田舎のロマンス

3665Clicks 2020-10-01
第 69 章: 素晴らしい腹話術

「李静、もう大丈夫ですか?」 村長の李富貴はついに我慢できず、興奮した声で李静に尋ねました。

そしてリージンさんはちょうどブラと下着を脱いだところで、裸でベッドの前に立っていて、途方に暮れていました。お父さんに電話して振り向いてもらいたかったのですが、怖かったのです。お父さんは彼女を見ました。 「裸の体。彼には言わないでください。彼女はこのように裸で立っているのがとても恥ずかしかったです。父親が突然尋ねたとき、彼女の心は完全に動揺しました。彼女は緊張を抑えることができませんでした。彼は飛び跳ねました...

李静が反応しないのを見て、村長の李富貴はどうせすぐにそんなことをするだろう、だからもう仕方ないと思って、突然彼女の体を向き直させた。

「ああ!」 叫び声を上げて、リー・ジンはすぐに白くて丸い翡翠の腕を胸に巻き付け、胸にある2つのふっくらとした丸い白い乳房を覆いました。

同時に、もう一方の柔らかくて細い手は下半身の三角地帯を必死に覆いました。

彼女の美しい顔はパニックと内気でいっぱいで、アーモンド形の大きな目で父親を見つめていました。

村長の李富貴さんはすぐに唖然としました。彼は李静さんの純白の裸体をまっすぐに見つめました。目の前に裸で立っている彼女の肌が白くて繊細でした。翡翠のように滑らかで、跡形もありませんでした彼の体の傷のこと。

私は、彼女の翡翠の腕の 1 つが胸を囲む春の蓮根のように白くて柔らかかったこと、そしてもう 1 つの白くて柔らかな手のひらが彼女の下腹部の下の三角形の領域を覆っているのを見ました。彼女の 2 本の長くて均整が取れています。白い脚がとても魅力的でした!

そして、リー・ジンはパニックに陥り、アーモンド形の目をして自分を見つめていました。

彼はすぐに彼女に言いました:「リー...リージン、緊張しないで...」

彼女は父親の膝の上で全裸でした。私の目の前で、李静は緊張したり、パニックになったり、恥ずかしがったりしないでしょうか?

この瞬間、彼女の心は真っ白になり、心の中で「神様、私はどうしたらいいでしょうか?」と叫んでいました。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

なんて恥ずかしいことでしょう!

村長の李富貴も、李静の慌てふためいた表情を見て、このときの彼女の緊張と内気さを理解し、自分は父親であるだけでなく男でもあるのだから、当然そうしなければならないと思いました。はい、今、彼の娘が彼の前に裸で立っています。彼が率先しないなら、娘が主導権を握るべきでしょうか?

もちろん男性には責任がなければなりません。

村長の李富貴はこれを思いつき、急いで李静に向かって歩きました...

「ああ、お父さん、来ないでください!」 村長の李富貴はちょうど通り過ぎました彼が一歩踏み出すとすぐに、李静はすぐに彼を呼び止め、恐怖のあまり一歩後ずさりました。

「李静、怖がらないで、大丈夫だよ。ほら、お父さんも服を脱いだじゃないか?君ももう脱いだから大丈夫だよ?それに、お父さんはよくボックスに来ます。お父さんはまだ見たことがない女性の体はどんなものですか? だから、恥ずかしがらずにリラックスしようとします。女性の体はすべて同じではないですか? それに、自分の体を見せたことはありませんか? 「老黄?何でもないですよね?お父さんを老黄だと思ってください!そうすれば、気分が良くなるかもしれません!李静、冷静に考えてください、いいですか?」村のリーダーである李富貴は、李静を見るとまだ緊張して怖くなっています、彼は彼女についてすぐに話しましたが、彼の目は李静の体から離れることはありませんでした。

村長の李富貴の言葉を聞いた後、李静さんは突然冷静に考え、父親の言うことが正しいと感じました。女性の体にあるものはどれも同じではないでしょうか?

私の父はボックス内で多くの女性とプレーしてきました。そして、彼が最初にプレーしたのはワン・シャンでした。ユシャンはまだ 17 歳か 18 歳で、彼女は正真正銘の黄色の女の子でした​​。彼女はです。父親の前で緊張したり恥ずかしがったりすることはありません。彼女はもう若い女性です。緊張して恥ずかしがる必要がありますか?それに、私の体は多くの男たちに見られています。もうそれほどきれいではありません。それに、私はその後でした子どもが生まれると、授乳中の子どもを父親が見てしまうこともあるのではないでしょうか?

これの何がそんなに恥ずかしいのでしょうか?

このことを考えながら、李静は下唇を噛み、まず乳房を囲む翡翠の腕をゆっくりと下げると、突然、丸く豊満な雪のように白い乳房が二つ現れました。その乳房は村の前にさらされました。李富貴村長...

村長の李富貴さんは、李静さんが胸を覆う翡翠の腕を突然下ろしたのを見て、突然目が開き、彼女の胸をじっと見つめると、二人の雪が見えました。彼女の胸の白い乳房はふっくらと丸く、2つの赤黒い乳首は2つの白い峰の頂上に誇らしげに立っており、特に目を引くように見えました。

なんと、Li Jing の胸はとても美しいですか?

あの黄老人はとても幸運です!

