穆桂英の南遠征 (3.6-3.11)

2939Clicks 2019-02-01
[穆桂英の南方征服 第 3 巻: 三江市] (6-11)

著者: zzsss1 2018 年 9 月 22 日にファーストクラブに初掲載 ワード数: 30661

総記事数 全7巻、約75万語、すべて完結しました。今後は不定期更新となります。この記事の5巻から7巻はネット上では更新されません(違法な内容が含まれているため、当初は削除する予定でしたが、作業が多すぎます)。より早く最新情報を入手し、フォローアップのプロットについて議論したい場合は、私にプライベート メッセージを送ってください。現在、グループ内で新しい章が作成されています。今回は新しいスタイルに挑戦してみたので、今までとは違うイラストになっておりますので、気に入って頂けたら幸いです。

6. 魏兄弟

朝5時、小雨が降り始めた。雲が重くなってきました。墨で汚れた大きな黒い雲が三江市上空に漂い、今にも豪雨が降りそうな気配を示していた。穆桂英が心配していた通り、いつ倒れてもおかしくない。彼女はステンレス製の冷たい拷問台に縛り付けられており、暗く湿った独房には時折ネズミの影が走り、枯れ草にはゴキブリが見つからないことを心配しているかのように這い回っていた。食べ物。 。

魏振は携帯用ランプを穆桂英の開いた両足の間に置きました。かすかな黄色の光が、すぐに穆桂英の少し腫れて赤くなった陰部を金色に染めました。彼女は恥ずかしかったです。同時に膣も光にさらされました。時間。

彼女は、太ももの付け根が光によってわずかに熱くなっているのをはっきりと感じ、それが彼女の心の中の恐怖と恥ずかしさをさらに深めました。

ウェイ・ジェンは、ムー・グイインのわずかに盛り上がった、毛のない滑らかな恥丘を指でそっと撫で、「ヒーヒー」と微笑んだ。「ムー元帥、ムー元帥、あなたがこんなことになるとは思いもしませんでした。 「これで終わりですか?はは!神のご加護を南唐に!」

「行かせて!行かせて!」ムー・グイインはヒステリックに叫び、その表情は魏振と魏宝を脅しているようだった 二人の兄弟は彼をむさぼり食った生きている。恥のせいで彼女は自制心を失い、イライラしてイライラするようになりました。

焼き殺されそうな怒りに直面しても、魏振と魏宝の二人の兄弟は怒ることはなく、むしろ幸せでした。「もしあなたを手放したら、虎を元に戻すようなものではないでしょうか」山へ? いつかまたあなたを捕まえたいなら、あなた、それは天国に登るよりもさらに難しいことになるでしょう。あなたは南唐の時代から常に私たちの敵でした、それは王にとって本当に大きな心配です「唐と私の父のこと。あなたは捕らえられたのですから、私たちを慰めるためにあなたの体を使ってはいかがでしょうか?兄弟、とても美しいでしょう?」

「黙れ!」穆桂英は激怒して叫びました。 「なんて恥知らずなのだろう。私は宋代の元帥だ。よくもこんな辱めをするものだ!」 遠くで大きな雷鳴が独房の高い壁を突き抜け、穆桂英の轟音と同時に聞こえた。まるで神の怒りが爆発し、再び起ころうとしている残虐行為を阻止しようとしているかのようで、恐ろしい破壊力と正義に満ちていると感じました。

魏振は震え、彼女の指もそれに倣いましたが、思いがけず、指は赤ちゃんのように滑らかで清潔な陰部を通り過ぎ、彼女の指は実際に穆桂英の膣に挿入されました。犯されたばかりのオマンコはまだしっとりと潤っていた。これは、かつてないほど洗練されたウェイ・ジェンにとって大きな誘惑に満ちています。これに魏振は勇気づけられ、彼は叫びました。「神様、あなたは私に何をしてくれるのですか?今、ムー・グイインは私の手のひらの上にあります。私はやりたいことを何でもできます、誰も私を止めることはできません!」 "

「バーッ!」ムー・グイインは嫌そうにウェイ・ジェンの顔に唾を吐きかけた。彼女は相手の手が自分の体に望むことを何でもするのを止めることができず、この方法で抵抗を表現することしかできませんでした。

「バン!」 はっきりと大きな声で顔を平手打ちした。ウェイ・ジェンさんは顔についた唾液を手で拭き、鼻に当てて匂いを嗅ぎ、バックハンドでムー・グイインを平手打ちし、激しく罵った。「この臭い女、何をすればいいのか分からないんだ!

< /p> あなたもあなたの現状を知っています。私が今あなたを殺すのは簡単です! あなたは私に正直に話したほうがいいです、そうでなければ結果は死にます!」

「ふん!」 ム・グイインは冷笑的に言った、「こんなことするくらいなら死んだほうがましだ! できることなら、私を殺してください!」

ウェイ・ジェンは侮辱されたようで、さらに凶暴になりました。「なら、私はあなたを死なせません!私は」今日決断するよ!」と彼は言い、片方の手でムー・グイインの膣を探り続け、もう片方の手でムー・グイインの胸を掴み、何度か強く絞り、とても満足してこう言いました、「ムー・マーシャル、あなたは」あんなに良い体型してるのに、誰もいない家に一人でいるのは寂しくないですか!笑!神があなたの望むものを受け入れてくれなければ、あなたはその結果に苦しむだろうと人々は言います。今日、あなたにムー・グイインは与えられた贈り物です「神より私に。もしあなたを手放したら、残念だ!」

「この野郎!行かせて!もし私に失礼なことをするなら、私は数千の軍隊を率いてあなたを絞首刑にしてやる!」魏振と魏宝兄弟を見て、穆桂英は迪龍兄弟と迪胡兄弟、そして当時の自分の経験を思い出し、叫びました。狂ったように彼らに向かって。

このとき、魏宝はベッドの頭の方まで歩き、罵りながら穆桂英の口に激しくキスをした。二人は唇をしっかりと押し付け、魏宝は歯で穆桂英の舌を吸い、吸い続けた。

「クソ野郎…この野郎!行かせてください、私はあなたと一緒に戦います!」ムー・グイインは半狂乱で叫びました。しかし、彼女の声は草に濾されて、出てきた音は「ウーウーウーウーウー」だけだった。二人の幼児の侵入に直面して、穆貴英さんの目はますます大きく開き、同時に手と足が常に抵抗し続けました。しかし、もし縛られてしまったら、彼女は何ができるでしょうか?水蛇のように細い彼女の引き締まった腰は、格闘中に7インチ殴られたかのように痛そうにねじれた。 「放して!放して!」言葉を完全に発音できなかったムー・グイインさんは心の中で大声で叫んだ。自分の運命を理解していたかに見えた彼女を待っていたのは、二人からの容赦ない凌辱だった。

魏振はついに穆桂英のマンコから指を引き抜きましたが、光の下では彼の指はヌルヌルの精液で覆われていました。

従者が前に出てきて、魏振にささやきました:「若い将軍。」彼の目は常に穆桂英の裸体に釘付けでした。

魏振は少し不満そうに言いました:「言ってください!」

側近はいたずらっぽく微笑んでこう言いました。「私が数年前、狄家の二代目宦官の下で仕えていたとき、私は最初の宦官と二番目の宦官は穆桂英を捕らえ、媚薬を与えました。数日のうちに、穆桂英は二人の宦官によって性奴隷のように調教され、誰も彼らに逆らおうとはしませんでした。当時の八賢人、王と太君 彼女は法廷から出ていない、そして今、穆桂英は楽しむために狄家の二人の宦官によって収容所に拘留されている。」 彼が話している間、彼の目は横目で見続けた。穆桂英の裸体を見て、腕から白い花を取り出し、魏振に磁器の瓶を手渡し、「少将、これは塩中閣の厳娘からもらった媚薬です。媚薬でした」と言いました。 「当時、狄太宝が穆桂英に対して使用した薬です。その有効性は度重なる試験で証明されました。」

誰かが自分の過去のスキャンダルについて話しているのを聞いた粧桂英さんは、思わずその係員に目を向けずにはいられませんでした。 。側近たちの様子には見覚えがあるようだった。この人物は当時の迪龍の部下で、迪龍と迪胡兄弟による穆桂英への拷問をこの目で目撃していたことが判明した。その後、迪龍の亡命により胡家の将軍らに追われて逃亡し、やむなく南唐に亡命した。したがって、彼は穆桂英の弱点をよく知っていました。

魏振は磁器の花瓶を手に持ち、何度もいじったり眺めたりして、疑わしそうに尋ねました。「本当ですか?」

側近はうなずいて言いました。「まったくその通りです。少佐」将軍、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。」

ウェイ ジェンの顔に笑みが浮かび、彼女はこう言いました。「仰せの通り、戻ればご褒美が与えられます。」彼は席を外しました。コルクを閉めると、突然爽やかな香りが部屋中に広がりました。ムー・グイインさんはこの香りに忘れられない感情を抱いており、ティ・ロンさんはそれを何度も彼女に使用し、彼女の魂と体を同時に崩壊させ、回復不能な状態に陥らせた。

しかし、この媚薬は独特の処方をしており、道士の苗従山でも解毒剤を調製することができない、塩春閣独自の薬です。

どのようにして今、南唐の時代に広まったのでしょうか?

彼女がそれについて考えている間に、魏振はすでにボトルから濃厚な液体を注ぎ出し、それをムー・グイインの膣に塗りつけていました。

「ダメ!」 ムー・グイインは魏宝が舌を噛んだ痛みを無視し、必死で魏宝を振り払い、大声で叫びました。彼女の心は、ディインにいた時と同じように、再び海の底に沈んだ。一度この媚薬に毒されてしまうと……欲望の悪魔に体を売らない限り逃れられないことを彼女は誰よりも知っている。

彼女が抵抗する間もなく、無数のアリがすでに彼女の心に這い込んでおり、彼女の心は耐えられないほどかゆみを感じていました。すぐに、この奇妙なかゆみが彼女の全身に広がり、ほとんど全身を包み込みました。彼女は体内の血流が加速し、無数の血管が同じ場所、つまり彼女の陰部に向かって流れているのをはっきりと感じました。すべての血流がわずかに集まると、Mu Guiying は体から力が抜け落ち、魂さえも失い始めたかのように感じました。果てしなく続く空虚と憧れが彼女を襲い、彼女を包み込む。

「ああ!」 体内で無限に膨らむ欲望を懸命に抑えようとしたが、それでもムー・グイインは静かにうめき声を上げた。

思いがけず、この声は穆桂英の近くに立っていた魏宝に捉えられました。魏宝は冷たく鼻を鳴らして、背筋を伸ばして冷笑した:「ビッチ!」彼は左手で穆桂英の左胸を掴み、右手で穆桂英の右胸を掴んだ。彼は頭を下げ、口を開け、ムー・グイインの左乳首を掴みました。

「うーん!」 ムー・グイインはからかわずにはいられず、またうめき声を上げた。すっかり媚薬が彼女の体を蝕んでしまったようだ。

魏宝はムー・グイインの胸を強く噛み、一口大に飲み込み、ムー・グイインの胸全体を胃の中に飲み込もうとしました。

ムー・グイインの手と足はけいれんし、お尻は固いベッドの板にこすり続け、既に渇いた体を和らげるために少しの快感をもたらそうとしていました。

魏宝はムー・グイインの胸から口を離し、両手でムー・グイインの胸を掴んで必死に捏ねると、ムー・グイインは何度もうめき声を上げました。「うーん…うーん…」 ...ああ...」魏宝の手は小麦粉のボールを 2 つ持っているようで、Mu Guiying の胸をさまざまな形にこねていました。しかし、ムー・グイインの胸の肉団子は生地よりも柔らかくて香りが良かった。

魏宝は再びかがみ込み、穆桂英の口にキスをし、狂ったように彼女の口から甘さを吸いました。このとき、ムー・グイインはもう抵抗しませんでしたが、2人の肉厚な舌が絡み合うのを見て、うっとりしました。魏宝はムー・グイインのセクシーな舌を必死に巻き上げ、口に入れて吸いました。

媚薬のせいで呆然としていたムー・グイインさんも、実は一生懸命協力してくれました。突然、男性の牛のような喘ぎ声と女性の柔らかいうめき声が監房全体に響き渡り、魏振は顔を赤らめました。

