。彼女は一目で、彼の手で本を上げた。私の母は、「あなたはまだヤン・リンを食べますか?」と言いました。私は太陽が窓の外で輝いていることを知りました。起きて出かけたとき、母は庭で洗って手にナイトドレスをこすりました。

私はキッチンにまっすぐに行きました。月、オイルケーキ、卵スープ、キュウリ。私は箸をクソし、きゅうりをつまんでいます。

母親は外に微笑んで言った、「若い頃、私はアルツハイマー病、おばあちゃんに追いついた。」

彼女のリラックスした快適な表情を見て、私はしないなぜ、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私だなら、私だなら、私なら、たらたらたらたらたらたらたらたら、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、たらフだたらフだレでフだレだレだレだレだレでフだフフフchchでフだフフフchフフフchch 、私、私、私は突然そうします、彼の心は彼の心にあり、彼は箸に落ちました。長い間、母は「まあ?」と尋ねました。私はカーテンを越えて言った:「毎日、オイルケーキスープ、キュウリ、キュウリのスープ、キュウリ、キュウリがあります。食べたいことができる」あなたは私の母です!」私はro音を立てていました。 「あなたの母親の何が問題なのですか?あなたの母親はあなたに神のように提供しなければなりませんか?」母親はドアに歩いて止まりました。母親 - lowがカーテンの向こう側に立っていました。母親は顔を洗い流し、唇を閉じ、頬に数本の髪の毛がそっとぶら下がっていました。私は急いで目を開けて、フォームで彼女の手を見つめました:「もう食べないでください!」それから彼はカーテンを開けて2階に向きました。母親は脇に立って、動かなかった。おばあちゃんの中庭の頂上で、母は「能力があれば戻ってこないでください!」

おばあちゃんの家は朝食を食べました。おばあちゃんは鍋を磨いていました。私は台所で振り向いて、たくさんのオイルケーキを取りました。おばあちゃんは、「まあ、食べないの?」と尋ねました。おばあちゃんは、「あなたの母親は何を食べますか?まだ卵スープが少しあります。それはあなたにとって暑いです。」私はすぐにうなずきました。リビングルームに入って入った後、おじいちゃんはオオカミのオオカミであり、テレビで「西への旅」でした。紙工場が閉鎖された後、おじいちゃんは2年間のオオカミをやり、滞在し、2階に保管していました。私が小学校にいたとき、教師はいつも私にそれを家から取ることを委託しました。中学校がブラシを練習していない後、私はこの種のことを長い間見ていませんでした。おじいちゃんに今またこのことを始める方法を尋ねました。前回、おじいちゃんは少し不明でした。彼は手を練習し、体を回復したと言いました。私もその側面をたどり、一人ずつ話をしませんでした。おばあちゃんはしばらく来て、地面のトウモロコシの苗木は良くなく、草は人よりも高かったと言いました。

すぐに正午。このニュースは、ヤングツ川の洪水でいっぱいです。おじいちゃんは口を握り、6歳か8歳のときに豚の豚を英雄的に救助する方法について話し始めました。おばあちゃんは首を振って、妻は盲目的に、どうしてそんなに大きな豚がいるのかと言った。私は耳を上げて、隣の動きに耳を傾けました。

しかし、もちろん、私は少し不安で、少し楽しいものでした。

おばあちゃんは麺をいくつか転がし、ニンニクと麺を食べました。食事のおばあちゃんは、「お母さんに挨拶しないでください」

波のドラムのように頭を振った。食事の後、私は再びオオカミにとどまることができませんでした。おばあちゃんの家は狂った人々ができます。ユビキタスな老化の臭いは、a敬の念や嫌悪感ではありません。 。

5

私はしばらく泳ぐために池に行きました、そして私は不幸でした。私が水の中にいたとき、私はエンターテイメントの間にown死しましたが、私は気になりませんでした。退屈なscりましで、私は家に戻って戻ってきました。ドアはロックされており、母親は眠っているはずです。私はおばあちゃんの家から入り、二階に行きました。 2階の廊下に向かい、洗った衣服は目の前で乾燥させ、古いマットが手すりに置かれました。鉢植えの植物の花は、早く乾燥したfireになりました。庭は静かで、私はしばらくリビングルームに座っていたので、母の動きが聞こえませんでした。私が出てきた後、私は自分の部屋にまっすぐに行き、ホームズの世界に没頭しました。

私の妹は彼女が何をしているのかわかりません。スリッパを着ることは階下に行き、しばらく上に行きます。アウト。私はそれを止めたかった。ちなみに彼女は彼女を怖がらせたが、彼女はキャビネットが私をhitったとは思っていなかったので、すぐに頭を縮めて私を怖がらせた。私の妹は私の窓の前に小さな小人を持っていて、「あなたは何をしているの?」

「キャビネットはどこにありますか?」私は白いキャビネットを指差しました。

私の叔父、前回彼が私の小さな小人がマウスで壊れているのを見たとき、彼は彼が覚えているとは思っていませんでした。」妹の顔は幸せな笑顔を見せました。私の心の人形、「私の叔父は?」「いいえ、彼は去って去り、何かを言った。 "

「あなたは彼にあなたの部屋に入らせたのか?"

"何が問題なのですか、問題はありますか?」

私は頭を掻きました。質問は突然でした。私がそれを言ったときに問題があると言いました。 in。 "

"私は再びドアをロックしませんでした、いつあなたを止めましたか。しかし、今では私の許可なしに、あなたが来たくないことは明らかです。」

< /p>妹が話し終わった後、彼女は頭で頭を動かし、部屋に入った。もちろん、私はこれを気にしません、私はちょうどトピックを導いただけです。しかし、突然、私は振り向いて彼女の部屋に向かって歩きました。

私は彼女の部屋にいなかったので、私は時々彼女と滑っておしゃべりをしました。しかし、最近、私は理由を知りません、私のダイヤフラムと私はより厚く、厚くなったようで、私が仲良くする方法は2人の兄弟姉妹のようには見えません。

私はドアを押し込んだ、彼女は「ヤン・リン!私はちょうど終わった!」と驚いた。私は肩をすくめた。あなたが助ける必要があるもの。」

「なぜ早く行くの?私はすべてのことを動かしました。偽の勤勉さ。」

彼女は私を追い出しませんでした、私はそれを引き込みました手。チャン・シャオ・スツールは座った。彼女はちょうど曲がり、小さなキャビネットを机の底に押し込み、ゆるいTシャツがそれを妨害しました。この角度で、私は実際に白いブラジャーを見ました。