李静の体の部分が美しく魅力的であればあるほど、村長の李富貴は嫉妬するでしょう。

李静の美しい顔はますます赤くなり、このとき、彼女の繊細で美しい顔は恥ずかしさでいっぱいでした。

恥ずかしさをこらえて下唇を噛んだ後、李静は彼女の真っ白なお腹の下の三角形の部分を覆っていた緑の柔らかい手のひらを取り上げました...

突然、私はすべてを感じました。わずかに盛り上がった丘の上には、逆三角形の濃く濃い陰毛が見えましたが、脚を組んで立っているため、脚の間の陰部は露出していませんでした。

村長の李富貴さんは、李静さんが下腹部の下の三角地帯を覆っていた手のひらを奪ったのを見て、すぐに胸から李静さんの下半身に目を移しました。黒くて豊かで、形は母親の周恵方に少し似ています。これは遺伝する可能性があります。

「李静、これは正しいですか?ははは!」娘がついに正直に話したのを見て、村長の李富貴は笑顔で娘に言いました。実際、彼もわざと微笑んでいました。 . そんな緊張した雰囲気を少しでもリラックスさせたい。

「お父さん、私はまだ心の中で怖い思いをしています。結局のところ、私たちは父と娘ですか?それとも...それとも忘れましょう...」李静は村長の李富貴に言いました。怖い声。

この時点では、父も娘もお互いに正直に話していましたが、李静は再び譲歩しました。

しかし、彼女の口調はまったく自信がなく、あたかも村長の李富貴と話し合っているかのようでした。

「李静、私たちの父と娘はすでに正直に話しているのに、なぜまだそんなことを言うのですか?お父さんを見てください、すべてがこのようです...」村長の李富貴はそう言って指をさした彼の股間に。

これを聞いた後、李静さんは本能的に父親の指に従い、心臓の鼓動ですぐに顔を赤らめました。彼女は、父親の股間のペニスがすでに非常に硬くなっており、棒全体に血管が浮き出ているのを見ました。 、巨大な亀頭は全体的にテカテカしていて、亀頭の上の小さな口には透明な液体がついていました。

「李静、お父さんはもう我慢できない、あなた…したくないの?」 この時、村長の李富貴は非常に興奮して李静に言いました。

李静さんは、もちろん心の中ではそう思っていましたが、彼が自分の父親であることを考慮に入れただけで、もし他の男だったら、彼女は欲望に燃えていたでしょう。

相手が父親だと分かったからか、精神に異常をきたしているのか、そこまで感情的ではなかった、股間の陰部はほんの少し湿っているだけだった. 普通なら溢れてしまうはずだ。

「李静、あなたは老黄がこのペニスを食べるのを手伝ったことがありますか?」このとき、村長の李富貴は興奮して李静に尋ねました。彼は結局のところ田舎の出身なので、これが村長のことです李富貴は言いました。失礼です!

そして、李静さんも田舎で育ち、村の男たちの下品な言葉をよく聞いていたので、村長の李富貴が「ディック」という言葉を言ったとき、彼女はこう言いました。彼は神経質にうなずき、小さな声で言いました:「はい、食べました!」

これを聞いた村長の李富貴は、突然説明のつかない強い嫉妬を感じました。 「リー・ジン、あなたもパパのチンポを食べたらどうですか?」

「私は...」 村長のリーの言葉を聞くと、リー・ジンの美しい顔はすぐに赤くなりました。フギはそう言い、そして躊躇し始めた。

だって、相手は父親なのですから、どうしてこんなに恥ずかしいことになるのでしょうか?

恥ずかしくないですか?

「リー・ジン、あなたはラオ・ファンのチンポを喜んで食べます。あなたにとって彼は誰ですか?彼が部外者であることを知っていますか?しかし、私はあなたの父親です。私はあなたをとても育てました。あなたは、 「それどころか、彼はお父さんのチンポを食べたくないのです。お父さんは心のバランスがとれると思いますか?」李静がラオファンの股間のチンポを食べることができると思ったが、自分のチンポを食べる気はなかったとき、彼は村長の李富貴さんはさらに動揺し、ますます興奮してきました。

李静さんも父親の言葉に当惑しました。

はい、あの黄老は私のものではありませんが、私は喜んで彼のチンポを食べます。そしてこのとき私の前に立っているのは私の父です。

私は彼のチンポを食べる気はありませんが、彼は精神的にバランスが取れるでしょうか?

このことを考えながら、李静さんは下唇を噛み、村長の李富貴さんのところへ歩き、雪のように白い体をしゃがみ、同時に心拍数は加速し続けた。

村長の李富貴は、李静がやって来て目の前にしゃがむのを見た。もちろん、彼はとても興奮して、股間のチンポがさらに硬くなった。このとき、どれほど興奮したかは言うまでもなく、と、興奮しすぎて、全身が震えてしまいました。

ああ!突然、村長李富貴の全身が制御不能で激しく震えました。

リー ジンの緑の柔らかい手の 1 つが突然彼の股間の大きなコックの上に置かれたことがわかりました。彼女の手のひらは白くて柔らかかったです。それが彼のコックの上に置かれたとき、彼はまるで自分がされているように感じました。感電死し、全身が制御不能に激しく震えた。

いやあ、とても暑くて大変です!