「うーん…うーん…とても気持ちいい、私、欲しい、うーん…欲しい、うーん…」 ムー・グイインは口を閉ざしたままだった。セクシーな女性らしい音を発します。その高貴な美しさと艶やかな声に、その場にいる男性なら誰でも抵抗できないかもしれません。

魏宝は穆桂英の舌を放し、首に唇でキスをしましたが、穆桂英はまだうめき声を上げ続けていました。

魏振はもう我慢できなくなって頭を下げると、穆桂英の小さな洞窟から透明な液体がゴロゴロと出てきて、処刑台に滴り落ちているのが見えました。蜘蛛の巣のようにカラフルです。

魏宝は穆貴英の胸を生地のボールのようにつまみ続けましたが、このとき穆貴英の胸は熟したリンゴのように赤かったです。しばらくすると、Mu Guiying の乳首から白いミルクの跡が滑り落ちました。魏宝はすぐに頭を下げてそれを拾い上げた。 「とても甘いです...」ウェイバオは吸いながら情熱的に言いました。

ムー・グイインはディ・ロンにレイプされて以来、ディ家の邪悪な息子を産んだことが判明しましたが、彼女の体は完全には回復していませんでした。南唐時代の緊迫した戦争のため、彼女は毎日国政に集中し、体の管理を怠っていました。 2年も経つと、ローションの分泌量は徐々に減っていきましたが、時折不用意に分泌してしまい、特に体内の媚薬が効いてくると1~2ヶ月経ってから少量だけ漏れ出てしまう事もあります。しかし今夜、ウェイバオのからかいと媚薬の影響で、実際にまたローションが漏れてしまいました。

「うーん…あ!うーん…とても快適…」 雲と雨の比類のない喜びを満喫しながら、ムー・グイインの目はゆっくりと閉じられていた。

魏振はすぐにムー・グイインの足に縛られたロープを解き、彼女の白い足を持ち上げました。この時、ムー・グイインはすでに欲望の快楽に浸っていて、抵抗することができませんでした。魏振さんは、穆貴英さんの遺体の下にある露出した秘密の花園が洪水でほとんど水没し、白い水が彼女の脚の間のベッドの上を曲がりくねった川のように流れているのを見た。このシーンはとても感動的です!

魏振は片手で穆貴英の足を持ち上げ、もう一方の手でベルトを解き、ズボンを脱いで、生まれたばかりの子牛のように雄大なペニスを露わにしました。彼は何も言わずに、ム・グイインの分離した膣にペニスを向け、激しく挿入した。潤滑された精液がスムーズに彼のチンポをムー・グイインの小さな洞窟に押し込んだ。

「ああ...」Mu Guiying と Wei Zhen は同時に楽しそうにうめき声を上げました。魏振のチンポはムー・グイインの狭い洞窟にしっかりと締め付けられ、柔らかい肉の層が魏宝のチンポをしっかりと包み込み、とても快適でした!

「とても気持ちいい! とても気持ちいい!」 ウェイ ジェンは叫び、再びムー グイインの足を上げ、その間彼のペニスは彼女のマンコに出入りし続けました。二人の腰の骨がぶつかり、「パッ!パッ!パッ…」というはっきりとした大きな衝撃音が響きました。

ムー・グイインのオマンコの中の潮はさらに激しくなった。 「うっはっ!うっはっ!うっはっ…助けて…死んじゃう、うっはっ…うっはっ…助けて…気持ちいい…うっ」 -はぁ…うはぁ…あああ…うはぁ…ふんふん…うはぁ…気持ちいい! うはぁ! うっはぁ! もっと激しく…うっはぁ。 ..」ムー・グイインさんはうめき声と叫び声を上げ続け、顔はひどく赤くなった。

「パパパパパ」という叩く音と、ムー・グイインの混乱した鼻歌が独房に響き続けた。

このとき、ウェイ・ジェンはムー・グイインを掴んでいた手を放し、脚を使って自分とムー・グイインの体に出入りする頻度を維持し、両手を解放してムー・グイインを奪いました。魏宝の手からインの胸は常に手で圧迫され、圧迫され、彼女の体に押し込まれ、彼女の心は天国のように美しく感じました。

魏宝は怠けておらず、穆桂英の手からロープをほどきました。今回、ムー・グイインさんの手と足は完全に自由でした。抵抗して逃げるべきだったが、媚薬のせいで正気を失った彼女は逃げるつもりはなく、ただ従順に魏振の連続突きに協力していた。

二人は協力して、ムー グイインの細くて引き締まった体をひっくり返し、彼女が手でベッドを支え、両足でひざまずくようにしました。彼女の黒い滝のような髪が頬を伝い、彼女を覆いました。欲望と淫らさに満ちた恥辱の表情。魏振自身も彼女の後ろにひざまずき、再び巨大なペニスを持ち上げ、後ろから穆桂英の膣に挿入した。

前と同じように、彼は肉桂英のふっくらとした丸いお尻にチンポを叩きつけると、再び「パ、パ、パ」という音が独房中に響き渡った。

「ああ...ああ!」ムー・グイインはウェイ・ジェンの突きにうめき声を上げずにはいられませんでした。熱くて硬い棒状の物体が体の中でピクピクしているのを感じ、とても気持ちよかったです。天国へ舞い上がるなら。家族の名誉や国への忠誠といった考えはすべて窓から投げ捨てられた。上半身を支えていた腕が力なく下がり、全身が処刑台に平伏する姿勢に変わった。

「うーん...うーん...」 ムー・グイインは忘れたように叫び、目はますますぼやけ、表情はこれまで以上に熱心になってきました。媚薬の猛威により、彼女は二年間、自分の体の欲望と闘い続けた。

この時の彼女の欲望は、長年閉じ込められていた獣が突然檻から出てくるようなもので、身も心も飲み込まれそうなほどだった。

ウェイ ジェンさんはまだ満足していないようで、彼にとって初めての性交体験は人生で比類のない喜びでした。

突きながら、彼はかがみ込み、口で穆桂英の白い背中を噛みました。

「そうだ!」 ムー・グイインのうめき声は、まるで彼に噛まれたかのように、徐々に大きくなった。彼女は手を伸ばして相手の噛みつきに抵抗しようとしたが、背中の痛みには届かなかった。やがて快感の波が彼女を襲い、欲望の波に飲み込まれ、彼女は膝を這いながら大声で叫び続けた。

長い間見ていた魏宝はズボンを脱がずにはいられず、チンポを空に向かってまっすぐに立てて木桂英のところにやって来ました。彼はムー・グイインさんの腕の片方を掴み、チューブのように彼女の手に持ち、強制的にペニスを持たせ、上下に動かしました。

7. 集団レイプ

雨の多い江南では、雨が降り続きます。霧雨は徐々に激しくなり、雨が戦場を洗い流し、両軍の戦いで残った血痕をすべて洗い流した。しかし、どんなに激しい雨が降っても、ムー・グイインの体中の恥辱を洗い流すことはできず、媚薬によって混乱した彼女の心を目覚めさせることもできませんでした。

独房では、魏振兄弟と魏宝兄弟が穆桂英をレイプし続けた。彼らは10年以上抑えてきた情熱を、自分たちの母親になるほどの年齢の女性にぶつけたいと思っているようだった。

ウェイジェンは突きをして少し疲れているように見えました。彼はムー・グイインの体からチンポを引き抜き、少し休んだ。

予期せぬことに、まだ片手で魏宝を殴り続けていた穆桂英は、もう一方の手で魏振の腰を掴み、夢見心地で憧れのような声で叫びました。 ..とてもかゆいです...早く...挿入してください...とてもかゆいです...」

ウェイジェンは「ふしだらな女」と罵り、身をよじり続けるムー・グイインを撫でました。ムー・グイイン、かつての気高さや控えめさを完全に失った彼女は、うなずきながらつぶやき続けた:「はい…本当に欲しいです…」とても欲しいです…うう…とてもかゆいです…早く犯してください。 .. もう我慢できない... 早く、早く!"

魏振は処刑台に横たわり、その頑丈な虎の体の上に、堂々とした巨大なペニスが直立していました。 、荒野にそびえ立つ高い塔のように、とても目立っていました。彼は下半身を指差し、「あなたがとても欲しがっているのなら、私があなたを満足させて自分で座らせます。」

Mu Guiying は抵抗せず、素直にうなずきました。彼女はウェイバオのチンポを放し、細い腰をひねってウェイジェンの上に乗りました。この時、魏宝の陰茎は穆桂英によって非常に巨大なサイズに自慰行為されており、死の間際に突然放され、彼は非常に不幸に感じました。

穆貴英さんは魏振さんの体の両側に両足を置き、相手の勃起したペニスを両手で持ち、体の下の小さな穴を狙って軽くしゃがみました。

魏振のペニスが再びムー・グイインのマンコに挿入されました。ムー・グイインは大声で叫びました:「ああ! うーん... とても大きい... とても良い...」 欲望が彼女の体を動かし、常にウェイジェンの体を持ち上げたり、落としたり、持ち上げたり、落としたりしました。チンポを再び膣に挿入することができます。このようにして、彼女は性交によってもたらされる喜びを利用して、心の中の飽くなき獣を養うことができます。足が少し痛かったが、全く気にならなかった。彼女はなぜ自分がそんなに興奮するのか分かりませんでした。ディキャンプ時代はディロンの力に屈せざるを得なかったが、今は完全に主導権を握っている。しかし、彼女にはそんなことを考える暇はなく、どうしたら自分の体の動きを早くして、もっと満足してもらえるかということだけを考えていました。

Mu Guiying が体を持ち上げると、胸にある 2 つの重いボールが上下に揺れました。突然、独房全体が欲望で満たされ、邪悪で邪悪な雰囲気が広がり、隣にいた魏宝は非常に不安になり、自分を制御することができなくなりました。

Wei Zhen は一生懸命働く必要はありません。ただ横たわっているだけで最高の喜びが得られ、とても満足しています。

男女間の愛を経験したことがなかった彼は、今でもこのようにセックスができるとは想像もしていませんでした。彼は命令し続けました:「早く! 早く! 早く動いて! もっと激しく! もっと強く座って!」

ムー・グイインはますます激しく動きました。座るたびに、彼はお尻をウェイ・ジェーンに押しつけ、腰が押し付けられました。ウェイ・ジェーンのチンポは完全に彼女の中に入っていた。二人の体がぶつかり、また「パパパパ」という歯切れの良い音がした。

魏振も怠けていたわけではなく、突然手を伸ばし、揺れ続ける穆桂英の二つの胸を掴み、指で彼女の乳首をこすった。

「ああ...うーん...」ムー・グイインも満足そうにうめきました。「とても快適です...うーん...とても快適...いやいや...立っていられません」もう…ウーウー…」

ムー・グイインの下に座っていたウェイ・ジェンは、ム・グイインの周波数に従い、腰をまっすぐにして挿入の深さを増さずにはいられませんでした。彼の動きはますます速くなり、ムー・グイインは体から弾き飛ばされそうになった。

そのような動きにより、Mu Guiying さんのうめき声は徐々に悲鳴に変わりました。「ああああああ...ああああああ...ああああああああああああ...ううううううううううううう...」彼女は何度も叫びました。クライマックスに達するために、ウェイ・ジェンを促し続けました。「早く…早く…やめないで…やめないで…

ああ、うーん…すごく気持ちいい。 ..ああああ!"