この小さな女の子はよく発達します - 私はそれが彼女の母親の優れた遺伝子であるべきだと私の心の中で考えました。

私は姉妹のルーランで処女を壊したので、私は突然下半身で考えている生き物になりました。

彼女の妹でさえ例外ではありません。

「ねえ、私たちの叔母はどうだと思いますか?」

「どうしますか?」私の妹は私を疑いで見ました。

< /p>「いいえ、今回は彼を見るのは私たちの家族を走らせるのに非常に勤勉であるように見えます。それを再び送って送ってください。 「あなたは、李おじさんとZhaoとは何か、私たちを助けるために何かを言わないでください、そして挨拶は正しいです。キャビネット以前は、ララの引き出しはこの小さなキャビネットに特に満足していました。

「予測不可能だと感じています、気配りやギャングであることは何もないと言わないでください。」

"Yan Lin、あなたはとても恥ずかしいです!」 、軽corn的な目で私を見て、嫌な表情:「勤勉にすることは何もありませんか?あなたは私たちのお父さんを一つのことの問題として連れて行きません。彼は雪の中で木炭を送りました。人々はうんざりしています。」

この時点で、私たちはあまり言いませんでした。私は彼女の顔を打つという私の母の衝動についてほとんど彼女に話しました。しかし、結局のところ、私は心を失うことはありませんでした、私はまだ抑えて、何も言いませんでした。

私は5時にトイレに行きましたが、母はキッチンで忙しいようでした。いつ曇っているのかわかりません。私は手を洗うために台所に行きました。母はこねてバッグの準備をしていました。窓は大きく開いていましたが、ぶら下がっているファンは回転し続け、キッチンはまだキッチンにありましたが、サウナに入るようなものでした。

母親のドレスは濡れていて、汗のビーズの大きな滴がチョッピングボードに転がりました。しばらく顔を赤らめていたら?スカートを持ち上げてから、下着を内側に引っ張り、足を分けて、ペニスをつまんでみたいと思います。

「タオル」。母親は頭を上げず、突然言った。私はすぐにバスルームにタオルをねじりました。 「うん?」母親は赤い顔を上げた。私は前に出て、母の顔にタオルを置き、慎重に拭きました。仕上げた後、香りのよい肩をかけ、首を拭きました。母は数回鼻を鳴らし、顔をひねり、私を見ませんでした。母は私を絞ってくれました:「行って行って、ここで物事を取り除かないでください。」

Xiaomi Porridge、Buns、Cold Lettuce。パンはチャイブと鶏肉の詰め物であり、豆の詰め物です。母親はいくつか拾い上げました。隣の病院に送ってください。ドアは隣に覆われていて、ブラックホールがオンになり、キッチンがありました。おじいちゃんとおばあちゃんは路上で涼むかもしれません。田舎で外で食事をする習慣がありますが、母親はそうではありませんでした。父親は事故後に言う必要はありませんでした。食事の中で、母は最近どの本を読んでいたのかと尋ねました。私はホームズと言った。彼女は見栄えが良くないように頼みました。私は大丈夫だと言いました。彼女は鼻を鳴らし、静かに「能力があるときに何をしているの?」と言った。

その夜はさらに蒸し暑かった。私たちは建物の頂上に横たわっていましたが、汽船で眠っているようでした。体にくっつく空気は呼吸が難しくなります。おじいちゃんは、階下に行く前に9時に滞在することはめったにありませんでした。おばあちゃんはPUファンを脇に振って、神を呪いました。どうして彼は雨が降らなかったのか、夜中に雨を一掃しないように注意するように私に言った。たぶんバッグはとても暑かったので、母親は食べた後、部屋にとどまり、二階に行きませんでした。熱波は粘着性でしたが、私は何度か体を転がし、まぶたを徐々に結び付けました。結局のところ、私は数日間よく眠れませんでした。

再びディンディングの風の着メロ。強い夜の銀の針のように。ほぼ条件付き反射、私は地面に座った。ドアは確かに鳴り、ディンディングを鳴らしています。ドアフレームにノックする必要があります。たぶんそれは風、または野生の猫と野生の犬のペックの鳥でしょうか?何を祈っているのかわかりません。しかし、親の部屋が鳴りました。ドアの開口部の音。わずかな足跡の音。何かと議論するような、不可解な話をする。ドアが開いているように見えました。脳を補足する衣服の音。対立。ドアはドアにありました。 2つの足跡。足跡は一時停止し、話していた。 2つの足音が続きます。リビングルームのドアはドアにありました。ドアを漠然と閉じます。

私は立ち上がって、再び座って、横になり、立ち上がった。おばあちゃんは眠っていましたが、私は落ち着き、周りを投げて、私の考えを心に留めることができませんでした。叔父がまた来ることを知っていますが、今日は期待していませんでした。結局のところ、彼は昨日来たばかりです。

約10分後、階下に行きました。

階段の音が聞こえないので、窓の外に移動する必要があります。男性と女性のパンツ。

"これはすべて濡れているわけではありません、ふりをします。"

>「ねえ、後で私の夫と呼ばせるもの...」

言葉の後半はYing Yingの叫びによって中断されました。彼は母親の脂肪を刺しました。彼女のズボンを脱いで、シャツはまだ着ていて、上のねじれたバックルはボタンを解除し、牛乳の1つが放出されました。

物理的な影響の音が再び来ました。突然少しイライラしました。見すぎたとき、新鮮さを失いました。内部は停止しました。

「何してるの?ああ...」母親は穏やかに叫んだ、「少し...何が悪いのか」

私はまだ私の何を理解していない母は話しているが、私は叔父が微笑んでいるのを聞いただけで、もう動かなかった。

"you!"母親の声は少し怒っているように見えましたが、しばらくすると、すぐに物ggingいで柔らかい声になりました。 "<" <"<" <"<" <"<" <"<" <"p>

私は少し驚きました、そして母は人を求めていませんでした。たとえば、父親はちょうど前に起こっていました、しかし、母親は謙虚または謙虚な演奏をしませんでした。私は彼女が彼女の姿勢を手放すのを見たことがありません。

叔父は再び誇りに思って笑いました、そして彼の母親は再びうめきました。

「それは何ですか...ええと...」「それを取り去る。」「うーん...与える...」不快なうめき声は内側に不可解な言葉がありました。私のプローブは内側に覗きました。私の叔父は母親の前にひざまずきましたが、ペニスは引き出されて水で染まっていました。母親はベッドの上に横たわっていて、2本の長い足を左右に広げ、彼女はhoeの赤身の肉の中に厚いキュウリを持っていました。

母親の表情は非常に不快に見えます。彼女は体をねじりました。私は行きます...」

しかし、叔父は突然ストリップベルトを取り出し、母親の反対に関係なく彼女の母親の手を強制的に縛りました。闘争中、母親の穴のキュウリが滑り落ちました。

私の母はまだ言いたいと思っていますが、彼女の叔父は頬をつかみ、下着を母親の口に詰めました。

"うーん!!ああ!