李静さんの緑の柔らかい手が村長の李富貴さんのチンポの上に置かれたとき、彼女の頭に最初に浮かんだのは、彼女の手のひらがとても熱くて硬いということでした。

それからリージンは柔らかい手でチンポを握り、数回撫で始めました...

「ああ... とても気持ちいいです.... 」 村長の李富貴さんはあまりの快適さに思わず叫んでしまった。

これを聞くと、李静さんの美しい顔が突然赤くなり、チンポを掴んで動かし始めましたが、同時に、父親のチンポがラオファンのチンポより硬いと感じました。

「ああ、ジン、お父さん、とても気持ちいい…」 村長の李富貴の股間にあるペニスは、娘の李ジンの白くて繊細な手で掴まれ、動かされていた。制御できない、と住人が叫んだ。

李静さんは父親がとても気持ち良いのを見て、チンポを握る手の平の動きが速くなり、もう一方の柔らかくて細い手を父親の股間に伸ばしてチンポを握りました。根元の下にある 2 つの卵のボールを優しくこねた...

「ああ...」 村長の李富貴さんは突然心地よくなって最初に叫びました、それと同時に彼の体全体が制御不能で数回激しく震えました。 。

李静さんは、父親のチンポが手のひらでからかわれてとても興奮しているのを見て、血管が浮き出たチンポの軸を一生懸命握って動かし、卵を 2 つ自分の中に持ちました。白く細い翡翠の指でこねると、亀頭の上の小さな口から時折白い透明な液体が出てきて、手のひらを動かすと、この透明な液体が運ばれてきました。すると手のひらについた液体でチンポ全体が濡れて、動かすと潤滑になる!

「ああ、とても気持ちいい…」 村長の李富貴さんはあまりの気持ちよさに思わず声を上げてしまいました。

李静さんは、父親がとても気持ちよさそうにしているのを見て、自分のこれまでの努力が無駄ではないと思い、父親をもっと楽にしてあげて、老黄とのバランスを整えたいと思いました。心理的には、そこで李静は突然その繊細で美しい顔を下げ、彼女が握っていたチンポに近づき、巨大な亀頭が彼女の二つの赤い唇からほんの一センチほど離れたところで、彼女は二つの赤い唇で口を開けました。巨大な亀頭を口の中に…

ああ!

村長の李富貴さんは突然興奮し、全身が抑えきれずに激しく震えました。

とても気持ちよかったので、亀頭はリージンの湿った口の中に収まりました。この気持ちよさは言葉では言い表すことができません。

リージンさんは父親の巨大な亀頭を口に含んだ後、深呼吸をしました。

ああ、村長の李富貴の亀頭が突然李静の口の中に取り込まれ、強く吸われて、彼は安心のあまり、全身が制御不能に激しく震えました。

李静は男性のチンポをよく食べるし、口腔技術も非常に優れています。亀頭を強く吸った後、すぐに口から吐き出し、それを伸ばします。柔らかい舌が亀頭を舐めます。少しだけ。

これで村長の李富貴さんは気持ち良くなり、全身が数回震えました。

リージンの舌はとても柔軟で軽く、舌先で竿全体を舐めると、竿全体が濡れて、リージンの唾液で覆われていました。

それから彼の舌は棒の本体に沿って亀の溝まで舐め、さらに亀の溝に沿って円を描くように舐めました。

村長の李富貴は多くの箱入り娘と遊んできましたが、どうしてその娘たちが李静のように彼のペニスを舐めることができるのでしょうか?

つまり、この時点で、彼のチンポはリー・ジンの舌で舐められることがますます心地よくなっていったのです。

普段は穏やかで上品な李静が腹話術がこれほど上手いとは思わなかったでしょうか?

リージンは舌でチンポ全体を舐めた後、口を開け、二つの赤い唇で巨大な亀頭を口の中に含みました。

このとき、彼女の柔らかくて細い手は片方の手で棒を握り、もう片方の柔らかくて細い手はバランスを保つために村長の李富貴さんの片方の太ももの上に置かれていました。

それから彼は巨大な亀頭を口に含み、飲み込み始めました。

「ああ…とても気持ち良い…」村長の李富貴さんの亀頭は、李静さんの柔らかく湿った口に掴まれて飲み込まれ、あまりの気持ち良さに制御できずに叫びました。

李静さんは亀頭を口に含んでしばらく飲み込んだ後、徐々に亀頭とペニスを一緒に持ち始め、飲み込み始めました。もちろん、村長の李富貴さんのペニスはとても太かったので、彼はチンポ全体を口に含んだため、飲み込むときに半分しか保持できませんでした。

しばらくすると、リージンの口にくわえられたチンポが濡れてきて、リージンの唾液で覆われていました。

リー・ジンは片手で棒を持ち、二つの赤い唇でチンポを持ち、激しく飲み込みました。チンポはますます濡れていき、時々リー・ジンの口の端から水が流れ出しました。唾液を少し取って下唇に垂らすと、一定量溜まると自動的に垂れ落ちて、非常に欲情した表情をしている。

そして、村長の李富貴のチンポは、李静の口に咥えられるとますます気持ちよくなっていきました。彼はとても興奮して、チンポはますます硬くなり、呼吸はますます荒くなりました。彼女は不安になりました。 、そして李静は自分の娘だったので、いつもより刺激を感じ、口に含んだまま飲み込んだら、射精してしまうほど飲み込まれてしまったかもしれません!