「ああ!」ウェイ ジェンも叫びました。二人は顔を紅潮させながら同時に絶頂を迎えた。二人の裸体が絡み合い、冷たい鉄板の上で乱舞していた。

ムー・グイインはウェイデンの逞しい胸に手を置き、指で肩をしっかりと掴み、爪が肉に食い込みそうになり、頭を上げ、ぼやけた目で見上げた。屋上で、突然遺体が倒れた。弓の弦のように緊張した。彼女の 2 つの太ももがわずかに締め付けずにはいられず、彼女は叫び続けました。「ああ、だめ! だめ! だめ! 漏れちゃう…」

魏振は力を込めて腰を数回伸ばし、穆桂英の体を高く持ち上げました。彼は強い尿意を感じ、ついにはそれを抑えることができなくなり、濃厚な精液が噴出し、ムー・グイインは数回続けて噴出しました。

「うううううううううううううう...うううう...とても熱い...」ムー・グイインは突然脱力感を感じ、体がウェイ・ジェンの上にそっと崩れ落ちました。彼女のお腹の暖かさはウェイ・ジェンでした。精液は彼女を温めています。彼女の膣は絶頂後の過度の緊張のために依然として無意識に収縮しており、すでに衰弱しているウェイジェンのペニスを絶えず締め付けていました。

「私は...どうすればこんなことができるでしょうか...」理性はついに彼女の心に戻り、自分が今したことを思い出して、非常に恥ずかしく感じました。実際、彼女は敵の不倫に積極的に協力し、「本当に容認できない…」

彼女が反応する前に、魏宝は穆桂英の体を掴んで拷問し、ベッドから引きずり降ろして「臭い」と罵りました。雌犬、今度は私の番です!」

ムー・グイインが何が起こっているのか理解する前に、彼女の体はすでに地面に倒れていました。彼女は激しくもがき、魏宝の手を振り払った。残念ながら、彼女は一晩中続いた拷問と強姦で疲れきっていて、手足も弱っていて、魏宝には太刀打ちできませんでした。

ウェイバオは下腹部を強く踏みました。

「ああ...」ムー・グイインはお腹を抱えて地面を転がり、その表情は千本の剣が彼女の心を突き刺したように痛々しいようでした。これを見たウェイ・ジェンさんは、彼女をレイプしたばかりで、もうそれを見ることに耐えられず、目を閉じて顔を向けざるを得ませんでした。

「ビッチ、バーッ!」魏宝は地面に転がる穆桂英を見つめたが、同情心がなかっただけでなく、その目には際限のない軽蔑があった。 「都の宴会に来たのではありませんか? 皇太子として、宋の一流の貴婦人であるあなたをしっかりもてなすべきです!」

魏宝の強い体が穆桂英に迫った。彼は彼の下でチンポを上げ、それをムー・グイインのマンコに激しく挿入した。

「ああ!助けて、やめて…この野郎、ギャング…行かせてください…うーん…」ムー・グイインは大声で叫びましたが、彼女の中に挿入されたチンポの快感でした。身体のせいで彼女はまだ自分自身を抑えることができず、彼は貪欲なうめき声を上げました。

「パッ!」 歯切れの良い大きな平手打ちがム・グイのハンサムな頬を打ち、突然5つの鮮明な指紋が現れました。魏宝は激しく罵った:「この野郎、正直に言ってください!」 彼はすでに焦っていた。

ムー グイインさんは平手打ちで目が覚めたようです。天老の惨事とディインの屈辱を経験した後、彼女は真実を理解しました。この場合、抵抗は無駄です。その代わりに、さらに残酷な虐待が行われました。彼女は枯れた花のようで、かつて戦場を支配していた雄大な勢いは忽然と消え去った。

魏宝の手がムー・グイインの手を地面に押し付け、彼はその上に乗り、ムー・グイインのマンコを激しく犯した。

穆桂英は抵抗しませんでしたが、まるで生きたまま食べてしまいたいかのように、恨みに満ちた目で魏宝を見つめ続けました。

魏宝は突いている間、片手を放して手を挙げ、穆桂英の顔を平手打ちして叱った。 「兄さんは冗談だよ、私は遊べないの?」

「恥知らずだ!」ムー・グイインは激しく唾を吐きました。

「ふん!」ウェイバオは冷笑し、「誰がそんなに恥知らずなのか見てみたい!」彼は側近に媚薬の入った白磁の瓶を受け取るように命じた。彼は肉棒を引き抜き、何度も犯された穆桂英のわずかに開いたスリットに瓶の口を向け、残った媚薬を彼女の膣内に注ぎ込んだ。

同時に、彼は人差し指と中指を伸ばしてムー・グイインの膣に挿入し、ゆっくりと回転させてポンプを送り、濃厚な媚薬をできるだけ均等に肉の表面に行き渡らせました。ムー・グイインの膣の壁。

「違う!」ムー・グイインは叫びました。彼女は迫り来る少年を力任せに押しのけ、手足を使って独房の隅まで這って丸くなった。彼女は媚薬の力を試したばかりで、この薬が自分の体と心にもたらす害をよく知っていました。たとえ死んでも欲望の渦に沈み続けることは許されない。体内に流れ込んだ媚薬が膣液と混ざり、ゴロゴロと地面に落ちた。しかし媚薬の本質は強力で、すでに彼女の膣内壁には大量に付着している。これで穆桂英さんは無力感と不安を感じ、もはや自分の遠慮など気にせず、実際に二本の指を伸ばしてスリットに差し込み、勢いよく引き抜きました。

ムー・グイインさんは手がベタベタしていると感じました。それが自分の膣液なのか媚薬なのかわかりませんでしたが、再び自分を馬鹿にしない限り、無視しても大丈夫でした。 。

この時点では、魏宝は急いで穆桂英を捕まえるつもりはありませんでした。彼は、足の下でネズミと遊ぶ猫のように、興味深そうに彼女を見つめた。媚薬が効くのを待ちながら、徐々に媚薬責めに苦しむ苦痛を味わいます。

ムー・グイインから去ったばかりの虚無感が突然戻ってきました。下半身が無数のアリに刺されたようにムズムズするのを感じ、思わず脚を引き締めて内股をさすった。この方法でのみ、彼女は喜びをもたらし、彼女の非常に空虚な魂を和らげることができます。しかし、この欲望は心の火のようにどんどん強くなり、西風が制御されると風が火を助け、草原に火を起こす可能性がありました。

穆桂英さんは少し後悔し始めました。ここでレイプされたのは既成事実です。今、魏宝さんに悪口を言っていなかったら、どうやって彼を怒らせたでしょうか?媚薬を彼女の体に加えられた今、その痛みは彼女にしか分からない。彼女は男性に慰めてもらいたかったが、恥ずかしがって言えなかったので、素直に魏宝に犯してもらったほうがいいかもしれない。

ウェイバオは急いでムーグイインに向かって歩き、彼女の前にしゃがんで言いました、「臭い雌犬、これは気持ち良くありませんか? 早くセックスしてくださいと懇願しませんか?」< p>

「あなた...あなた、それについてさえ考えないでください...」 ムー・グイインはまだ最後の抵抗を続けていました。

「本当ですか?」ウェイバオは卑劣な笑みを浮かべた。彼は白玉から彫られた穆桂英の膝を掴み、引き離した。不思議なことに、穆桂英は抵抗しなかったので、魏宝は少しの力で簡単に粂桂英の太ももを引き離しました。

ムー・グイインは、まるで男性に見つめられることが快感であるかのように目を閉じました。

ウェイバオは彼女の膣をずっと見つめるつもりはなかったので、身をかがめてムー・グイインの脚の間に頭を置き、舌を彼女の膣に近づけ、既に赤く腫れ上がった彼女を優しく舐めました。クリトリス。

「あああああ...だめ...」 一瞬にしびれるような感覚がムー・グイインの体中に広がり、彼女は緊張のあまり体が硬直した。

魏宝は舌を突き出し、ムー・グイインの膣に侵入しました。中のヌルヌルの精液が彼女の狭い膣内をほぼ満たしており、ウェイバオの舌が膣を開くと、ゴロゴロと液体が彼女の口の中に流れ続けた。

ウェイバオにとって女性の蜂蜜を味わうのは初めてで、口の中に流れ込んだ蜂蜜は塩味があり、少し刺激的な味がしました。これで彼はさらに興奮しました。

ゆっくりと、魏宝の舐める頻度に合わせて、ムー・グイインは無意識に下半身を動かし始めました。彼女は再びうめき始めました:「うーん...とてもくすぐったい...いや...うーん...うーん...とても欲しい...」

「欲しいですか?」それは?それなら私にあなたを性交させてください!」「Wei Baoは口の中でMu Guiingのクリトリスで漠然と言った。

"いいえ...不可能...ウウウ..." Mu Guiingは、まるで不可能な戦争と戦っているかのように、彼女の体の致命的な欲求に耐えるために最善を尽くしました。過度の持久力により、彼女の繊細な体は震え始めました。

wei baoの舌が急上昇し、Mu guiyingの猫の内側を上下に飛んで、Mu Guiingが手に負えないほどうめき声を上げました。

突然、ムーギーイングはウェイバオを抱きしめ、「急いで...入って来て...私はもう我慢できない...」と言った。まだ極度の飢えに満ちています。のどの渇き、誘惑に満ちています。

wei baoはもともと、Mu Guiingをからかい続け、彼女の行動をさらにdeしみなくしたいと考えていました。しかし、彼は結局まだ駆け出しの少年であり、彼はもはやムギーイングの柔らかく、香りのよい、温かいだますの誘惑の下でもはや抑えることができませんでした。彼はすぐにコックを上げ、言葉を言わずに、それをムギーイングの体に深く押し込みました。

「ああ...それはとても快適に感じます...」ムーギーイングの体は喜びから震え続け、彼女はうめき続けました。

wei baoは空腹のオオカミのようで、羊の群れに侵入し、彼の目は赤く、彼は狂ったようでした。 ..ハハ!とてもいい!ムーギーイン、あなたはそのような雌犬だ、私は今日あなたの猫を性交するつもりだ! "

Mu Guiingは止まらなかった。彼女は貪欲に叫び、再び自分を失う状態に落ちた。彼女は他の人の衝動の頻度に合わせて体をひねり続けた。 "

Mu Guiingの促しの下で、Wei Baoはさらに熱心になりました。

2つの体が一緒に絡み合っており、無限の雲と雨が降ります。若くて強いウェイバオは、股を使ってムギーイングの体に衝撃を与え、他の人の背中に細胞のカビの生えた壁にぶつかり、鈍い衝撃を与えました。

mu guiingは媚薬によって完全に征服されました。針が刺されていた膣はまだ痛んでいましたが、媚薬の影響の下で、彼女は長い間痛みを忘れていました。彼女はまだ100,000の強力なソングアーミーの元sであり、ヤン家の義理の娘だったかどうかは気にしませんでした。 。たとえ彼女が幸せの瞬間を楽しんでいても、彼女は彼女の人生に重い代価を払うでしょう、そして彼女はheしません。

「ああ!ああ!とても快適に感じます...急いで...」彼女の顔には、英雄的で厳しい顔が貪欲な憧れの表現と組み合わされましたが、それは本当に不一致でした。

wei baoは、彼が射精しようとしていると感じました。彼は突き刺しの頻度を増やし、「雌犬、あなたを死ぬまで性交してください!」と突然叫び続けました。 Mu Guiingの下腹部にまっすぐに挿入され、Mu Guiingの体に熱の熱流が咲きました。

同時に、Mu Guiingの繊細な体が振動し、2人は同時にクライマックスに達しました。 Mu Guiyingのうめき声も現時点でクライマックスに到達しました。「ああ、ああ...とても快適です...本当に我慢できません...彼女の声は、彼女の体の震えのために非常に不安定になり、幻想的で本物の両方に聞こえました。

久しぶりに、Wei Baoは泥のようにぐったりしていたMu Guiingを押しのけ、立ち上がって服を着ました。彼とウェイ・ゼンはまだ未完成で、隅にぶら下がっている裸の女性を見つめているようです。彼らの目の炎は、いつでも彼女を灰に燃やすことができるかのように、まだ熱いものでした。

8.

から空が明るい。川の両側では、雨はまだ浮かんでおり、止まる兆候はありませんでした。シャオ・サイホンは川のそばに立って、なだらかな川の水を見つめていて、それをすることができませんでした。 Mu Guiingは一日中宴会に行ってきましたが、市内にはニュースはありません。宴会でさえ、ワインは落ち込んでいて、彼女の注意と精通したものは、強い敵がいる街で夜を過ごしませんでした。宴会で何が起こったのでしょうか?