叔父が何かをしていたとき、約2分間、母親の体はねじれを整えることができませんでした。母親の眉毛はしっかりと眉をひそめ、泣き声を見せました。実際、彼女の目は涙を流しました。叔父は再び彼の呪文を見せ始め、彼は再び母親の耳に言った。そして、母親は最初は彼を無視しましたが、すぐに頭を揺さぶるようになりました。母親の涙が滑るのにそれほど時間はかかりませんでした、母親はついにうなずきました。それから叔父は母親の耳に行き、いくつかの言葉を言いました。母親は再びうなずき、叔父は母親に縛られた布のボタンを外し、口の下着を引き出しました。

次のシーンは私を驚かせました。

おじさんは笑顔で言った:「Zhang先生、私は文化レベルのレベルが低い、あなたは私に講義をしてくれます。」

私は奇妙ですか?枕のそばのベッドサイド、2本の細い脚、そして母親は涙を流し、彼女の陰唇をいじり、クリトリスをいじりました。私の... yin ... tao ... outsion ... is ... big labia ...内部...」

呼吸できません。

私は頭をひねり、手で口を覆い、震え、深呼吸をし、息を吐き、深呼吸をし、嘔吐しました。ほんの数秒で、私は完全に呼吸できませんでした。耳も騒ぎ始めました、そして、私は母親が言っていることを聞くことができませんでした。

人がそのような邪悪な笑顔を示すことができることを決して知りません。叔父の醜い顔は異常にねじれていて、醜く見えます。直接見たら嘔吐すると思います。今回、去りました。叔父が横たわり、暗い大きなペニスが空に向かって建てられました。彼女は片手で叔父の胸を握り、手を伸ばして叔父のペニスを抱きしめ、数回いじり、強制された鍼で気をつけて見つけました、そして彼女の脂肪腰で沈みました。

"ああ!"

エクスタシーの音がぼやけ、ガラスの窓に侵入し、無限のフィールドが広がっていると考えていました。

それはそれに時間がかかりませんでした、そして、ポップな音の音はそれから来て、母親はもはや満足を抑制しませんでした。私の母はとてもrog慢だったので、妹やおばあちゃんが目覚めるのではないかと心配していました。

それがどれくらいの期間であるかわからないので、壁を拭き取り、内部の動きがゆっくりと降りてきました。叔父の声がありました:

"Fenglan、あなたはちょうど十分に電話しました。"

"あなたは狂っています、Lu Yongping、あなたは本当にクレイジーです... ... woo ... "

母親は泣きながら呪いですすり泣きました。

「それは少し助けませんか、あなたは曲がっていませんか?」 shuyaの女の子は再び薬を服用しました、そしてそれは大丈夫でした。リン・リンは彼女が眠ったときも眠っていました、あなたは安心しています。」

私が行く!」彼の母親を抱いて、体はすすり泣く母親を引き下げました:「言わないで、今あなたを抱きしめないでください、私は本当に夜眠りに落ちることはできません。」

母親は苦労しましたが、数回はありませんでした、低いハムが来た音が聞こえ、母親はすすり泣きを止め、パニックが来ました:「どうやって...どうやって...」

」とても消えやすい... ... "

音や吸うことがなく、時間が高く、低く、ゆっくりと遅いことがあります。時折、彼女の母親は数人の姉妹を漏らしましたが、縫い目の間の泣き声はますます明白になりました。

最終的にいくつかの急いでいる泣き言を伴って、母親の喉が鋭くて長いうめき声であふれました。同時に、いびき音がベッドを蹴ったように見えました。

私の叔母が私の叔母が私の母に何を与えたのかわかりません。母親は以前に覗き見しませんでした、そして、オルガスムははるかに速くなりました。さらに、効果の効果があると、母親の表情と動きは、ビデオホールの小さなポルノ映画でエロティックな女優を見ているように見えました。

しかし、薬の効果が後退し、涙を乾かした母親は再び落ち着いた。

母親は冷静に言った:「あなたは次回そのことを使って、私はあなたのためにそれを見ます。」

叔父は反応しませんでしたが、ただ鼻を鳴らしました、私は知りません可能であれば。母親は漏れていましたが、彼のペニスはまだ眩しかったです。彼の叔父は母親のお尻をpatし、母親はしばらく叔父を見つめました。結局のところ、彼は横になって足を開きました。

母親がうめきました。家の羽ばたきと羽ばたきの音。

突然、母は言った、「教えてください...ああ...来ない、ああ...あなたは来なければならない...」

はい。 "

"あなたは大丈夫です。まあ...リンリンは...ああ...間違っています...私は彼が恐れています...ええと...ここにあるもの...二度と来ないでください...」

「それについて考えてください、リン・リンは典型的な思春期、反乱です、寒くて暑いのは普通です。」

< /p>「リン・リン...ああ...何かがあるなら...」母の声が下がった、「ル・ヨンピン、ああ...私はあなたをspareしまない...ああ.... ,,ああ...軽い...ああ...」

「私は言った...あなたはあなたの兄弟とお尻をひねるためにあなたの兄弟と素直に協力することができます、あなたはチャンと呼ばれます、チャット中、あなたは厄介ではありません、私はまだ疲れています。」

lu yongpingはその強さを高め始め、ひらひらと羽ばたきの音がますます騒々しくなりました。

結果は叔母が発射するのを待つことはありませんでしたが、母親は再び彼女の体を誇示しました。

「くそ、それは本当にクソではありません。」叔父は腰を振り続けましたが、彼の母親は死んだヘビのように麻痺していました。

「私は本気です、あなたはそれを手に入れたい、私はあなたのホテルに行きたい、あなたは本当に二度と来ない。あなたは数晩ここで眠った。あなたはこのようなものですが、あなたは契約上の関係です。します...私は平和をとても残念に思います。」長い間、私は少し寒く感じ始めました、そしてその中に声がありました:」そして、シュヤ、彼女の年齢を見ないでください、彼女は非常に精通しています。遅かれ早かれ、彼女は発見されます。私たちはいつもこのように彼女の薬を与えることはできません。 「