吸い込まれ、飲み込まれるのは非常に快適でしたが、それでも彼女は興奮した様子でリージンにこう言いました。「リージン、それだけだよ、そうしないとパパがあなたの口で吸い出されちゃうよ!」

p> 李静は今、物忘れをしていましたが、突然父親の言葉を聞いたとき、彼女はすぐにチンポを口に飲み込み、彼女の唇は濡れた唾液で覆われました。

そして彼は恥ずかしそうに村長の李富貴の前に立ちました!

先ほどのオーラルセックスの後、李静さんの体が反応し始めました。彼女は全身が熱くて不快に感じ、脚の間の空間が虚しくかゆみを感じ始め、膣も不快に感じました。 . さらに濡れてきました。

なんと、私は実際に父に対して身体的な反応を起こしてしまったのです!

本当に恥ずかしいです!

「ああ!お父さん…やめて…」李静は立ち上がると、突然彼女の白い裸体が村長の李富貴に抱きしめられた。

すぐに彼の顔は青ざめ、叫び声を上げました。

同時に、女性の本能的な反応により、彼女は必死にもがき、緑の柔らかい両手が村長の李富貴の胸にしっかりと押し付けられ、力強く前に進みました。

彼女の胸にある真っ白で丸い二つの乳房は、体がもがくたびに震え、時折村長李富貴の胸に触れた。

「李静、私たちは皆こんな感じです、お父さんに従うだけです!」 村のリーダー、李富貴は両腕で李静の白く滑らかな背中をしっかりと抱きしめながら、荒い息をつきました。

李静はしばらく苦労しただけで、その後苦労をやめました。村長の李富貴の言葉に彼女は少し唖然としたのかもしれません。そうです、彼女はすでに父親とそのような関係でした。もう苦労するポイントは?

とにかく、私は父親と​​近親相姦をしようとしています。

それに、お父さんに会いに来たので、さっき服を全部脱いでお父さんにフェラしてあげたんです。

そこで、李静さんはよく考えた結果、苦労するのをやめ、父親と同じようにすることにしました。

李静が突然もがくのをやめたのを見て、村長の李富貴は嬉しくて驚き、両腕で彼をしっかりと抱きしめました。突然、李静の体は完全に彼の前体に押し付けられ、彼の胸は二つのふっくらとした丸い白い胸も、李富貴村長の逞しい胸板にしっかりと押し付けられ、下腹部もしっかりと下腹部に押し付けられ、村長李富貴氏の股間の太い肉棒もそれに押し付けられていた。彼女の下腹部の下の三角形の部分の柔らかい陰毛が彼女のチンポをとても心地よく撫でているのを感じてください。

「李静、李静...」 このとき、村長の李富貴は李静の白い裸体をしっかりと腕に抱きしめ、興奮のあまり李静の名前を呼び続けました。 、そして同時に、彼の古い顔は李静の繊細で色白で美しい顔に押し付けられ、強くこすられました。

李静さんは目を閉じたままでした。なぜなら、父親の目をじっと見る勇気がなかったからです。そうしないと、とても恥ずかしい思いをするでしょう。

彼女は父親と近親相姦することをすでに決めていたので、まったく抵抗せず、少し無表情で表情を曇らせていました。父親の老いた顔が彼女の色白で美しい顔に強くこすれました。彼女は反対しませんでしたが、彼の顔に沿ってこすらせてください...

このとき、村のリーダーである李富貴は興奮して興奮していました.彼は李静の色白で優しい顔を勢いよくこすり、そして彼の2つの彼リー・ジンの滑らかな白い背中を手のひらでさすり、興奮を抑えることができずに心の中でつぶやいた。「リー・ジン、リー・ジン、お父さんがいなくて寂しい……とても会いたい……」

「お父さん…」村長の李富貴に裸で抱きしめられたら、もちろん李静は感情的になってしまうでしょう。父が興奮しているのを見て、彼女はそれを抑えることができませんでした。彼の感情を抑えながら、彼は裸の滑らかな翡翠の両腕を上げ、村長の李富貴の首にしっかりと巻き付けたが、彼は思わず「お父さん」と叫んだ。

村長の李富貴さんは、すぐに自分の首が滑らかな白い腕でしっかりと包まれているのを感じ、興奮のあまり李静さんの名前を叫ばずにはいられませんでした。

彼女の乳房は父親の逞しい胸板にしっかりと押し付けられ、太くて硬いチンポが下腹部に押し付けられました。李静さんの全身はすぐ​​に熱くなって不快に感じました、特に脚の間がそう感じました。彼女の体はすでに空っぽでむずむずしており、同時に膣から溢れ出ているのを感じました!

「うーん...」リー・ジンは突然喉の中で強い鳴き声を上げました。

村長の李富貴が突然、李静のセクシーな赤い唇で広い口を塞ぎ、必死に舌を彼女の口の中に押し込んだことが判明しました。

しかし、李静さんは父親の舌が口に入らないように、赤い二つの唇をしっかりと閉じました。首を振り、喉からうめき声を出しながら必死にもがきました。強い抗議があり、ビアンさんはシンさんは目を丸くして村長の李富貴さんを見つめた。

村のリーダーである李富貴は依然として李静の口の中に舌を強く押し込み、その目は懇願と切望を込めて李静を見つめていました。

父親の目に映る哀願と切望を見て、リー・ジンの心は和らぎ、赤い唇をわずかに開きました...