空の反対側で、雷光が雲から時々点滅しました。つまり、川の水がより乱流になるように、上流で硬い雨を降らせるのは下流です。ここ。南部大会は、それがヤン家の本質であろうと胡家族の強力な将軍であろうと、ウォーキングバトルの良い選手です。しかし、それがshuizawaの豊かな江南であったとき、彼は完全に武道の使用を失いました。

unningなwe​​i dengは頑固な抵抗に備えているようです。彼は川沿いの漁船を燃やし、野生をきれいにしました。シャオ・サイホンの手、サンジャン市を攻撃したい、それはまだ引き伸ばされています。おそらくこの理由のために、ムー・ユーアン元sが宴会のために都市にリスクを冒した。彼女は、血のない兵士の方法を通して、彼女がンジャンを取り除いたことを望んだ。

この時点で、サンジャン市のセルでは、ソングジュンの5人のトラが敵に肉に縛られます。彼らは一晩中ここに投げられてきました。比較的言えば、彼らは幸運です。なぜなら、彼らはムミーのように拷問や拷問をする必要はないからです。もちろん、彼らは別のセルからの叫び声を聞くことができず、ユニューからうめき声を上げました。

Hu Yanqing、Hu Yanping、Gao Zhensheng、Wang Bao Four Tigers、そして1晩眠りました。ヤンウェンジュだけが一晩中眠れませんでした。宴会のcom睡状態以来、私はこのセルで目が覚めました。彼は周りを見回して、母親がいないのを見ませんでした。彼は心配するのを助けることができませんでした。マザー - インローは3つの軍隊のマスターです。長さ3つか2つのショートパンツがある場合、Zhengnanの征服が破壊される可能性があります。

この時点で、Hu Yanqingはあくびをし、目を覚まし、歌いました。 、そしてセルに叫んだ:「誰かがいますか?あなたの家族におじいちゃん、そうでなければ、おじいちゃんは今日あなたの細胞を望んでいます!」 p>

hu yanpingは呪われ続けました。 「私は今どこにいるのかわからないのですか?」悪役のヴェイ・デンはそれを捕まえましたか?」タオ:「元sは妊娠している、サンジャン市のこれらはどうして彼女の対戦相手になることができるのか?時々、彼女は私を救うために軍隊を送ります。」

hu Yanqingの言葉を聞いた後、ヤン・ウェンジュの心はたくさん慰めました。彼は母親の強さを確信しており、彼は同時に捕らえられたのか、なぜ彼は一人で拘留されなかったのか。おそらく、Hu Yanqingが言った後、それは殺されました。

母親がハンサムである限り、彼は安全になることができます。

突然「ダンダン」が開かれ、ナニャンの服の兵士のグループが入ってきました。1人の人が30代で、彼は高く、顔は淡い。厚い白いガーゼ。宴会でヤンキンによって無効になったのは風水でした。

Feng YuはHu Yanqingを見て、怒って出産し、Hu Yanqingの胃で足を激しく蹴りました。彼は蹴って屈み、痛みは痛み以上のものでした。

hu Yanpingは、「毛沢東、私の兄弟に手を持ってください。能力があれば祖父に来ます。」

Feng Yuは彼を無視して指示しましたBing Ding氏は次のように述べています。「Wei将軍には命令があり、全員がすべてハンサムです。」

は、兵士の数十人以上の兵士が抱きしめ、地面から5つのトラを拾い上げ、地面を押し上げ、地面を押し上げました。彼らを誓約しました。教会に行きます。途中で、5人のトラがold然とします。

shuai tangは昨日の宴会です。この時点で、残留クーラーはすでに撤回されており、地面のカップは乱雑で血まみれであり、角の角のカーテンさえ引き出されました。

wei dengはハンサムなケースの後ろに座っていました。彼は名誉でした。

下に行くためには、南唐王朝には10人以上の将軍がいます。 Wei Deng氏は次のように述べています。 Hu Yanpingは大声で答えました:「それはあなたの5人のおじいちゃんです!」

wei dengは少し怒っていました。 p>

Yang Wen Louder:「私は天国をひざまずくのを待って、両親と皇帝にひざまずくのを待っています。どうすればそのような未知のティーンエイジャーをひざまずくことができますか!」あなたはムギーイングの息子です、フン・ティアンフー・グイイング。あなたはヤン・ウェンゥアンの弟ヤン・ウェンジュを作りますか? "あなたのおじいちゃん。

Yang Wenjuは彼を怒って見ました。灰! "

wei dengは彼を見ました。まるで彼の言葉が冗談であるかのように、「あなたの母親はハンサムですか?ハハ!私はそれを信じません。私のサンジャン市を平らにするために?」手紙は「ははは」で笑いました、そして、風水はただ沈黙していました。 Wei ZhenとWei Baoの2人の兄弟、あなたは私を驚かせました、私はあなたを見ます、表現も非常に奇妙です。

Yang WenjuとFour Tigersは心に「驚いた」。 Wei Dengがそんなに言ったのを見て、Mugiingは彼と一緒にそれを捕まえましたか?このように、ヤン・ウェンジュの心はいなくなりました。彼はウェイ・デンをブラッフしました:「ナンセンスなウェイ・デン!もう一度笑って、「あなたはそれを信じないのではないかと心配しています。来て、私にguiをしてください。」しばらくして、ワイデンの背後にある画面から、いくつかの南タン兵士がセットしました。青白い顔を持つ淡い裸の女性を持つ裸の女性を上げます。彼女の手は切り取られ、彼女の胸はロープで上下に絞め殺され、ミートボールを絞り、外側に突き出ていました。彼女の胸、下半身、but部は赤と腫れた鞭を残しました。彼女の2つの太ももは、そこに登っている数え切れないほどのカタツムリのように、乾燥した体液で満たされ、白い光沢のある痕跡を残しました。彼女のヒスイの首には、彼女は鉄の襟で覆われ、チェーンが襟に接続されていました。チェーンは、犬のような女性を抱きしめて、南のタンの兵士によって手に留められました。

Yang Wenjuはショックを受けて叫びました。 」ムーギーは常に彼らの心の中のキャラクターであり、崇拝さえし、突然彼女を見て、彼女の内なる衝撃は自然に自己明確です。

mu guiyingのつま先は逆さまにぶら下がっていますが、今では両方のつま先が元の2つとして腫れており、ほとんど歩くことができません。彼女は地面に落ち、彼女は滝のような緑の絹で自分の前にいました。このようにして、それは彼女が自分自身を隠しているという感覚を感じさせることができます。彼女が泣き声を聞いたとき、彼女は頭を上げて息子と部下を見ました。「

ヤン・ウェンは数歩を踏み出しましたが、すぐに南タン兵士に押されました。彼は泣いて、「お母さん!彼らはあなたをしましたか?」

wei dengは陰謀を笑いました:「ハハ!夜の時間。 "

mu guiyingは頭を向け、ウェイデンをじっと見つめてscった。苦労をやめて、ウェイ・デンに叫んだ:「私はあなたと戦っている!」

wei dengは恥ずかしくて5人のトラに言ったムギーイングを指した。 to save you? Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhin ? "

Mu Guiying gritted his teeth and jumped out of his lips:" Dreaming! "

Wei Deng returned to Yang Wenju and said," Since your motherシュアイは降伏することを拒否したので、私はあなたを悲しまなければなりませんでした。」あなたが能力を持っているなら、なぜ私たちを屈辱しないのか。 。」彼は再びムーギングの前を歩き、ムギーイングのあごを手で上げ、彼女のハンサムな顔を見ました。 Mu Guiyingは彼の目を閉じて、彼を見ませんでした。ウェイ・デンは恥知らずにヤン・ウェンジに戻った。「あなたの母親はとてもすごい、私は十分に楽しんでいない」と彼は言った。

mu guiyingは、今回は屈辱を受けることは避けられないと思った。 P> < /p> 5人のトラが黙って目を閉じたが、密かに叫んだ。彼らの元sが敵にとてもs辱されているのを見て、彼らの心はナイフのように不快でした。

今回は、ムーがムーをguiiingにさせたとは思っていませんでした。彼は兵士に「ここでヤン・ウェンジュのズボン!」

ヤン・ウェンジュはショックを受け、目を開けて、怒りを感じました。 >

mu guiyingも驚きました。彼女は突然、ディーンで彼女と息子のヤン・ウェンガンにトラブルを起こさせることを強制し、「あなたは...あなたは何をしたいですか? 「

数人の兵士がヤン・ウェンドゥーの抵抗を無視し、3回と5師団でズボンを脱いだ。ペニスはヤンウェンドゥの大きなローブの下に隠されていますが、私はそれがいつトーチのように立ち上がったのかわかりません。

Mu Guiingが息子のペニスを見たとき、彼はすぐに恥ずかしそうに目を閉じました。

wei dengはヤン・ウェンジの横にしゃがみ、興味を持って彼のしっかりした巨大なペニスを見て、「ヨ!ヤン・ウェンジュ、あなたはあなたの母親の外観を見ましたか、そしてそれもありますか?」

Yang Wenjuは、母親を謝罪と罪悪感で見て、「母親のハンサム、私は...」と言って、彼は陰茎の勃起の原因を説明する方法を知りませんでした。実際、彼がムーが一見して裸になっているのを見たとき、彼はファンタジーを持たせざるを得ませんでした。彼は時々自分自身を思い出させましたが、彼の前にいる女性は彼の母親であり、彼はそれを考えることができませんでしたが、空想は常に彼を雲に連れて行き、ムーギーイングを母親ではなく普通の女性と見なしました。

mu guiyingはまた、彼の心にひそかに驚いた。鋭いナイフを引き出して、ナイフの後ろでヤンウェンジュのペニスをいじります。これにより、ヤン・ウェンジは「逃げて!あなたはろくでなし、おじいちゃんを屈辱させる!」

wei dengは陰に笑った。私はこの剣に行きます、私はYangmenが壊れるのではないかと心配しています。」

現時点では、Mu GuiingはWei Dengの試みを理解しています。これにより、彼女は恐ろしく恥ずかしい左右になりました。もともと、長男のヤン・ウェンゥアンは、Zhu ChachauanであるWu Jinと良好な関係を確立し、息子を産み、Huaiyuという名前を付けました。この子供が戦争で失われたことを知っていた人、そして彼の居場所はこれまで不明でした。今、私はヤン・ウェンフがヤン家の香を更新するために子供を持つことができることを願っています。ウェイ・デンが本当に彼を去勢したなら、ヤン家は本当にその可能性を持っていました。さらに、ウェンジュは彼女が認識したばかりの息子でした。もし彼女が悲劇的な去勢されたなら、彼は彼の人生の後半で世界の前に住ませてください。ヤン家は空の男です。群衆がいるなら、それは世界の人々に冗談を言うのではないでしょうか?

mu guiing drank: "wei deng、you ant yout yout!mu guiyingはあなたの人生にあなたを許すと思います。今、あなたは私に屈辱を受けました、そして復venも報告されています。母と息子?」

wei dengは笑って、Mu Guiyingのヌードを振り返り、「はい、その年の復venは本当に報告されています。私は今日あなたの息子の中にいました。今日、私は彼の人生を去りました。あなたは私たちを手放したいですか?」彼女の耳は、「あなたが私に従っている限り、私の妹を自然に手放す」と言った。彼の袖で、怒りなく言って、「そうだとは冷酷になります。」

彼は鋭いナイフを手に振り回し、ヤン・ウェンジュに近づきました。

Yang Wenjuもいい人ですが、結局のところ、彼はまだ若く、そのようなことに遭遇していません。彼はすぐに去勢されようとしているという運命を考えたとき、彼はとてもパニックに陥りました。彼は苦労し続け、彼の目でguiをしてムーを見て、「母!私を救う!私を救う!」

< / p>ムーギーは目を閉じて耐えられませんでした。威厳のある3つの軍隊の司令官として、彼女はどのようにして主要な小学校にコミットすることができましたか。 in辱され虐待されているが、もし彼女が他人の小さな側室になったなら、彼女はもはやヤン家のヤン家にならないだろうので、彼女は老婦人とヤン家に直面しなければならない。先祖はどうだろう。

"ハハ!" wei dengは笑顔で言った、「今、あなたのお母さんはもうあなたを救うことはできません。ヤンウェンジュ、あなたはあなたの運命を認識できます!」最高の声。

Yang Wenjuは確かに彼に怖がっていました。彼はほとんど泣き、「母!