」薬の効果は絶対に良好であり、彼女は夜明けまで目覚めることができません。すべてが輸入されており、副作用はありません」と軽い声。

「喫煙しない、味わわない」

"喫煙しない、喫煙しないでください。フェンラン、平和はこのようなものです。 。 "

"そのような冗談を言ってはいけません。 "

"私は言います、あなた、あなた、あなたは、あなたが食事をしたり心配したりすることを心配しません、私はあなたをサポートします。 「

< /p>頭を注意深く見て、叔父が私のベッドに横たわって、母を抱きしめていました。

「あなたがあなたの小さな女の子をだまして、他の人と話しているなら、私はまだ知っている、私はまだ40歳です。私、私のアイデンティティではありません...」

「ナンセンス、フェンラン、兄弟はあなたが好きです、私は初めてあなたに会います...」

"あなたはこれが好きですか?言葉をs辱しないでください...あなたが私に自分で言うことはいくつあるのです。」母親は彼をイライラして邪魔しました。

「私の兄弟があなたをあまり愛していないので、あなたがそれを作る前にあなたがそれを愛することができないということではありません。「私の叔父は気にせずに言った、「これは何ですか...」

「あなたは私に2つの家族がいるのを破壊します!」 、そして私は彼女の美しさをマッピングします。この公正な取引。今では彼女は彼女に借りていません。たとえもっと10を見つけても、彼女はそれをコントロールできません!」

あなたと話すことは、単に牛でピアノを弾くことです。とにかく、あなたが私を愛しているとは言わないでください、私はあなたとの契約関係です。」

母親は言いました。

「わかりました、あなたはいつも契約について話します、それからあなたはそれを満たさなければなりません。私はまだ出ていません。」おばさんは笑いました:「来て、あなたの口でそれを吹き飛ばしてください。」

"..."母親は長い間沈黙していて、最終的に軽く言った:「それはあまりにも嫌だ、あなたはまだ私を降ろしている。」

「私はそれを食べていない、あなたは何のふりをしていますか。 "

"洗浄します... "

< /p>母親はためらいましたが、彼女は身を乗り出し、顔を叔父の悲しみに埋めました。顔は少しひきつり、ついに何も言わず、過去に口を開けた。

契約関係?

私はそれを再び見ることに興味がありませんでした。私は私の猫で、2階に軽く戻りました。階段を歩いて、夜の風が吹きますが、暑い夏の夜はすべて暑い波でした。炎が私の心に覆われ、私は熱くていらいらしていました。

私が家に入るためにドアを押していたとき、私は脳の力からフラッシュし、足音を止めました。リング。

私は口を飲み込み、何も飲み込まなかった。私は後ろに後ろに戻ってテラスの端を見るようになった。暗闇の中では、上部の上部に掛けられ、いくつかの服は暗闇。夜の風で、そっと振る。

私は目を引っ込めようとし、ドアに向かって回そうとしていました。この時点で、鳥のようなYingerのように階下で泣いている泣き声がありました。私は再び向きを変えて、テラスの端で暗闇に向かって歩きました。

塗装された斑点と薄い緑色のドアは、3フィンガーの幅の縫い目で簡単に押しのけられました。ドアは施錠されていません。私は突然、何もない運命の声を感じ、それは私の心の中で邪悪な考えと狂った考えを息を吐き、熱くて燃える欲望を伴いました。

私は絞ることができる幅にドアを慎重に押しました。最初に頭を押し込みました。私が眠りに落ちているかのように、動かずにベッド。

私は深呼吸をしてから、横に移動してから、ドアを慎重に閉じました - 今回は妹のプラグインを助けて挿入しました。

  我慢慢地走到她床前,这个时候眼睛似乎已经适应了那光线不足的环境,眼前的光景立刻让的心脏止不住地急速跳动起来。

  妹妹那头齐肩黑发柔顺地披散在床上,散乱在脸蛋的发丝下,双目紧闭,那张小嘴微微张开,能看到那皓白的牙齿。她的身上穿了一件松垮垮的白色小熊图案的睡衣,下面一对匀称的腿左右摊开着,居然只穿了一条淡蓝色的条纹三角裤。那三角裤的裆部明显隆起,中间居然陷了一条小沟壑进去,正是这道小沟壑迅速地让我的下面抬起了头来。

  我此时真是深切地明白了姨父所说的那禁忌的快感,若兰姐掰开自己的逼穴让我尽情地猥亵,也不曾让我像现在这般,光是看着就已经难以自控。

  我干咽了口唾沫,只感觉到自己口干舌燥,一股邪火在心头熊熊燃烧着,积累的欲望突然间就被妹妹这种不设防的姿态弄得堤坝崩塌,如山洪一般爆发出来。

  占有她!

  这个念头如惊雷般在脑中炸起。

But I didn't just lose my mind because of this. I still squatted down and gently pushed my sister's shoulder with my hands. The strength was very soft, and after pushing, I quickly lay on the floor 。大概过了十来秒,一点动静都没,这下我才爬起来,加大力度又推了一下。一连这样做三次后,我发现姨父说得没错,那药非常管用,我再次摇晃了一下妹妹的身体,她一点儿反应都没有。

  我既清醒,又疯狂。

I turned away the hair that my sister scattered on her face and stroked her immature and smooth face. The childish face and special identity not only did not arouse my guilt, but made me make me Desire continues to riseすごく高い。我低头吻下去,触嘴温热,她鼻孔里喷出的热气喷进了我的鼻子里,仿佛带着幽香,让人迷醉。

  这一吻后一切都一发不可收拾起来。

  我的舌头尝试钻进妹妹的嘴巴里,但那微张的皓齿刮得我舌头生痛,我不得不粗暴地将手指挖进她嘴巴里,强行把她下颌拉开,然后舌头才得以长驱直入,在她口腔内大肆搜掠。

  这边贪婪地吸吮着她的津液,那边的手也摸进了睡衣内。我正想推开那碍事的胸罩,没想到手推却直接攀上了一个嫩滑温热的小鲍蕾上,一颗柔软又突兀的小豆豆顶在手心上——妹妹居然没有穿内衣。