村長リー フグイがリー・ジンの赤みがようやく緩むのを見たとき、唇を開くと、彼の顔に驚きの表情が現れ、すぐに李静の口の中に舌を押し込みました。

同時に、李静の口の中に爽やかな香りを感じました。

舌が彼女の口の中を探り始めたとき...

口はほんの大きく、李静の口の中の柔らかくて香りのよい舌はすぐに李富貴の舌に捕らえられました。彼はすぐに彼女の甘い舌にしっかりと舌を巻き付けました。

彼女の舌が父親の舌と絡まると、李静さんの体は思わず震えました。

しかし、彼女はすぐに落ち着きましたが、同時に、父親との舌のキスがとても興奮するのを感じ、父と娘の近親相姦というタブーを考えると、異常に興奮したようで、それから彼女は自分を制御できなくなりました。彼女の舌は父親の舌にしっかりと絡みつき、お互いをかき混ぜ始めました...

第 70 章: 父と娘の情熱

このとき、素朴な小さな子供だけが見えました 部屋では、村長の李富貴と李静の父娘が裸でしっかりと抱き合っていました。

村長の李富貴さんは李静さんの白く滑らかな背中に腕を上下させた。

そして、李静の白く滑らかな丸い翡翠の腕も、村長李富貴の首にしっかりと巻き付けられ、父と娘の口はしっかりと閉じられ、二つの舌もしっかりと結ばれました。絡み合い、かき混ぜ合う。

そして、彼女の乳房は村長李富貴の逞しい胸板にぴったりと押し付けられ、横乳の隙間から雪のように白い二枚の乳肉が絞り出された。

そして、彼らの下腹部もしっかりと押し付けられ、李静の下腹部は硬くて太いチンポで圧迫されました。

李静さんは、全身がますます熱くなって不快になり、脚の間の蜜穴が溢れ出ているのを感じました。空虚感とかゆみが蜜穴から出続け、彼女は彼女は不快感を感じ、喉からうめき声を出し続けました。

このとき、二つの舌は活発に活動しており、死ぬまで離れないと誓って、李静の口から村長の李富貴の口へと絡みつき、さらに舌から舌を絡め合いました。村長の李富貴の口から李静へ、二人は口の中で円を描くように絡み合い、しばらくすると父と娘の口に唾液が現れましたが、今では誰の唾液なのか見分けることは不可能です。

このとき、村長の李富貴さんは、李静さんの白く滑らかなお尻に手のひらを動かし、激しく揉んだりつまんだりして、彼女のお尻が滑らかで繊細なだけでなく、弾力があることを感じました。丈夫でありながら柔らかく、なんとも言えない心地よさを感じます。

「うーん...」リージンは興奮して喉の中でうめき声を出し続け、同時に父親の強い胸で自分の胸が圧迫されるのを感じ、ますますしびれを感じました。媚薬のような作用が始まり、全身が熱くなり不快感を感じ、さらに敏感な部分であるお尻も父親の両手のひらで揉まれたりつねられたりして、さらに全身が不快になった。

この時、李静はすでに欲望に燃えていました。

彼女は全身が熱くて不快であると感じ、特に脚の間のデリケートな膣はすでに体液で満たされており、空虚でかゆみを感じたために全身の血が沸騰しました。

突然、李静さんの口が村長の李富貴さんの口から離れ、深呼吸した後、息を呑んで言いました。「寝よう……」

これを聞いた後、村長の李富貴さんの顔は突然驚きの表情を浮かべ、すぐに李静さんの真っ白で柔らかい体を放しました。

そして、李静の二本の白くて丸い翡翠の腕も、村長の李富貴の首から滑り落ちました。

それから彼女は父親の体から離れ、向きを変えてベッドに来て、それからベッドに乗って横になりました...

村長の李富貴がベッドに来たときベッドに横たわる白い裸体をまっすぐに見つめたとき、李静はすぐに恥ずかしそうに美しい目を閉じ、繊細で美しい顔を横に向け、同時に彼女は再び緊張し始めました、そして彼女の心臓の鼓動は不可解にも早くなった。

村長の李富貴さんはすぐにはベッドに登らず、ベッドの前に立って、ベッドの上の真っ白で魅力的な体をじっと見つめていました。これは私の娘です。ああ、幻想です。ついに現実になりました!

近々、娘と一緒に周公爵の儀式を執り行います!

このとき、村長の李富貴さんは内心とても複雑で、興奮し、興奮し、驚き、緊張し、同時に特別な刺激を感じていました。

ベッドに横たわる李静剛の裸の魅惑的な体を見て、村長李富貴はついに興奮に震える両手のひらを伸ばし、ゆっくりと李静剛に向かって伸ばしました。

突然、李静の全身が制御不能で激しく震えました。

突然彼女の胸にある白く柔らかな乳房に置かれたのは、村長の李富貴の手のひらでした。

村長の李富貴さんの手のひらが李静さんの白くて柔らかい胸に置かれるのは初めてで、胸がいかに豊かで丸く、滑らかで弾力があるかをすぐに感じました。

それから揉みが始まりました...