私を救う...」

mu Guiyingは天と人の状況に陥りました。彼女は本当にあなたの母親がそれをすることはウェン・ラオスに伝えたいと思っています。しかし、彼女の母親の思いやりも彼女の考えを揺さぶった。彼女は息子が苦しんでいるのを見ることができませんでした。 Yang Wenjuは泣いている叫び声で耳の周りに留まりました。私はあなたに約束します...」

「何?」wei dengは頭を向けました、彼はそれが間違っているのを聞いたのではないかと恐れました。 「私は言った、私はあなたに約束します!」Mu Guiingは彼の声を上げて、再びそれを繰り返しました。

「あなたは何を約束しますか?」Wei Dengは彼の心の興奮を必死に抑え、冗談で尋ねました。

「私は約束します...」Mu Guiyingの声は明らかに軽く、彼女は彼女の顔に存在する5人のトラを見ました。彼女は彼女の決定を恐れ、彼女の軽emptを引き付けるでしょう。あなたの小さな側室になりましょう...」

"Do n't!" Yang Wenjuと他の4人のタイガーは同時に叫ぶでしょう、「マーシャル、あなたは3軍のマスターです、あなたはできます、あなたはできます。とても軽い!」

mu guiingが決定したようです。私はクリケットにいます、そして、私は毎日侮辱され、姦淫されています。彼の息子を維持するだけでなく、罰の苦しみを避けるために、すべてのために、すべてを経験する方が良いです。これを考えて、彼女は笑うのを助けることができませんでした。

「わかりました!大丈夫!」Wei Dengは共謀し、密かにecとした。

「しかし、1つあります」とMu Guiingは、「5人の生活を傷つけないことを保証する必要があります。そうでなければ、私はあなたを幽霊として行かせません!」< p>

「それは自然だ!それは自然だ!」ワイデンはほとんどうなずいた。 Mu Guiyingの前で、彼はいつも彼女が彼女に足りないと感じていました。 「あなたが私の側室をやったので、ウェンジは私の乾燥した息子です。私は彼らを楽しませるのに良いワインでした。」

"とても良い。

wei dengは人々にヤン・ウェンのズボンを再入力し、部下に次のように指示しました。お互いに話していないゼンとウェイ・バオはお互いを見て、彼らの顔は複雑な表現でいっぱいでした。

9. 1つの紙の休憩

3日間が経ちました。シャオ・サイホンは毎日江と江anの背の高い塔を見つめ、考えています。彼女はいつも小さなボートを楽しみにしており、ムームー氏と5人のトラを運んでいます。しかし、彼女にQiushuiを通して見るようにすると、ゲートだけが閉じられました。

今日の都市の頭は異常であるように見え、大きな赤いランタンが掛けられ、都市の門でさえ喜びで貼られていました。 「それは奇妙です。現在、実際に市内には幸せなイベントをする人がいます。」シャオ・サイホンは密かに言った。

現時点では、街のウォーターグリルがゆっくりと上昇し、その前にボートが現れました。過去数日間、川の風と波は数日前よりも大きくなっています。 Xiao Saihongの目はすぐにこのボートに焦点を合わせました。彼女は、MuとWuhuが馴染みがあるのを見るのをどれだけ楽しみにしていましたか。

ボートは都市の前のreの中を通り過ぎ、ここに寄りかかった。 Xiao Saihongはボートに乗っている人々を認識し、それは宴会にムーギングした5人のトラの1人であるWang Baoでした。彼女は少し混乱しざるを得ませんでした。6人が一緒に宴会に行きました。なぜワンバオだけが戻ったのですか?

ワンバオはまた、シャオ・サイホンを見て、ボートから飛び降り、海岸の浅いビーチを横切って数歩進み、シャオ・サイホンの前のシャオ・サイホンに来ました。

Xiao SaihongはすぐにWang Baoを保持し、「Wang将軍、Mu将軍、その他の将軍?」

Wang Baoが叫びを受け入れ、それを置いた。宴会のための都市。WeidengなどはWei Dengなどに捕らえられ、Wei DengはYang Wenduの人生を脅威として使用しました。

Xiao saihongを聞いた後、私はscりましませんでした。 :「どうやってウェイ・デンがあなたを元に戻したの?」

ワン・バオは尋ねた:「今日はワイデン・ナムが側室である日だ。Xiaoの元sに渡してください。セージ・キング。それを台湾に渡させる別の手があります。そして、ムユアン元sと他の4人のトラの寿命を脅威として使用します。重要であり、あえて怠らなかった。彼はすぐに王バオを連れてヤタイ・ジュンと8人の賢者を見た。太極拳と8人の賢者が王バオを見たとき、彼らはとても幸せで、ムユアン元sと他の4人のトラの居場所を尋ねました。

ワンバオは何も言わなかった。彼は彼女の娘が他の人の問題であることを強制されたことをタイジュンに説明する方法を知らなかった。ワイデンが彼にタジュンに移るように頼んだ手書きを静かに手渡した。

タジュンが手書きを開いてそれを見ました:

サンジャン市の水陸軍の副首都は、最初に8人の王、老婦人、Xiao Sai Hongyuan Marshalを崇拝しました:

あなたの軍隊の南から、それは無敵で通り過ぎます。上部と下部の唐王朝、江田の郡は震えており、無敵でした。しかし、タン・ワンは天国に命じられるように命じられました。彼は兵士を燃やすつもりはありませんでした。したがって、それを行う必要があります。ベン・ファンは非常に明確であり、彼は虐待を助けたくない。今日、運命は運命づけられており、高貴な軍隊はサンジャンにいます。長い間、兵士たちは疲れ果てていて、彼らは彼らが唐のマスターに報告するために死んでいると思った。予想外に、ティアンダンはベン・ファンに司令官を撮影することを幸運にしました。私はタン王の処分に耳を傾けるべきでしたが、この空想の愛は熱心であり、MUの魅力が遭遇したことがありました。しかし、彼はYangmenの娘でした。彼の最初の夫は亡くなりましたが、彼の名前はまだありました。

古代は言った:1人の女性は2人の夫ではない。私は哀れな台湾に招待され、最初にムーを休ませました。ヤングメンの名前を分割しました。そうでなければ、問題が説教されると、それはヤングメンとベン・ファンにとっては良くありません。誠実な言葉、タイのジュンミングを見てください。

タジュンは手を読み、「蒸し」は数歩戻り、麻痺したbut部で太極拳の椅子に座って、彼の表情は馬鹿げていた。

側のヤン・ジンフアはすぐに台湾を助け、「おばあちゃんゼン、どうしたの?」

タジュンは震えて言った:「あなたの母親の顔...」

Xiao saihongは不明で、手書きを取り、8つの賢者と一緒に見ました。 8セージの王はそれを読んだ後にも驚いた。彼は言った:「このgui yingは常に心の問題である。彼はどうやってこんなに悪いことをすることができるのか」

Xiao saihonうなずいて、「この事件は奇妙で、隠された感情がなければならないので、後で結論を見つける必要がある」と言った。 wei dengの小さな側室になりますか?」

wang baoは泣き、静かにうなずき、「それは本当です。私は彼らが聞いたことを聞いて、それを見たのを待っていました。彼の人生は頑固です、そして、ムーアン元sが息子を愛し、最後の手段の下で彼の非吸収要求に同意しました。」彼は、彼の腕からさらに3つの結婚式の招待状を取り出し、8賢者の王、太極拳とXiao saiにそれを提示したと言いました。 赤。

老婦人は結婚式の招待状を手に持って苦しんでいます。彼女は胸をむき出しにして叫びます。合理的です。垂直の生涯にわたってソンジャン山を無視できますか?私はヤン家の柱ですが、あなたはこれをするかもしれません!」 Mu Guiingの混乱した決定について、しかし、Yang Jinhuaはサイドで叫んだ。彼女は地面にひざまずき、台湾の足を握って泣きました。結婚式の招待状はすべて送信されます、偽物がありますか?将来家にいる人...」

この時点で、王バオはXiao saihongを脇に引っ張ってささやきました。 Esseletes、本「Marshal Xiao Tai Qi」はいくつかのシンプルなキャラクターです。

Xiao saihongはそれを疑い、開いて、それを見ました:

歌Xiao song

lao lang hu yanqing、Hu yan in the Hands一般の、生と死は本によって制御されます。スウェンは将軍を知っている人になります。そうでない場合、これは最初に注文されます。

脅威と脅迫の成分に満ちた言葉はいくつかあります。シャオ・サイホンは手にしっかりと握りしめ、心にヴェイ・デンをscりました。知恵はシャオ・サイホンのようなものであり、当然、彼は一目でウェイ・デンのトリックを見ることができます。彼女に太陽が休息を書くように説得し、敵の陣営にいるムーギーを自然にして、深く必死に感じます。さらに、問題が開かれると、タジュンの不満につながります。しかし、それにもかかわらず、彼女はまだ彼を無力に連れて行った。次男の命を守るために、彼女はウェイ・デンの指示に従わなければなりませんでした。

Xiao saihongは文房具をポケットに詰めて一般の人々に向けました。彼。 "

老婦人の涙で涙、「Xiao元s、これは悪いと言っている。gui yingは年上の孫だ。ウェイ・デン、そして彼女は10歳になることを保証されていませんでした。シャオ・サイホンは言った:「太陽、あなたは知らない。それからウェイ・デンは残忍な人であり、今では彼はリクエストを行った、そしてそれは必要になるだろう。それに違反して、彼は怒っているときに姉妹のムーを服用します。振りかける、姉妹のムーは罰せられることを宣告されず、人生を維持することは困難です。彼の意図を満たし、それに応える方が良いです。元sと5人のトラを救う人? 、そして別の計画を立ててください。」

この時点で、彼は8セージの王とシャオ・サイホンにひざまずいて登って泣きながら泣きながら、「エイト・キング、Xiao元s、お願い、ドン」と言って言った。 Tあなたのおばあちゃんにあなたの母親を連れて行かせてください...ああ...私の母は三軍の司令官です。ヤン・ジョクシウ、彼女はどのように将来の人になれますか、そしてどのように軍隊を戦うために導くことができますか?」

< /p> Xiao saihongはしゃがみ込んで、Jinhuaの哀れなことを見て、「それはハンサム性ではありません。これは力と適切性の尺度でもあります。また悲しいことですが、あなたの母親の人生のために、それはそうでなければなりません。」ケンは約束しました。

老婦人はそれについて考えていましたが、他の方法はありませんでした。タジュンの場合の前。シャオ・サイホンはインクを勉強していて、タジュンは本を書きました。シャオ・サイホンは、ムギーイングの生と死の本を封筒に入れ、オイルで封印され、王バオにそれを与えました。彼は「ハンサムはすでに贈り物のために準備されています。 Sanjiang。、Mo Yan Wei deng Dusk。」

wang baoの目は涙を流してうなずいた。 Xiao Saihongは人々に贈り物を持ち上げるように命じました。彼は、大きな赤いブロケードに包まれた箱で、非常に重く、18個の主要な箱があります。

  一个身材矮小,面目丑陋的挑担汉子对着王豹微笑:「王将军,一路上要多担待了。」

  王豹见了那人,大吃一惊,指着他道:「你,你是……曾杰?」

  此人正是杨文广结发妻子曾凤英的哥哥,穆桂英手下的得力干将曾杰。此人犹擅轻功,能飞檐走壁,高山深涧,如履平地。曾多次刺探南唐军情,立下汗马功劳。虽长相丑陋,却深得穆桂英的赏识。

  萧赛红嘱咐王豹道:「此行曾杰与你同去。切记,莫要暴露了他的身份。」

  杨金花也哭着对曾杰说:「曾大哥,你千万要把我娘救回来啊……」

  佘太君和八贤王也对曾杰好一番嘱咐。曾杰点点头,说:「各位请放心,穆元帅是我妹妹的公婆。我这一去,定设法将穆元帅营救回来,不辱使命。」

  也许,魏登根本就没想到宋军居然会送来贺礼。当然,他也跟不指望佘太君会如他所愿写下休书。所以他给王豹准备的是一条小船。现在回程,船上要装十八大箱,自然是不够使了的。所以萧赛红拨了一条大船给王豹和曾杰,他们押着沉重的贺礼,乘风破浪,向三江城驶去。

  岸边,八贤王、佘太君、萧赛红和杨金花,以及宋军一干将领,目送两人离去。他们的眼中满是企盼,他们把营救元帅,拯救三军的重任都寄托给他们,希望等他们归来之时,也是穆元帅安然返营之日。

  穆桂英睁开眼睛,眼前是一片红色。原本是喜庆的大红,在她眼里看来,却是如血淋淋的猩红。今天,是她要嫁给魏登做小妾的日子。从今往后,她就沦为人妾,不再和杨家有任何关系了。这让她的心一直在滴血,汇聚成河,像滚滚长江,永不穷尽。

  她的身体被侍女洗干净了,披上了大红的凤冠霞帔。但她的手,依然被人用绳子紧紧捆绑着,防止她反抗。其实,这完全是多此一举。只要杨文举在敌人手里,她就不敢反抗。正是出于投鼠忌器的原因,她才会忍辱答应了魏登过分的要求。

  不过还好。本以为自己陷落敌营,会像在天牢和狄营一样,一直被人扒光衣服,连遮羞的破布都没有。但想不到,她现在竟穿上了厚厚的绸缎嫁衣。虽然这是一身彷如滴血的嫁衣,但总好过赤身裸体被别人看。