  我捏起那颗小葡萄,扭了几下,妹妹依旧没有任何反应,我胆子立刻更加壮大了起来,我直接就爬上了床,拉扯着她摆放成了大字型,然后将她的衣裳推起到脖子上。当我的目光往下看去,我屏住了呼吸,手摸在那隆起的部位,隔着布料,那温热的温度和柔软的手感都让我情不自禁地按揉了起来。

  最终,我颤抖着手,握着妹妹那蓝色条纹三角裤的边缘,一点,一点地往下褪去,那柔细的腰肢、光洁的小腹下,那隆起的肉丘上,颜色浅淡,疏细的绒毛覆在其上,像那摇摆的芳草;一条溪谷很快就裸裎在月光下。 The meat hills that are divided into two are closely closer to each other, but they are slightly stretched by two slices ...

I go back to the top of the building in a sleepwalking. Ask me if I眠らないでください。我赶紧躺下,生怕催走奶奶的睡意。没有一丝风,夜幕生生地压了下来。半空中不知何时挂了个雾蒙蒙的圆盘,像学校厕所昏暗的灯。我脑袋空空,筋疲力尽,只想好好洗个澡,舒舒服服睡一觉。就这么翻来覆去,脑里不断地回味着刚刚那疯狂的行径。

  我这个时候又突然想起,已经临近天亮了,始终不曾听见姨父出去的声音,他不会打算等到我们全部出门才走吧?我靠近栏杆看了看,百般踌躇,还是小心翼翼地踏上了楼梯。

  不到楼梯口就听到了淫靡的肉体碰撞声,清脆响亮。还有吱嘎吱嘎的摇床声,像是在为悠长绵软的低吟声伴奏。我一呆,险些踢翻脚下的瓷碗。

  我背靠水泥护栏,也不知杵了多久。屋内的声响丝毫不见减弱,反而愈发急促。或许有一个世纪,屋内总算安静下来,不一会儿响起模糊的说话声。正当我犹豫着是上去还是下去时,那可怕的声音再次响起。

  我一步步走向窗口。我想,如果他们发现,那就再好不过了。有股气流在我体内升腾而起,熟悉而又陌生。失った?鈍い?正確ではない。

  「起来,别在床上了。」

  「怕啥,又没人听房。」

  「你……天快亮了,我真受不了了……你到底要弄几次啊……你快点。」

  「快?要真是快了你可要埋怨死我。」

  这么说着,吱嘎吱嘎声却不见停,反而越来越响。

  我真担心父母的床能否经得住这么折腾,又想这么摇下去奶奶会不会给摇醒。姨父却突然停了下来,大口喘气:「刚你说林林,其实很简单,林林恋母呗。」

  「别瞎扯。」母亲有些生气。

  「真的,男孩都恋母,很正常。」

  「是吗?」

  「当然,我也是。」

  「哟,那你还弄过你娘不成。」

  「张老师的嘴厉害。」

  母亲哼了声。

  「也不知是上面嘴厉害,还是下面嘴厉害。」

  「你……你能不能别插两下就送到我嘴边来……恶心死了……」

  「这不是对比下你哪张嘴厉害嘛。」

  「我告诉你,你别……呜呜呜……」

  「怎么样,呆会给我说说你那骚水什么味儿呗。」

  那是我记忆中最热的一晚。沮丧而失落的汗水从毛孔中汹涌而出,在墙上浸出个人影。阴沉的天空湿气腾腾,却硬憋着不肯降下哪怕一滴水。风暴也不知持续了多久,也许很长,又或许很短,总之在母亲压抑而又声嘶力竭的呻吟声中一切又归复平静。夜晚却并未就此结束。在我准备起身离开时,姨父说要去洗个澡,母亲当然不愿意,让他快点走。但姨父一阵嘻嘻哈哈,母亲似乎也拿他没办法。我刚躲到楼梯下,姨父就大大咧咧地出来了,赤身裸体,湿漉漉的肚皮隐隐发光。待洗澡间响起水声,我才悄悄上了楼。途经窗口,母亲似乎尚在轻喘,嘴角边似乎尚有一些粘稠的东西没擦掉。

  躺到凉席上,那团剧烈的岩浆又在我体内翻腾。我竟然又想潜进妹妹的房间里,不顾一切地……这样的念头刚刚冒出来,就把我吓了一跳。一直不见踪影的,那因为伦理观念的愧疚不安感,此时才姗姗来迟。这种愧疚感折磨了一下我,却很快又因为突然横插一脚进来,母亲那放浪形骸的叫声和卑贱地趴着给姨父吃鸡巴的画面驱散得一干二净。

  我捏了捏拳头,神使鬼差地,我就站了起来。我甚至面对那盏昏黄的月亮打了个哈欠,又轻咳了两声。一路大摇大摆、磕磕绊绊,我都忘了自己还会这样走路。洗澡间尚亮着灯,但没了水声。

  我站在院中,喊了几声妈,作势要去推洗澡间的门。

  「嘭」的一声门被推开,母亲从房间里几乎是冲了出来,她披头散发,只身一件大白衬衫,扣子没系,靠双臂裹在身上,丰满的大白腿暴露在外。

  在她冲出来的一刹那,衣角飘动间,我隐约看到丰隆的下腹部和那抹茂密的黑森林。她一溜小跑,但动作蹒跚,她手上攥着件红色内衣,声带紧绷:「妈正要去洗,落了衣服。」就这短短一瞬,她就擦身而过,进了洗澡间,并迅速关上了门。然而,这一小段距离足以让一开始就把注意力放在她卧室的我,看到了那湿漉漉的秀发、通红的脸颊、香汗淋漓的脖颈、夸张颠簸着的肉臀、剧烈跳动的奶球,以及惊慌迷离的眼神。还有那种气味,浓郁却慌乱。