「うーん...」 敏感な胸が突然父親の手のひらで掴まれ、揉まれました。李静は痛みに息を呑むしかありませんでした。 。

しびれるような感覚が胸から体の隅々までたちまち広がりました。

リー・ジンの全身がさらに熱く、より不快に感じました...

村長のリー・フグイのもう一方の手のひらも、リー・ジンのもう一方の手の上に置かれていました。彼は胸を掴み、揉み始めた。

二つの乳房はふっくらと弾力があり、なんとも言えない気持ち良さで、手のひらにある柔らかい乳首と硬い乳首がとても気持ち良くなります!

父親の両掌で同時に二つの敏感な乳房を掴まれ、揉みくちゃにされると、李静さんの体の欲望はますます激しくなり、不快に感じてベッドの上で無意識に二本の足が動いてしまいました。 、彼女の蜜の穴からジュースが流れ出し続けました...

村長の李富貴は、ベッドの上で常に泳ぐ李静の細く均整のとれた白い二本の足を見て、すぐに李から手を動かしました。ジンの胸から翡翠の脚まで。彼のごつごつした掌は真っ白で滑らかな太ももを撫で、彼女の太ももが滑らかで繊細であることを感じ、それから彼は真っ白な太ももの内側をなぞりました。彼女の脚の間に触れました...

村長の李富貴の手のひらが李静の濡れたアソコに触れると、彼女の全身が激しく震えました。

同時に、彼女は息を呑んだ。

うわー、そんなに濡れてるんですか?

リー ジンも父親に対して非常に強い身体的反応を示していることがわかりました。

このことを知った村長の李富貴はさらに大胆になり、実際に李静の濡れたアソコに指を挿入し、突き始めました...

「うーん」はあ...」彼女の敏感な女性器が父親の指で突然出し入れされました。李静さんはあまりにも不快に感じ、うめき声​​を上げずにはいられませんでした。

村長の李富貴の指によって膣からの汁が絶え間なく送り出され、あっという間に彼の指、さらには手のひら全体が膣で覆われてしまいました。私の膣から流れ出る水はとても濡れていました。

「まあ…お父さん…もうやめて、とても不快です…早く来てください…」 この時、李静はすでに欲望に燃えていました。父親の指でマンコを触られるのがあまりに気持ち悪くて我慢できなくなったので、父親に来てほしいとお願いしました!

村長の李富貴さんは、それがほぼ終わったのを見て、李静さんの濡れたアソコから指を引き抜きましたが、手のひら全体が濡れていることに気づきました。

Li Jing のふしだらな女について考えると、彼女は本当にとてもセクシーです!

彼女はとても興奮していたので、ベッドに登るのが待ちきれず、両手を使ってリー ジンの 2 本の滑らかな白い太ももを広げました。突然、彼女の脚の間の膣全体が広がっているのが見えました。彼女の目の前にある李静さんの膣は非常に繊細でした。2 つの大きな陰唇は暗赤色で、細い毛で覆われていましたが、2 つの小陰唇は非常に短かったです。一部の女性のように膣の外に露出していませんでした。 . この膣は、男性のチンポによってほとんど貫かれたことがないことを示しています。

李静さんの夫はインポテンツに悩まされており、恋人の張沢林は役立たずなので、外で食事をするのはたまにだけです。

Li Jing の 2 つの小陰唇はまだ非常に短く、色はまだ非常に繊細です。

彼女の両太ももが父親によってこのように分けられ、彼女の膣全体が父親の目にさらされました。李静はすぐに恥ずかしそうに顔を赤らめ、すぐに彼女の繊細で美しい顔を動かしました。彼は美しい二つの目を閉じた。

同時に、彼女は父親が彼の股から大きなペニスを彼女の猫に挿入しようとしていることを知っていたので、ますます緊張しました!

浸透すると、すぐに父と娘の間の近親相姦になり、二度と変わることはありません!

それが彼女が再び緊張し始めた理由です。

しかし、彼女はすでに欲望で燃えていました。彼女の膣のかゆみは非常に強烈だったので、父親の大きなコックが膣に挿入されてかゆみを和らげました。 Li Jingは、父親が自分自身を挿入するのを防ぐという考えをあきらめます。

そして私は彼がすぐに私の蜂蜜の穴にそれを挿入することをまだ楽しみにしています!

村の首長李フーギは、リージンの2つの大きな白い足を広げた後、脚の間の濡れた柔らかい猫を見て、突然彼の股間のコックがさらに興奮しました。

それから彼は李ジンの足の間でお尻を熱心に動かし、両手で2本の大きな白い足を持ち上げ、そして彼女の白い太ももに腕を押して、彼女の2つの子牛をそれぞれ彼女の2つの腕に掛けました。それは彼女の尻全体を上向きに持ち上げ、彼女の膣をさらに露出させました。

この姿勢は、カップルの間で一般的に使用される姿勢でもあります!

li jingは反対しませんでしたが、彼女のかわいい顔は赤くて赤くなり、彼女の心はますます緊張しました。

父親の股間の間のコックが膣に挿入されている限り、父と娘の間の近親相姦の事実は決して消去されません!

村の首長李フーギが李ジンの2つの大きな白い足を持ち上げて腕に当てた後、彼の股間のコックは、リー・ジンの足の間の濡れた柔らかい猫を直接狙っていました。

この時点で、彼は興奮して興奮していました。彼が尻を前に押している限り、彼はすぐに女性の体を手に入れることができました!