  她已经被从天牢移到了魏登的帅府。她赴宴时穿来的战袍,也被魏登收拾过来,挂在一旁的人形架子上。绿色的软缎绣花衣,在这个到处挂满了鲜红的房间里,显得格格不入。但却给那副挂衣服的架子,带来了勃勃生气和隐隐的杀气。

  不知为何,穆桂英心里始终觉得,这件战袍,将永远不再属于自己了。仅过了短短的四天,却恍若隔世。

  整个帅府里,都是佣人忙碌的声音。这声音,三天来从没断过。他们一定是在为了魏登的大婚而奔忙。但穆桂英对此却毫无兴趣,越是隆重的仪式,对她来说,是越沉重的侮辱。

  这几天,她一直没有见到喂给她吃春药的魏珍、魏宝两兄弟。倒是魏登,还是每天好几次前来占有她的身体。逐渐地,她也开始麻木了,任凭这个丑陋的男人在自己的身上肆意妄为。被父子三人同时奸淫,穆桂英还是第一次,这让她感到十分羞耻。虽然他们父子之间彼此并不知情,但他们却不约而同地在她身上,犯下了乱伦的大罪。

  想到乱伦,穆桂英不敢继续再往下想了。自己又何尝没有乱过伦呢?那年,在狄营,在狄龙的胁迫和春药的作用下,她和自己的儿子杨文广……

  一直有个谜团在她心里无法解开,狄龙使用过的春药,为何在魏珍、魏宝手中也会出现呢?这个世界上,用于房事的药物数不胜数,但穆桂英绝对不会忘记他们用在她身上的这种。那芬芳,令人晕眩;那药效,令人无可抗拒。简直是存在于人间的可怕魔鬼。

  想着,想着,她的下身却突然湿了起来。也许,是她自从丈夫死后,抑制了太多自己的欲望。也许,是药效使然。她忍不住地夹起双腿,轻轻摩擦起来……

  门外脚步声传来,穆桂英连忙正襟危坐,她不想让太多的人看到自己淫荡的一面。进门来的是两名侍女,她们婷婷地向穆桂英万福道:「二夫人,吉时已到,该和魏将军拜堂了。」

  穆桂英望了望窗外,烟雨依旧迷离,笼罩着江南山水,美得凄迷。彼女は密かにため息をついた。在她心底里,还报着一丝希冀。在成婚前,宋军可以杀进城来,解救自己。

  可她终于也没有盼到,甚至连宋军攻城的消息也没听到,不免有些失望。 「萧元帅,老太君,难道你们都已经把我忘了吗?」

  红盖头盖在了她的头上,让她眼前变得一片彤红,像整个人都沉进了血水里。

  两名侍女扶起她,款步向礼堂走去。经过了三天的休养,穆桂英被吊肿的脚趾已经消肿,好了一大半,可是走起路依然一瘸一拐,需要侍女搀扶。

  穆桂英看不到眼前的景物,但能感觉到,礼堂似乎设在当初宴会的大厅里。

  礼堂里,人声济济,应该三江城里的大小将领都来了吧?但穆桂英感觉他们似乎不是来贺喜的,而是来看她出丑的。她一路走过去,能听到周围的人都在窃窃私语。

  「她就是大宋元帅穆桂英吗?」

  「光看身材就知道是个美女了。」

  「哈哈!现在宋军元帅成了我们将军的小妾,那大破宋军,指日可待啊!哈哈!」

  「我关心的是,在床上,不知道女元帅和其他女人有什么不一样的地方呢?」

  幸亏穆桂英是盖着盖头,遮着脸,要不然她真不知道自己该如何面对这些污言秽语。

  魏登也换上了一身红缎长袍,站在大堂中央,望着穆桂英被侍女搀扶着款款走来的模样。他突然觉得,其实,把女元帅的外衣剥去,其实也是一个普通的女人。她也会哭泣,也会有快感,甚至也会有高潮。只是,她金贵的身份,一直是对他最大的诱惑。每次和她交媾的时候,他总有一种满足感。因为在他身下的,是一个统领千军万马,笑傲沙场的女人。

  穆桂英站在魏登前面,两个人面对面站立着。魏登的嘴角边,露出嘲讽般的笑意。他示意众人安静,清了清嗓子,道:「本将今日有幸,能纳大元帅穆桂英为妾。在此之前,我还要宣读一封书信。」

  说到这里,魏登停了下来。众将伸长了脖子,露出好奇的神色。令他们迷惑的是,魏登为何要在这大婚之时,宣读什么书信。

  魏登随即拿出一封书笺,拆开,大声朗读起来:「有女穆姓桂英,嫁于吾孙宗保,已廿载矣。此妇出身贼寇,戾气未尽,非与我杨门相当。虽自嫁娶以来,屡有功勋,然不能恪尽妇道,实属家门不幸。今为家门计,老身忍痛割之,将其逐出杨门,今后永不得再入天波府,嫁娶自宜,与我杨府无关。佘赛花。」

  原来,这是佘太君写给穆桂英的休书。南唐诸将一听,有的叫好,有的唏嘘。

  穆桂英听他读完,突然揭掉红盖头,竭斯底里地叫道:「不!这不可能!我不相信,太君不会丢下我不管的!这是假的……假的……」

              10、新婚之夜

  曾杰跟随王豹卸了贺礼,便辞别了王豹。找了个僻静之处,换了一身行头,装扮成一个行走江湖的侠士,在三江城里游荡起来。三江城里水道纵横,星罗棋布,许多民居都是依水而建,好一派江南水乡的情调。

  曾杰在整个城里逛了一圈,把每条街道小巷都暗记于心。不知不觉间,觉得有些累了。他便寻了个酒楼,要了一壶酒,一斤牛肉,独自斟饮起来。表面上,他是个卖苦力的人,实际上,他心里暗暗寻思,如何营救元帅穆桂英的计划。

  酒楼和青楼里三教九流的人物齐聚,是打听消息的最佳去处。酒楼对面,是最近名震江南的燕春阁。曾杰打算在酒楼饮罢,再去燕春阁寻花问柳,好在他们口中探出一些有用的消息。他长期行走江湖,自然明白个中道理。这家酒楼今日生意好得异乎寻常,许多城外来的士族,都闻讯赶去魏登和穆桂英的婚礼,争相一睹大宋浑天侯的风采。

  这时,从门外进来两个少年,摸约二十岁左右的样子,衣着光鲜,佩着兵刃,一看就知道是魏府出来的人物。两人寻了个桌子坐下,要了一些酒和一些菜,吃喝起来。

  只见其中一人捶着自己的腿埋怨道:「哎呀,累死我了。就给我们三天时间筹备婚礼,这不和范疆、张达三天备十万素縞一样为难么?」

  另一人看了他一眼,说:「那你便去杀了他,如二人杀张飞那般。」

  那人愣了一下,道:「佟风,你一直胆大,我可不敢啊。」

  原来,这二人便是佟风和包信,他们奉了魏登之命,出门采办婚礼的物资。

  佟风黯然道「这有什么敢与不敢,将军都敢纳穆桂英做小妾了,已经冒了天下之大不韪,我等杀之又如何?」

  曾杰心中如明镜般敞亮,知道这二人便是魏府的红人。他假装起身,趁着人多,挨了二人一下。便把他们两人的钱包都取了出来。两人只顾喝酒,竟无察觉。

  待到结账时,两人翻遍口袋,竟付不起酒钱。

  小二道:「我等小本生意,不似尔等魏府公差,不要为难小的。」

  小二一番话,说得两人面红耳赤,不知该如何是好。佟风道:「我等魏府当差,人尽皆知,明日汝可随时来魏府取钱便是。」

  曾杰在一旁道:「既是有缘,算在我账上便罢。」说罢,掏出一锭银子放在桌上。

  二人见状,连连向他作谢:「如此,那便让兄弟破费了。」

  曾杰假惺惺地说:「无妨。小弟也是来这城里凑凑热闹,能结实些朋友,自是再好不过。」

  两人听罢,相视一眼,说:「不知兄弟前来三江,有何贵干?」

  曾杰答道:「吾听闻大宋穆元帅要和魏将军成婚,特意前来,一睹盛况。然吾素无人脉,进不了守卫森严的魏府,只有在此自饮消遣。」

  包信哈哈大笑,道:「好说,好说。既是好友,前来给魏将军捧场,我等岂有拒之门外之理?我等正好在魏府当差,带你进去,自是不在话下。」

  「此话当真?」

  佟风道:「千真万确。如兄弟信得过我们哥俩,便随我们走一趟,包管你能见到魏将军的大婚。」

  曾杰抚掌大笑:「如此甚好。」当下结了酒钱,随二人往魏府而去。

  因曾杰是自宋营而来的走脚之人,魏登自然在他们卸了贺礼之后,赏了些钱财,将他们驱出城外。曾杰趁机混入人群,并无人察觉。因闲来无事,只好在酒楼逗留。不想天助他也,竟结识了魏登的两个亲信佟风和包信。

  两人带着曾杰进了魏府。曾杰径直往后院而去。不想包信一把将他拦住,说道:「曾兄,那里不可去。」

  曾杰道:「这确是为何?方才酒楼,你二人说,有你们在,我哪里都可以去得。为何后院我去不得?」

  佟风道:「你有所不知。此后院乃是魏将军和穆元帅的洞房,今日你自是不可进去了。你不是想一睹穆元帅的丰采么,此时正好拜堂,不如随我等一同前往观礼。」

  曾杰一听,穆元帅此时正在礼堂和魏登成亲,便欣然前往。

  大堂前的空地上,用箱子装的贺礼堆成了山。大堂里,一派声乐燕燕,令人沉醉。如换在平时,曾杰一屁股坐了进去,直到酒醉人酣。但今时今日,他深知自己使命在身,不敢懈怠,只是偷偷进去,混迹在人群之中,不露声色,观看着魏登和穆桂英的婚礼。

  当魏登当着这么多人的面,读出佘太君写给穆桂英的休书后,穆桂英彻底失控了,她哭喊着道:「不!这不可能!我不相信,太君不会丢下我不管的!这是假的……假的……」

  魏登上前,一把揪住她的头发,将她拖到礼堂门口,指着堂前贺礼道:「瞧见没有?这里就有你家佘太君送给本将的贺礼!你别再痴心妄想他们会来救你了,现在你已经我魏登的女人了。」

  曾杰见状,暗暗握住了藏在腰间的枣核镖。如果魏登敢对穆桂英做出伤害性命的事,他便要出手刺杀魏登。纵使身死,他也舍命救出自己妹妹的公婆。

  魏登看上去倒并没有伤穆桂英的意思,他指着那一摞如山的贺礼,说:「看到没有?那西首的一堆贺礼,就是你们宋军送过来的。他们早已把你送给我了!」

  穆桂英顺着他手指的方向望过去,比其他任何贺礼都丰厚的那一堆,整整十八大箱。此时箱盖已经打开,里面整整齐齐地叠满了黄金银锭,绫罗绸缎和翡翠白玉。贴在箱口的封条已经被撕开,还能隐约看到上面的字样:大宋兵马大元帅萧赛红、天波府佘赛花、天子驾下八贤王赵德芳恭祝。落款处还盖着萧赛红、佘太君和八贤王的符印。穆桂英拼命地摇着头,失了魂一样瘫倒在地,不停地低声呢喃:「不,这绝对不是真的……你一定是在骗我……」

  看到穆桂英这副模样,魏登越发猖狂,他仰天哈哈大笑,道:「穆桂英,你就死了这条心吧。别再痴心妄想着回去当你的大元帅了,还是乖乖地在这里做我的夫人吧。」

  在礼堂里的三江城诸将和南唐士族,此时高声呐喊起来:「魏将军威武!」

  穆桂英的低声啜泣,早已被他们的呐喊声湮没了。她终于流下了屈辱的泪水,顺着脸颊一直淌到嘴角边,味道是苦涩的,咽进肚里,更是有万千滋味,缠绕在心头。难道,八贤王和老太君真的已经把她放弃了吗?为了杨家,她虽然最后没有保住贞节,但也算是鞠躬尽瘁了。甚至在被天牢狱卒和狄龙凌辱后,连死的勇气也没有,就是生怕她死后,杨家缺了顶梁柱,会就此坍塌。想不到……唉……