  我感到一种快意,但转眼这股快意又变成了一把锯子,在我的心脏来回拉扯。

  我弄出点声势装作离开,又蹑手蹑脚回到了澡房边上,过了好一会,水声中开始出现一些怪异的声音。

  「你还弄!差点被林林发现了!」

  「这不还是没有被发现嘛……正好一起洗个鸳鸯浴。」

  「你……唔唔唔……」

  「别乱动,嘿,我是越来越喜欢你上面那小嘴儿了。」

  我突然想起了封神榜里那掏出心脏给纣王的比干,据说他后来化作那空心的柏树,我觉得现在也被挖空了一块,空荡荡的。

  今年的雨似乎特别的多,没几天好天气,乌云又阴沉沉的压在脑袋上。

  幼年时我十分迷恋剧烈的天气变化。像瞬间的乌云压顶,迅猛的风,暴烈的雨,以及豆大的雨点砸到滚烫路面上发出的呲呲呻吟,都能让我体内猛然升腾起一种愉悦。那时候总有许多幻想,感觉自己像是那神话故事里的人物,能从那些极端的气象中汲取力量,又或者感觉自己可以在挥手间造成这样的影响。

  我发现我越来越讨厌「人」了,他们愤怒时不如风暴,悲伤时不如雨水,嫉妒时又不如雷鸣。

  那次之后的一个来月的时间,我再没发现姨父来过,本应该值得庆幸的事情,我却感到失落起来。我终于明白,姨父和母亲的事已经是覆水难收了,我已经管不着也没资格去管了。我开始感到失落是,我开始用带着欲望的眼神偷瞄着妹妹,心痒难耐,却因为姨父的缺席,我再找不到机会在那稚嫩的身体上所以肆意地实践我那肮脏邪恶アイデア。

  又一个周六的下午。

  王伟超进来时淋成了落汤鸡。这逼拉着长脸,却依旧嘻嘻哈哈。我也不知道他遇到了什么好事情,他的眼里透着一股炙热的光芒,掩饰不住的兴奋。当他说起邴婕的时候,说他听到某某某说,邴婕喜欢成绩优秀的人的时候,联想到他那样的状态,我才仿佛理解了他那种得意的劲头,并报以笑う。

  母亲一直不喜欢我和他来往,不知道什么时候的事,我开玩笑说,成绩差的你不让,这成绩好的你也不让啊?她说她觉得王伟超不是些什么正派的人。虽然母亲对王伟超不怎么待见,但看到他浑身湿透的样子,还是拿出我的衣服给他穿。

  电视里正放着新闻,长江迎来了第六次洪峰,一群官兵用门板护送两头猪,在齐腰的水中行进了三公里,最后得到了农民伯伯的夸奖。我和王伟超都大笑起来,前仰后合。但母亲却有些心不在焉,然后她说了一声「我回房备课了」就起身离开,到门口时又转身叮嘱道:「别老想着玩,你俩讨论讨论功课,天也不会塌下来。」

  我正换台,嘴上随便应了句是,没想到王伟超却站起来说道「张老师说得对,我刚好有些课业上的问题,能请教下你不。」

  我扫了眼母亲裙摆下白皙光洁的小腿,轻轻哼了一声。本想也跟着去,但刚好有个台放着我喜欢的武侠剧,我嘴上奚落了一句要不要这么好学啊,就不再理会。我在心里再度对王伟超的行为报以嗤笑。

  母亲似乎不太乐意,也不知道是不是因为我的言论,她又批评了我一句「你看看别人多上进。」最后还是招招手让王伟超跟过去。大约过了半小时,王伟超才呵呵笑地回来。我问了他一句「你问了啥问题」,心里却想着,你这临阵磨枪,还能孙猴子翻天上去,一下就能进年纪前列不成。

  他嘿嘿第贼笑着,拉着我说,走,让你见识点东西。

  回到房间,他操起那个熟悉的塑料袋——应该塞在衣服里,没落一滴雨——把里面的东西一股脑倒在了我床上:几盘磁带,一个打火机,还有一盒红梅。他挑出一盘塞进录音机里,一本正经地对我说这个可是打口带,从他爸那儿偷拿的,要我千万别给弄丢了。这就是我第一次听Nirvana的情形。

  当还算美妙的和弦、嘈杂的鼓点、轰鸣的贝司以及梦呓而撕裂的人声从那台老旧国产录音机里传出来时,我第一反应是关掉它。但转念想想连英语不及格的王伟超都能听,我又有什么理由拒绝呢。我躺在床上盯着天花板。王伟超则尿急似的,不停地来回走动。我一度以为那是听这种音乐该有的形体动作,直到王伟超拍拍我,做了一个抽烟的姿势。我下意识地看了眼窗外,略一犹豫,还是点了点头。王伟超自己衔上,又给我递来一根。神使鬼差地,我就接了过去。接下来王伟超开始唾液四射,讲这个乐队如何牛逼,他们的磁带怎样难搞,又说他哥广州有门路,好货堆积如山。 「咱们怕是到死都听不完。」他表情兴奋地说,但我却看到他眼里的心不在焉。

  而没多久,母亲推门而入,我不知道她找我什么事,但此时收音机里柯本操着浓重的鼻音反复哼着一个词,后来我才知道,他唱的是「memoria」。

  母亲也不知在门口站了多久,一动不动地盯着我们。她那副表情我说不清楚,平静得像一潭死水,水底却又像藏着什么东西。

  王伟超识相地关了录音机,屋子里安静下来。空气里悬浮着尼古丁的味道,生疏而僵硬。竹门帘把外面的世界切割成条条细纹,轰隆隆的雨声倾泻而入。

  半晌,母亲才说了一句:「严林你过来。」我坐在床上,背靠着墙,没有动。

  王伟超轻轻踢了我一脚。我感觉烟快烧着手了,不知该掐灭还是丢掉。 「你过不过来?」母亲又说了一句,轻柔如故。我把烟头丢掉,用脚碾了碾,始终没有抬头。 「严林你过来!」清泉终于喷薄而出——母亲猛地拿起了我放桌上的小盆栽,居然朝着我砸了过来。我头一歪,才发现那盆栽砸得准头极差,一声脆响,碎片四溅。

  我看着那一床瓷碎片和黑土,我不知道自己的愤怒从何而来,我突然起身,从她身旁掠过,直到蹿入雨帘中鼻间尚游荡着一丝熟悉的清香。

  然而我从小就是个不可救药的人,我多么善于察言观色啊。很少有什么能逃出我的目光。那一瞬间母亲清澈的眼眸激起了几缕波澜,以瞳仁为中心迅速荡开,最后化为蒙蒙水雾。我说不好那意味着什么,震惊?慌てて?抑或伤心?