彼は父と娘の間の近親相姦のために罪悪感を感じませんでしたが、代わりに興奮して刺激されました!

「ああ!」突然、リージンは痛みで叫び、彼女の全身が緊張しました。

同時に、両目から2本の涙が流れました。

村のチーフ・リー・フーギが突然彼のお尻を前に押したことが判明し、「プロップ」の音しかなく、股間の厚いコックが李ジンの繊細な膣に挿入されました!

突然、彼は彼のコックが膣の折り目と柔らかい肉にしっかりと包まれていると感じました。

とLi Jingは突然、熱くて太いコックが膣に挿入されたのを感じました。コックはすぐに膣を非常にいっぱいに伸ばしました。穴の中の雄鶏は彼の父でした。それから彼は父と娘の間の近親相姦が事実になったことに気づきました。同時に、2列の涙が彼の目から不本意に流れました!

現時点では、Li Fuguiは彼のコックをLi Jingの膣に挿入したばかりだった。彼はとても興奮して快適で、Li Jingの顔に2つの涙が見えなかった。あなたの尻を持ち上げて、猫に挿入されたコックの3分の2が引き出され、その後but部が上げられ、コックが再び猫に挿入されました...

「うーん...ええと...」村の指導者リー・フーギは引き出されて突き刺さり、李ジンはそっとうめきました。

同時に、彼はまた密かに顔を拭いた。

今は何も役に立たず、父と娘の間の近親相姦が事実になったので、父と娘の間で近親相姦によってもたらされたタブーの興奮を楽しむ時が来ました!

村のチーフ李フーギはbut部を動かし始め、リズミカルな方法で突き始めました。

突然、私は彼の股の上の雄鶏が彼の娘のリージンの繊細な猫に出入りするのを見ました。

とLi Jingの顔はいつも片側に向けられていました。彼女は本当に父親と向き合うことを敢えてしませんでした。

しかし、蜂蜜の穴は、父の傍観者の間にコックから挿入するのがますます快適でした。彼女は泣きたくなかったので、恥ずかしく思います。結局のところ、この男は彼女の父でした。 。だから彼女は恥の叫び声を抑えるためだけに下唇しか噛むことができなかった。

喉から低いパンティング音を作っただけです...

村の首長李フーギはますます快適になりました。 Li Jingの蜂蜜の穴の折り畳みと柔らかい肉は、常に彼の肉の棒にしっかりと包まれているので、良い運動です!

これは、彼女の蜂蜜の穴がまだ非常にしわが寄っていることを示しています。パッケージの女性のハニーポットとは異なり、他の人はゆるく、描かれたときにあまり感じません。

それで村の首長李フーギはますます活発になりました。私は彼のbut部が絶えず動いているのを見ました。肉の棒は彼のbut部と一緒に動き続けました。ハニーホールのサンシュイは絶えず挿入されており、リージンはますます快適になりつつあります。たぶん彼はベッドの音を恥ずかしく思わないことを恐れているので、この時点で彼女のエシャロットはしました彼女がいつ口で覆われていたかわからない!

そして彼女の眉はいつもきついです!

それがあまりにも耐えられない理由かもしれません。彼女はまだ彼女の顔に叫びを持っています。

村の将来の李フーギの突き刺しで、私は村の胸の2つの白い柔らかい胸がそれを上下に揺れているのを見ました。

そして彼の2つの目はすでに2つの白い柔らかい胸を揺らしているのをじっと見つめています!

彼の2つの手のひらだけに苦しんでいた2つの白い脚は自由ではありません!

したがって、中毒になることしかできません!

しかし、彼がそれを見たとき、彼は飲み込むのを助けることができませんでした。

"うーん...ああ...ああ..." Li Jingのハニーホールは、父親の厚い肉の棒でますます挿入されました。

はそれを助けることができないかもしれないので、私は喉に魅惑的な喘ぎを始めました。

しかし、彼女は喘ぐ音にも恥ずかしがり屋を感じました。

"li jing、快適ですか?快適なときに電話してください..."村のチーフ李フーギはbut部を動かして激しく引っ張り、李ジンがそれを見たので興奮して尋ねました。ジンは彼の手のひらで口を覆い、彼の顔の表情は痛みを伴い、泣いているように見え、うめき声​​は非常に低かった。

彼女に尋ねてください。

li Jingはもっと恥ずかしがり屋を聞いたが、村の頭であるLi Fuguiが口の横に顔をして、うめき声​​が低いとは言っていなかった。

村のチーフ・リー・フギュイはこの問題に気を散らさず、彼は必死にbut部を動かしました。 't。叫ぶ!

確かに、村のチーフ・リー・フギュイがお尻を素早く動かしたので、リー・ジンはそれがハニーホールでより快適であるだけでなく、ますます快適であると感じました。さて:「うーん...ええと...ええと...」

村のチーフ・リー・フギュイは興奮した後、突然3つの浅い方法で挿入しました。

このように、Li Jingはただうめき声を上げているわけではありません。3つの浅瀬の後、彼女が深くなったとき、彼女は「ああ」をコントロールすることができません。

これは彼女を異常に恥ずかしがり屋に感じさせ、とても快適に感じます。

村のチーフ・リー・フギュイは3つか4分間浅い方法で挿入されました。最後に、彼は2つの2つの雪の白い胸に耐えられなかったので、リージンの2つの白い足を置きました。 Li Jingの胸に2つの完全な胸を抱き、胸に2つの丸い胸を抱き、激しくこすり、お尻をきちんと突き刺します...