  她心里深知,南唐的败亡将是必然,终有一天,宋军会攻破三江。到时,她将是一名罪妇。而原来,她本应是胜利者,站在荣誉的巅峰,接受天子的册封和万民的仰望。

  曾杰看到这里,暗暗咬牙,几次冲动地想要冲出人群去救穆桂英,考虑到大局为重,小不忍,则乱大谋。尽管如此,他还是不忍再看,便趁着别人不注意,偷偷溜出了大堂,在魏府里溜达起来。

  此时,魏府上下,都在为魏登和穆桂英的婚礼忙碌,根本没有人在意他这个身材矮小,贼眉鼠目的人物。不知不觉间,他已经转到了后院。此时,天色将晚,纵然前厅喧闹非凡,但后院却是十分幽静。

  一个拱月形的门洞后面,芳草萋萋,到处都是亭台楼阁。鹅卵石铺就的一条小径,蜿蜒曲折,通往一座两层的楼房。楼房前,也是张灯结彩,一个巨大的喜字贴在门上。门洞处,有两名南唐的士兵手持长戟,身戴重甲守卫着。

  曾杰想起刚进魏府时,佟风嘱咐过他,后院是魏登的洞房。暗忖:此处定是魏登的洞房了。他不敢硬闯,怕惊动了魏登和魏府上下的人,只是隐藏在旁边的假山后面,见机行事。

  阴雨天里,天色黑得总是比较快。此时前厅依然灯火通明,人声鼎沸,魏登正和南唐将领、士族们觥筹交错,不亦乐乎,整个魏府都沉浸在一种绵绵之音里。

  曾杰索性躲进了山洞避雨,寻了个眼洞向外张望。一日的车马劳顿,他竟迷迷糊糊的睡了过去。也不知过了多久,忽然听到外面有人声,才惊醒过来。他透过眼洞,只见道路上十几个人簇拥在一起,往那个拱月形的门洞那里走去。曾杰定睛细看,原来是酒已大酣的魏登搂着看上去像是绵若无骨的穆桂英跌跌撞撞走来,身后还有一群侍卫和侍女跟随着。他认出了佟风和包信二人也在其中。

  曾杰暗暗纳闷:穆元帅这是怎么了?为何任由魏登摆布?他悄悄地低下身姿,继续观看。

  魏登一行人都到拱月形的门洞前,两名卫士向他行礼道:「见过将军!」

  魏登转身对其他人道:「你们就不必跟进去了!哈哈!」

  包信似乎不很放心,进言道:「将军,穆桂英本领超群,现在虽已成了您的夫人,还是应小心为是。」

  魏登一瞪眼,骂道:「小子,你懂什么?既已是我的夫人,难不成她还要做出谋害亲夫的事情来么?」他用手指抬起穆桂英苍白俊俏的脸,色眯眯地望着她,问:「你说是吗?夫人。」

  穆桂英将头又别到了一旁,只是不理。

  魏登似乎对她这种反应毫不奇怪,反而大笑不止:「穆桂英,我跟你说,总有一天,你会死心塌地地跟着我魏某人的。想我夫人,当年跟我的时候,也是如你这般……」

  佟风急忙制止他继续往下说:「将军,时候不早了,还是早些带着二夫人入洞房吧。我等今夜守候在此处,如有什么需要,随时听候差遣。」

  魏登这才重新搂起穆桂英,步履蹒跚地走进了门洞里。

  夜深人静,魏府的喧闹声终于在魏登和穆桂英离去之后渐渐平静下来,宾客都带着醉态,尽兴而回。曾杰在山洞里把一切都瞧得清清楚楚,见魏登和穆元帅进了洞房,暗自焦急。他悄悄潜出山洞,摸索着围墙,蹑足而行。终于,他找到一棵参天大树,倚墙而生,高大的树冠比围墙还高,大部分枝叶都探进了围墙后的花园里。

  曾杰施展出飞檐走壁的工夫,「噌噌噌」不一会,变飞身攀到了大树的上面,然后沿着伸展到院内的树枝,爬进里面。又是一个纵身,身轻如燕,稳稳当当地落在地上,人不知,鬼不觉。他继续隐藏在草丛间,观察了一阵,见无人发觉,便起身朝洞房奔去。他不挑大路,避开在院中巡视的卫兵,专往草深藤密的地方走,如鬼影般,摸到了洞房前。

  他寻了个阴暗处,趁着别人不注意,取出飞虎爪,往楼顶一抛。飞虎爪便勾上了檐角。曾杰攀着绳子,如猴子一般,几下便爬到了屋顶。他收起飞虎爪,将身形隐藏好,揭开瓦片,往下张望。

  偌大的一个房间,中间放着一张沉重的红木大床,足有一丈长,一丈半宽,估摸着份量约有千斤重。床上堆满了大红锦缎棉被。曾杰不禁感叹,魏登为了纳穆桂英为妾,真是煞费苦心。别的不说,光是着千斤中的上好红木大床,就价值不下三百两银子。可奇怪的是,如此洞房,竟只放了这么一张床,其他徒有四壁,光秃秃,空荡荡的,怎么看怎么像囚笼的感觉。

  床边,丢着穆桂英婚礼时所穿的大红绣花鞋和魏登的薄底软缎靴。床上,穆桂英已经被魏登剥得干干净净,刚才还是完好的大红绸袍,现在已经被撕成了一片片的布条,零落在房间的每个角落。

  一丝不挂的穆桂英展露出一身雪白的肌肤,仰面朝天躺在床上。身体陷进了厚软的被褥里面,几乎整个身体都要被掩埋进去一样。却丝毫没有反抗的意思。

  魏登赤脚站在床边,欣赏着穆桂英美妙性感的胴体,淫笑着说:「穆桂英,从今以后,你就是我的女人了。宋朝那边的事,已经和你没有关系了。」

  穆桂英眼神涣散,面无表情,和她平日里征战沙场的样子一点也不相似。只是用不带丝毫感情的声音沙哑地回应道:「那又如何?你可以占据我的人,却不可能占据我的心。」

  魏登也脱了衣服,他五短的身材,想不到阳具却威猛无比,直直地翘起在体下,像一座横空的桥梁。他爬上床,在穆桂英的身体躺了下来。他抓过穆桂英的一只手,扳开她柔荑般的玉指,让她捏住自己的阳具,说:「来,娘子,替为夫手淫一番。」

  穆桂英的手一碰到他的阳具,像碰到了一坨屎似的,赶紧又缩了回去。脸上露出无比厌恶的表情。

  魏登有些微怒,道:「怎么?你不愿意?」

  穆桂英自然不愿意,甚至不愿意理睬他,只是将头扭到一边。

  曾杰心里好生奇怪:这魏登到底对元帅做了什么,怎么使得穆元帅如此顺从?

  要是换在平时,他早已被穆元帅砍成几段了。难道,正如魏登书信中所言,穆元帅是甘心情愿当他的小妾的吗?曾杰马上否定了自己这个念头,就他所知,穆桂英的性格刚烈无比,绝不会如此轻易就被魏登驯服。

  魏登翻身坐起,跨坐在穆桂英的胸脯上,将他身下的那支肉棒,耀武扬威地对准穆桂英娇美的脸:「看来,你还是不肯认命啊!那就让老子来好好教训你!」

  扑鼻而来的,是一股腥臭的骚味。穆桂英赶紧抿紧了嘴唇,屏住了呼吸。这让她不由又想起了在天牢和狄营别人逼她口交的往事。这是一种最令她屈辱的交媾方式,让她的人格和灵魂,统统破碎成渣子,足以让她万劫不复。

  魏登说:「听说你被狄龙那小子口交过?现在我已经是你丈夫了,是不是也该给我吹一个呢?」

  穆桂英左右摇着头,躲避着无处不在的臊臭味,口齿不清地说:「胡说……

  呜呜……无耻……」

  魏登突然出手,一把掐住了她消瘦的下颚。穆桂英只觉得两边颊骨一阵剧痛,迫不得已张开了如樱桃般的小嘴。魏登说:「是不是胡说,待老子验过你的口活,便知晓了!」他微微抬起身,上身向前倾斜,将他那支巨大的肉棒,不由分说,狠狠地插进了穆桂英的嘴里。

             11、洞房花烛夜

  三更天,寒风阵阵。被毛毛细雨淋湿的衣服,贴在身体上,冷风一吹,愈发冻彻肌骨。曾杰不禁双臂抱胸,蜷缩起身体。他本来就矮小的身形,缩在屋顶的阴影中,几乎和黑夜融为一体。纵使楼下卫兵几番巡逻,也没有发现他这个梁上君子的存在。

  隔着一层屋顶的洞房里,却是一派火热。魏登骑在穆桂英的身上,用他下面粗壮硕大的肉棒,狠狠地捅着穆桂英的嘴。每一次插入,都深深地插进穆桂英的咽喉里,让穆桂英的喉咙高高地凸起。

  穆桂英像是快要窒息一般,手脚乱舞,拼命地在床上挣扎。她感觉自己的嗓子有种快要被撕裂的疼痛,不仅透不过气,而且还有种想要呕吐的欲望。她无法相信,如此粗大的肉棒,居然可以插入自己的喉咙那么深,让她羞耻痛苦地几乎要发疯。

  在屋顶的曾杰,都能听到从穆桂英咽喉深处发出来的「呜呜」的凄惨哀鸣。

  他忍不住想一跃而下,解救元帅于水火之中。但想到自己的使命,还是克制住了。

  营救,必须要想个万全之策,尤其是在这四处暗藏杀机的三江城里。他不由地怜悯起穆桂英来,如果她不是一个元帅,而是普通女子,又何必经受这样的人间摧残呢? 」元帅,您再忍一下,曾杰马上来救你了……」他暗暗地说。

  魏登见到穆桂英两眼直翻,像是快要被插死了一样,这才从她嘴里拔出了肉棒。此时,他的肉棒早已被穆桂英舔舐地干干净净,口水覆在上面,像是一层油亮光滑的膜。在龟头上,还有一丝黏稠的唾液拉成一条细长的线往下滴落。

  穆桂英依然被魏登压在身下,不停地咳嗽加呕吐。突然,从胃里涌上一股热流,穆桂英一张嘴,婚宴上喝下去的酒,此时全都吐了出来。透明的酒混合着她胃里的稠液,从她一边的脸颊流到床上,沾湿了一大片。

  如此的洞房花烛夜,穆桂英已经是第二次了。第一次她是和丈夫杨宗保,两个人深情绵绵,你侬我侬。这一次,却是被如此残暴地强迫口交。真是天渊之别。

  魏登从穆桂英的身上爬了下来,他得意地看着咳嗽不止的女元帅,说:「现在,就让我来玩玩你的小穴如何?」他的手朝着穆桂英的两腿间伸过去。

  穆桂英没有躲避,也没有反抗。如果终究逃不过被奸淫的命运,她宁愿选择自己的小穴受罪。更何况,不知什么原因,在刚才魏登极度的残暴中,她的下体竟泛起了潮湿。自从那天在牢房里,被魏珍和魏宝两个人下了春药之后,她身体就变得不由她控制了一般,时常会有和男人交媾的欲望。

  魏登的手指探进穆桂英的花蕊里,里面已是洪波横流。 「怎么?这么快就想要了么?」魏登挑逗着她,猥亵地说道。

  「唔唔……咳咳……不,不是……不是这样的……咳咳……」穆桂英咳嗽着,否认自己的失态。

  「那是怎么样的?」魏登说。他突然二指伸直,狠狠地插进穆桂英的小穴,直插到底,说:「是这样的么?」

  穆桂英的娇躯忽然振动了一下,失声叫了出来:「啊!不要!」

  「真的不要吗?」魏登假惺惺地问,一边加快了手上的抽插速度。

  「不!不!不!快停下来!」穆桂英连声尖叫,身体却没有抗拒,随着他抽插的速度不停颤抖起来。她赤裸的胴体,在被褥堆积的床上,陷得更深了。

  穆桂英的身体,结实而富有弹性,健美而充满诱惑,虽不似大家闺秀般端庄娴雅,玲珑有致的娇躯却无言得描绘着另一种力量与性感结合的完美视觉冲击。

  魏登的性火又被勾了起来,他把手指从女元帅的肉缝里拔了出来,带出一滩浑浊的白色液体。

  魏登如狼似虎地扑了上去。纵使已经不下数十次奸淫过她,但穆桂英的娇躯,对她来说还是无法抗拒。每一次与她交媾,都像第一次那样,充满了新奇和激情,仿佛她的身体,是永远也开掘不完的资源地。

  魏登的肉棒,毫无阻碍地插进了穆桂英的小穴里,开始横冲直撞起来。

  穆桂英「呜」的大叫起来,双腿微屈,十个脚趾紧紧地勾起,双手也在同时抓紧了身边的被褥。她抗拒地想要推开身上这个恶心的男人,但身体却没有这么做,只是迎合起他的抽动来。这几天,她似乎越来越需要男人的安慰,有时甚至难以抑制。狄龙、狄虎连续几个月对她下的春药,已使她病入膏肓,难道那天魏珍、魏宝的春药,唤醒三年前已经沉睡的药性吗?