  豆大的雨点劈头盖脸,我感到浑身都在燃烧,手脚不受控制地抖个不停。

  那个下午我和王伟超是在台球厅度过的。他不住地骂我发什么神经,又安慰我回去乖乖认错准没事。我闷声不响地捣着球,罕见地稳准狠。四点多时他又带我去看了会儿录像。尽管正门口挂着「未成年人禁入」的牌子,但在粗糙的荧光照耀下,烟雾缭绕中,熠熠生辉的尽是那些年轻而饥渴的眼神。

  录像厅的老板似乎和王伟超很熟,一边热情地打着招呼一边露出意味深长的笑容塞给他一柄带子。嘿嘿,九十年代三线小城的破旧录像厅里又能放些什么狗屁玩意呢?当身材粗犷的西方女人带着满身的雪花点尽情地叫着「Ohyeah」时,当王伟超和往常一样情不自禁地撸起管来的时候,我却第一次感到这些影片索然无味。

  我看着他紧闭着眼睛,比任何一次都要投入地发出那恶心的「噢噢噢」声,我退出椅子就出了录像厅。

  雨一旦落下便没完没了。街面上浑浊的积水总让我想到水城威尼斯。爷爷的风湿病变得严重,母亲大半时间都呆在隔壁院里。我多少松了口气。一连几天我和母亲间都没有像样的对话,好几次我尝试着去碰触那双熟悉的眼眸,都半途而废。有时候我甚至期待母亲能打骂我一顿,而这好像也是奢望——她对我的唯一态度就是视而不见。这让我满腔愤懑,却又焦躁不安。晚上躺在床上,我辗转反侧,连窗外淅淅沥沥的雨声都那么怅然若失。而彻夜喧嚣的蛙鸣,更像是催命的鼓点,逼迫我不得不在黎明前的半睡半醒间把这些聒噪者炖了一遍又一遍。

  一天吃晚饭时,奶奶毫无征兆地哭了起来。在母亲的轻声安慰下,她像个小孩那样抽泣着说他们都老了,不中用了,但庄稼不能荒啊,地里的水都有半人深了,这可咋整啊?母亲愣了愣,说她一早去看看。奶奶直摇头:「你搞不来,六亩地哪块不得剜条沟啊。」我说:「我去嘛。」奶奶白了我一眼。

  在一片静默中,大家吃完了饭。母亲起来收拾碗筷时,一直没吭声的爷爷口齿不清地说:「西水屯家啊,让他姨父找几个人来,又不费啥事儿。」「哎哟,看我,咋把这茬忘了?」

  母亲头都没抬,倒菜、捋筷、落碗,行云流水。见母亲没反应,奶奶似是有些不高兴,哼道:「这有啥不好意思的,你拉不下脸,那我去。」母亲端起碗,向厨房走去。我赶忙去掀门帘。母亲却停了下来,轻声说:「一会儿打个电话就行了。」

  我在一边,偷偷地瞧着母亲,心里面却鄙夷地想着:多少不要脸的事情都做了,现在却在这里装矜持。

  第二天姨父果然带了四、五个人,穿着胶鞋、雨披忙了一上午。午饭在我家吃,当然还是卤面。饭间,红光满面的姨父喷着蒜味和酒气告诉我:「小林你真该瞧瞧去,田里尽是鲫鱼、泥鳅,捉都捉不完啊。」

  对于一个孩童习性尚未完全褪去的青春期少年而言,这的确是个巨大的诱惑。我不禁想象那些高蛋白生物们在玉米苗和豆秧间欢畅地游曳嬉戏。那一刻,哪怕是对姨父的厌恶,也无法抵消我的心痒难耐。然而母亲从院子里款款而入,淡淡地说:「这都要开学了,他作业还没写完呢。」我抬头,立马撞上了母亲的目光,温润却又冰冷。这让我没由来地一阵羞愧,只觉面红耳赤,整个人像是一团火。

  雨终于在一个傍晚停了下来。西南天空抹了一道巨大的彩虹。整个世界万籁俱静,让人一时难以适应。空气里挥发着泥土的芬芳,原始而野蛮。曾经娇艳如火的凤仙花光秃秃地匍匐在地,不少更是被连根拔起。大群大群的蜻蜓呼啸着从身前掠过,令人目眩。我站在院子里,看着眼前崭新的一切,竟有一种生疏感。

  就是此时,姨父走了进来。他穿着白衬衫、西装裤,皮鞋擦得锃亮,这些体面的东西穿着他这种矮胖的中年男人身上让人陡升一种厌恶。

  「你妈呢?」他开门见山。

  我冷笑了一声,用脚扒拉着凤仙花茎,假装没有听见。这人自顾自地叫了两声「凤兰」,见没人应声,就朝我走来。 「林林,吃葡萄,你姨给拾掇的。」姨父递来一个硕大的食品袋。私は彼を無視しました。他又开始扯开嗓子「舒雅——!舒雅——!」地喊。

  「出去了!」

  我受不了他那公鸭嗓,还是不耐烦地回了一句。

  「瞧瞧你,瞧瞧你,姨父还以为我们已经好朋友了,你这态度还真像女人来了那啥。话说回来,上次你若兰姐侍候得你痛快不?要不行,姨父再给你安排安排。」

  看到没人在家,他又开始口无遮拦起来了。我痛恨他这话我听起来就像是他在要挟我,我就更没个好脸色,我转身就往楼梯走去,头也不回:「跟你没啥好说的。」

  「别这样子嘛。」

  我躺到床上,这癞皮狗也跟了进来。他把食品袋放到书桌上,在屋里溜达了一圈,最后背靠门看着我。

  「怎么着,想拿那些事来要挟我?」

  我以为姨父会拿若兰姐的事当做把柄要求我不要过问他和母亲的事,其实后来想起来,这根本就是我多心了——他根本就不在乎我是否知道。他有好几次都知道我在那里偷看,他却对此一言不发,从不曾提起。

  「若兰姐可不是拿来贿赂你的,她不过是让你提前成长了一些罢了。」姨父收起那嬉笑的脸孔,冷笑了一声:「我不过是让你早点知道,这个世界的真相。」

  「滚蛋!」我腾地坐起来,捏紧了拳头,两眼直冒火「你能代表个狗屁真相!」姨父却根本不理我,他嘿嘿笑着说:「也就是你能这样对我说话,换小宏峰,换你小姨妈试试……」我咬咬牙,憋了半晌,终究还是缓缓躺了下去。