  「啊哈!啊哈!啊哈!……」魏登发出兴奋的叫喊。他每插一次,都要发出如洪钟般嘹亮的吼声。

  穆桂英被插的连连叫苦:「嗯哼……嗯哼……嗯哼……」她似乎是承受不了如此巨大的快感,身体都来不及颤抖。她想让魏登停下来,好让她喘口气,再继续享受这愉悦。可又怕停下来后,就不会再开始了,那时空虚寂寞的痛苦,她又如何应付得来呢?

  「啊!唔唔……好舒服……」穆桂英逐渐接受了这快感,四肢伸展开来,尽可能大得分开自己的双腿,让对方巨大的肉棒尽情地往自己的小穴里面捅。

  魏登一边抽插不停,一边俯下身体,啃咬着穆桂英的乳房。

  尖利的牙齿啮着穆桂英娇嫩的乳房,有些生生作痛。她忍不住地呻吟起来,连忙用手去护住自己的乳房。不想早已肿胀的乳房,竟被她自己的手,摸出了快感。

  魏登的嘴放开了穆桂英的乳房,抓起她的双手,硬是把穆桂英的手按在她自己的胸前,上气不接下气地说:「对……摸自己……也很舒服吧……对……就这样摸……不要停……」

  这时的穆桂英,哪里还肯放手?她使劲地揉搓着自己的乳房,还恨不够用力。

  嘴上不停呻吟:「哦……不停……不停……你也不要停……好舒服啊……」

  洞房里,两人缠绵的呻吟,飘上屋顶,传入曾杰的耳中,直把这位好汉听得面红耳赤。他暗暗焦急,道:「元帅,你怎会如此……」在他的设想中,落进敌手的穆桂英,就算不能反抗,也应坚贞地大骂侵犯她的敌人。可谁知,竟会如此不堪……

  两人的耻骨相撞,发出令人羞耻地「啪!啪!啪!」清脆的响声。与他们的轻柔绵绵的呻吟,交织缠绕在一起,活似一幅活色添香的春宫图。曾杰的目光从瓦孔里移开,实在不忍再看到自己一向敬重的元帅被敌人如此凌辱的场面。

  房内,穆桂英的双腿盘在魏登的腰部,欲罢不能。她感觉自己已经飞升成仙,俗世的功名和荣耀都统统抛弃,只要两人可以一直这样欢愉下去,她宁可抛弃一切,哪怕是元帅的身份和家族的地位。她眼神迷离地大喊道:「哦……不……快啊……快啊……我受不了了……要泄了……」

  惹得魏登猛然了几下穆桂英的胯部,精液全部射了出来。从两人肌肤相亲的地方,一股混浊的液体从他们的皮肉缝隙里溢了出来,流淌到崭新的床单上。

  魏登感到浑身乏力。这几日,他一直在穆桂英娇美的胴体上发泄兽欲,几乎已经超过了他体能的极限。但他依然乐此不疲,十年的积怨和美色的诱惑,让他内心产生了一种奇怪的念头。他发誓,一定要彻底征服眼前的这个女人,让她死心塌地地跟着自己。

  魏登捧起穆桂英依然迷茫无助的脸,问道:「贱人,老子插得你爽吗?」他已经对曾经的上司没有了应有的敬畏之心,在他眼里,穆桂英就是一个可以随时让她发泄的工具而已。

  穆桂英还没有从高潮的欢愉中挣脱出来,吃吃地说:「爽……爽……桂英要舒服……还想要哦……」

  魏登突然掐住了穆桂英粉细的脖子,凶神恶煞地低吼道:「从今以后,你要自称贱妾!听到了没有?贱妾。你就是老子一个低贱的小妾!」

  穆桂英被他掐得两眼几乎翻白,双手赶紧扳住紧扼着自己喉咙的手臂,断断续续地说:「我……我知道了!不,贱妾,是贱妾知道了……」

  魏登这才送了手。穆桂英双手抚着被掐痛的咽喉,不停地咳嗽。

  这时,响起了一阵叩门声。

  魏登不快地问:「谁?」

  门外是个侍女的声音。她轻细地答道:「启禀大人,冯雨将军求见。」

  「不见!」魏登正在兴头上,不甘被打断,气冲冲地回道。

  「大人,冯将军称有十万火急的军情禀报,刻不容缓。」侍女说。

  魏登这才意犹未尽地从床上爬起来,披上衣服。嘴里暗骂:「好你个冯雨,真不识抬举,偏在这个找来。若无甚重要事情,看老子不把你宰了!」他低头看了看瘫倒在床上的穆桂英,她赤裸的胴体深深陷在厚厚的被褥中,是那么无助。

  魏登留了个心眼,暗忖:穆桂英向来神勇,如我此时离去,她要是闹腾起来,必会把我帅府挑得人仰马翻,不可收拾。虽然魏登已经多次奸淫了这名女元帅,但在他心底深处,还是深藏着对她的恐惧。为了保险起见,魏登想把她重新捆绑起来,但在屋子里找遍了,却寻不到一根绳子。只好取出一段迷迭香,用火折子点了。自己用袖子挡住鼻子,屏住呼吸,将一缕袅袅的青烟送入穆桂英的鼻中。

  穆桂英闻到一股悠然的香味,是如此的惬意,如此的怡然,让已经身心俱疲的她,很快进入了梦乡。

  魏登看着穆桂英的呼吸逐渐匀称起来,这才放心地走出了房门。

  屋顶上的曾杰,听着魏登沉重的脚步声逐渐远去,取出飞虎爪,勾住檐角,将绳子丢进屋内,然后揭开瓦片,露出一个足够他身体下去的洞来。他顺着绳子,「哧溜」一下,降在屋内。他蹲在原地,一双鼠目滴溜溜地转着,向四处张望。

  待确定了安全后,才站起身来。

  曾杰走到床边,穆桂英双目紧闭,神态安详。既无平素大元帅的威风,又无刚才浪妇般的疯狂,此时的她,如同一名尚在母体内的胎儿,于梦中使自己重归于平静。曾杰拾起地上的衣服,盖在穆桂英赤裸的娇躯上,唯恐二人以这样的场面相见尴尬。他推了推沉睡的穆桂英,轻轻叫道:「元帅,穆元帅,醒醒!」

  可是穆桂英依然如死了一般,毫无动静。

  曾杰心里焦急,翻开穆桂英的眼皮,见她瞳孔涣散,便知神智已不在她的体内了,应是中了迷迭香。他心里暗叫:「不好,穆元帅怕是一时半刻醒不过来了。

  可现在正是营救她的大好时机,如错过了,怕日后魏登会将她看得越发紧了,再无下手的机会了。」他连忙把穆桂英整个身体都翻了过来,也不再害怕忌讳,掐着她的穴位,给她推拿起来,一边低声祈祷:「元帅,快快醒来!」

  可纵是他再怎么推拿折腾,穆桂英依然没有回神的迹象。就在他一筹莫展的时候,房门突然「哗啦」一声被踢开了。魏登出现在门洞里。

  魏登醉眼朦胧,见到一个矬子正坐在穆桂英的身上,当即大怒:「何方来的贼子,居然敢私闯老子的洞房,猥亵老子的女人?」

  曾杰被魏登突然闯入吓了一跳,赶紧翻身从穆桂英的身上下来,拔出藏在腰间的兵器。

  魏登大怒,苦于手边没有兵器,不敢与他拼命,两人怒目对视。

  曾杰心里暗忖:此处乃是龙潭虎穴,杀机四伏,不可久留。如南唐军士得到消息,必定赶来。到时我便插翅也难飞了。他虚晃一刀,转身便要跑。

  魏登一个箭步上前,扯住了曾杰的衣角,怒喝道:「贼子,哪里走?」

  曾杰回手就是一刀。不想那魏登虽已大醉,但神志还算灵清,只见他将身子一矮,躲过了砍来的一刀,手中依然紧紧拉着曾杰的衣服。

  曾杰心里着急,甩手从袖子里掏出枣核镖,向魏登的下盘疾射而去。

  魏登猝不及防,被暗器打中了大腿根部。只见他「哎哟」一声惨叫,双手捂住裆部,污血从指缝间汩汩流出。他一瘸一拐地退出房门,边跑边大声叫喊:「来人呐!有刺客!」

  曾杰本想追出去结果了魏登的性命,但他已经听到了满院子有士兵奔跑的声音。想必守卫和巡逻的南唐卫士,听到了魏登的喊叫,正从四面八方赶来。能结果了魏登的性命,自然是好,但就怕到时耽搁了时间,营救元帅不成,自己反而身陷牢笼。他又回到房里,见到依然沉睡不醒的穆桂英,想到了方才她被魏登凌辱的场景,暗自道:「魏登小儿已被我打伤,我若留下元帅在这里,他们必将加倍折磨于她。不如我现在便就她脱离这虎穴。」想到这里,他走到床前,用衣衫将穆桂英的身体裹紧了,然后将她扛在肩上,抓住飞虎爪的绳子,「噌噌噌」几下爬上了屋顶。

  曾杰在屋顶放低身形。此时满院都已经亮起了火把,几股南唐侍卫如火龙般朝这边涌来。曾杰踩着屋顶的瓦片,绕到屋后。穆桂英的身材高大修长,比曾杰还高出一头。饶是他轻功过人,抗人奔跑,还是踩碎了几块瓦片。

  已经闻讯赶到屋里的南唐士兵,听到了上面的动静,喊道:「他们在上面,快上去捉人!」

  还没等他们爬上屋顶,曾杰早已挂好飞虎爪,顺着绳索降到了屋后。

  两名南唐士兵手握长矛,向曾杰刺来。曾杰毫不畏惧,侧身避过,手起两刀,将二人砍翻。他来不及收起飞虎爪,扛好穆桂英,避开人多的地方,几个起落,飞跃到拱月门洞前。他的身形,已经略显笨拙。这时,又有几名南唐士兵见到了曾杰,拿长枪向他刺来。

  曾杰又砍翻了两个,不敢恋战,撒腿而跑。南唐士兵的身手,都不及曾杰灵活,自然越追越远。曾杰一路腾挪躲闪,手里的钢刀上下翻飞,才杀出了一条血路。出了魏府,来不及辨明方向,就挑了条冷僻的巷子钻了进去。
Other chapters
Title & Chapter Author
穆桂英の南遠征(4.40-4.43)
穆桂英の南遠征(4.33-4.39)
穆桂英の南遠征(4.27-4.32)
穆桂英の南遠征(4.21-4.26)
穆桂英の南遠征(4.16-4.20)
穆桂英の南遠征(4.11-4.15)
穆桂英の南遠征(4.6-4.10)
穆桂英の南遠征(4.0-4.5)
穆桂英の南遠征(3.12-3.21)
穆桂英の南遠征(3.6-3.11)
Similar Novels
Title & Chapter Author
(123-124) zzsss1
(121-122) zzsss1
(119-120) zzsss1
(116-118) zzsss1
(1-124) zzsss1
(1-2)
(3-4)
(5-6)
(7-8)
(9-10)
(11)
(13)
(17)
(18)
(109-115)
(102-108)
(96-101)
(89-95)
(82-88)
(76-81)
Recommend Novels
Title & Chapter Author
穆桂英の南遠征(3.12-3.21)
穆桂英の南遠征(4.0-4.5)
穆桂英の南遠征(4.6-4.10)
穆桂英の南遠征(4.11-4.15)
穆桂英の南遠征(4.16-4.20)
穆桂英の南遠征(4.21-4.26)
穆桂英の南遠征(4.27-4.32)
穆桂英の南遠征(4.33-4.39)
穆桂英の南遠征(4.40-4.43)
裕福な王子様として生まれ変わる(001-010) 我自传我道