  「来一根?」陆永平又笑嘻嘻起来,他给自己点上一颗烟,然后第一根到我面前:「来嘛,你妈又不在。」

  「你到底有鸡巴啥事儿?」我盯着天花板,不耐烦地说。

  「也没啥事儿,听说你又惹你妈生气了?」

  「哼。」一种不祥的预感。

  「就说这抽烟吧,啊,其实也没啥大不了,但再咋地也不能抽到你妈跟前吧?搞得姨父都成教唆犯了。」

  姨父轻描淡写,我的心却一下沉到了谷底。说客!母亲竟然让这货来给我做思想工作? !我感到浑身的骨节都在发痒,羞愤穿插其间,从内到外把我整个人都点燃了。 「关你屁事儿!」我一下从床上蹦起来,左掌心那条狭长的疤在飞快地跳动。

  陆永平赶忙起身,后退了两步,笑眯眯地直摆手:「好好好,不关我事儿,你别急,什么狗脾气。」说着他转身往院子里走去,不到门口又停下来:「你零花钱不够用就吭声,放心,咱爷俩的秘密,你妈不会知道。你要是想玩玩女人,我这边选择也多得很……」他吐了个烟圈,又挠了挠头,似乎还想扯点什么。

  但他已经没了机会。我快步蹿上去,一拳正中面门。那种触觉油乎乎的,恶心又爽快。目标「呃」的一声闷哼,壮硕的躯体磕到木门上,发出「咚」的巨响。

  我毫不犹豫地又是两脚,再来两拳,姨父已经跪到了地上。至今我记得那种感觉,晕乎乎的,好像全部血液都涌向了四肢。那一刻唯独欠缺的就是氧气。我需要快速地呼吸,猛烈地进攻。

  然而我是太高估自己了。姨父一声怒吼,便抱住我的腿,两下翻转,我已被重重地撂到了床上。我挣扎着想要起身,却被他反摽住了胳膊。血管似要炸裂,耳畔只剩隆隆的呼啸,我嘶吼着让他放开。他说:「我放开,你别乱动。」双臂上的压力一消失,我翻滚着就站了起来。他已到了两米开外——想不到这个不倒翁一样的货色动作如此敏捷——左手捂住脸颊,兀自喘息着:「真行啊,你个兔崽子。」等的就是这一刻,我飞步上前,使出全身力气,挥出了一拳。

  遗憾的是,姨父一摆头,这一击便擦嘴角而过,青春的力量几乎都释放到了空气中。不等回过神,我整个人已被他狗熊一样抱住,结结实实按到了床上。

  我拼命挣扎,双臂挥舞着去挠他的脸,却被他一把掐住。 「妈勒个巴子的,你个兔崽子还没完了。」姨父那张难看的脸憋得通红,说着在我背上狠狠拍了一下。

  疼痛涟漪般扩至全身,让我意识到敌我之间的差距。就那一瞬间,眼泪便夺眶而出,躁动的力量也从体内消失殆尽。

  姨父松开我,吐了口唾沫,边擦汗边大口喘息。半晌,他叹了口气:「都这样了,咱明人也不说暗话。我知道你不喜欢我和你母亲在一起,我也清楚你在想什么。」

  我的脸埋在凉席里,只能从泪花的一角瞥见那只遍布脚印的皮凉鞋在身旁来回挪动。

  「你没必要这样对你母亲,她是被迫的,你要怪就怪姨父。」姨父冷笑两声,点上一颗烟:「但我知道你这些情绪的来由,我很清楚……但你得知道,有些事,不是你不想,它就不会发生的。」

  我完全听不懂他在说什么。这时大哥大响了,姨父接起来叽里呱啦一通,却是些上不得台面的东西,诸如收账、砍他两根手指,关他几天之类的,听得我心里发毛,愤怒和不甘也因此消减了不少。

  姨父在屋里踱了几步,不时弯腰拍打着裤子上的污迹。突然他靠近我,抬起腿,嗡嗡地说:「你瞅瞅,啊,瞅瞅,烫这么大个洞,这可是进口货。」他的脸颊肿得像个苹果,大鼻头汗津津的,嘴角还带着丝血迹,看起来颇为滑稽。我这么一瞥似乎让他意识到了什么,姨父摸摸脸,笑了笑:「你个兔崽子下手挺黑啊,在学校是不是经常这么搞?」

  这么说着,他慢条斯理地踱了出去。

  院子里起初还有响动,后来就安静下来。我以为他已经走了。谁知没一会儿,他又嗒嗒地踱了进来。背靠窗台站了片刻,姨父在床头的凳子上坐下,却不说话,连惯有的粗重呼吸都隐匿了起来。

  突然,他说了一句:「小兔崽子,你挺像我小时候,真的……简直一模一样……」

  末了他又说了一句:「姨父当然不是什么好人,但这没办法,生来就这样的。但你想想你妈妈这样是为了啥,为了这个家?这个家还有什么是她珍惜的……」

  然后他开门离去,许久我才翻个身,从床上坐起,却感到浑身乏力。记得当时天色昏黄,溜过围墙的少许残阳也隐了去。我站起来,整个人像是陷入一团棉花之中。

【つづく】
Other chapters
Title & Chapter Author
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(01-03) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(04-05) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(06-08) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(09-10) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(11-13) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(14-16) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(17-19) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(57) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(58) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(59) hollowforest
Similar Novels
Title & Chapter Author
(第一部) :换妻 [原创]
(完)
(02)
(01)
(完) kokoroaku
(完) Alohazero
(完) 116547720
(完) mj0427ab
(完) whiskybuff
(01-07) 老狼001
(15-20 完 ???) 老狼001
(08-14) 老狼001
(完) 流云可乐
(30-33) 忘川流年
(完) k11992423
(1-2) 小蛙
(2) fukjh
(1) fukjh
(完) 天堂男根
(1-6完) 雪人29
Recommend Novels
Title & Chapter Author
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(06-08) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(09-10) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(11-13) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(14-16) hollowforest
私と母 (メーリングの伝説によって書き直されました)(17-19) hollowforest
三番目の叔父の金貨 justis (01~03)
殺人者の欲望
殺人者の欲望
殺人者の欲望
殺人者の欲望