"ああ...ええと...ええと... ...「2人の敏感な胸が突然村の李フーギの首長に抱かれました。私は興奮から叫びました。

Li Jingの2つの胸は弾力性に満ちていると感じており、こねることはどれほど快適ではありません。

Li Jingmiの穴にあるSao Shuiは、肉の棒によって絶えず引き出されています。この時点で、父と娘の回心は濡れています。私の父、彼は彼の父です。どうして彼は彼に犯されるためにそんなに多くのサン・シュイを持つことができますか?

しかし、彼女はまったく知りませんでした。これは父と娘の近親相姦のタブーであるかもしれません。

ああ、私の神よ、とてもクールです、私は何をすべきですか?

da shuはかっこいいです!

どうしてこんなにクールになれますか?

この時点で、李ジンは彼女の心に叫んだ。彼女はまだ恥ずかしかった!

蜂蜜の穴の厚い肉の棒が絶えず挿入されており、胸のサクサク感がこねているので、Li Jingshuの涼しさは自分で制御できませんでした!

現時点では、Li Jingのエシャロットはまだ口に覆われていました。

制御が難しいと感じるかもしれないので、シートをしっかりと保持していたシートを保持していたシートをあきらめ、村の将軍の下腹部に到達しました。下腹部、彼のhoeに少し少ないペニスを挿入してみてください!

しかし、彼女の壊れやすい小さな手のひらで、彼女は村の首長ティ・フーギの激しい突き刺しに抵抗することができませんでした!

"うーん...ええと...とても快適...ええと...神...それはとてもクールです....ええと...

突然、彼女は少し素晴らしいと感じました!

実際、恥ずべきつぶやきは彼の父親によってつぶやきますか?

村のチーフ・リー・フギウイは、リー・ジンが最終的に自分でつぶやいたと聞いて、全身が自分自身につぶやきました。 Yangyang薬よりも、この時点で彼は必死に彼のお尻を吹き飛ばし、Li Jingの2つの胸を抱きしめて激しくこすりつけました......

、Li Jingmiはより硬くて強い肉の周りに飛び散りました突き刺したスティック!

そして彼女は蜂蜜の穴の喜びにつぶやき、それをコントロールできませんでした:「ああ...神...とても快適... ....それはとてもクールです...お父さん...あなたは素晴らしいです...ああ...私は他の人と出会った...子宮。......神...それはクールです...」

そして、恥ずべき殺人の声、李ジングリアン自身がこのように予想外に?

ヒスイの顔が突然紅潮しました。

村の首長李フーグイは、彼の古い生活の挿入をした李ジンの魅惑的なつぶやきに甘やかされていました...

村の首長李フギは少し肉体的に感じました。彼の年齢はここに置かれ、彼はちょうど今178または8分間挿入されていました。

"ああ...ああ...お父さん...私はとてもかっこいい...出てきたい... ....ああ...急いで... 「突然、リージンは興奮して叫びました。彼女のハニーホールの喜びがある程度蓄積され、すぐにリリースされるので、リリースがリリースされたので、私は興奮して叫びました。 、彼女がオルガスムだったとき、彼女の頭にちょっと喜びを持っていました!

は、相手が彼女の父親であることを忘れており、彼女は恥ずかしがり屋を忘れていたので、彼女はそれをコントロールできませんでした。

村の李フーギーの首長が少し体力を感じていたとき、彼は突然娘のリー・ジンの興奮が叫ぶのを聞き、突然バイアグラと一緒に出されたかのように興奮しました。私はすぐに古いものを突き始めました人生...

私は肉の棒が李ジンの濡れた蜂蜜の穴に挿入されているのを見ました...

蜂蜜穴のsao shuiは堤防のように挿入されました、そして、Li Jingの二重ストックの下のシートは、まるでLi Jingが姿を消したかのように大きな部分を濡らしていました。

現時点では、Li Jingはすでにクライマックスの端にいます。ハニーホールの喜びは密接に続いています。下腹部の喜びの喜びはより強く、強くなっています。クライマックス "ええ...ああ...それはとてもクールです...それは出かけています...ああ...神...神... ...それは出ています...それはクールです死...」Li Jingの興奮により、突然、彼女の全身が暴力的な震えるノンストップを制御できませんでした。

同時に、温水が彼女の蜂蜜の穴から出てきました、そしてそれはクライマックスでした!

村のチーフ・リー・フギュイは突然、Li Jingの全身が激しく震えているのを見ました。古い経験で、彼は逃げる前にLi Jingのハニーホールから肉の棒をすぐに引き出しました。

蜂蜜の穴に注がれた温水が浸した場合、すぐに制御することができません!

したがって、生ingerはまだ古く、村の責任者はまだ古い経験を持っています!

しかし、彼の体力はもはや支えられませんでした。全身がLi JingのJadeの体に柔らかくなると、彼の胸はLi Jingの二重胸をしっかりと絞りました。

li Jingがクライマックスにいるので、彼女は村の首長李フーギの首の首の首長の周りに2本の白と丸いジェイドの腕をしっかりと持ち上げずにはいられずにはいられません...

第71章:カオスロンドンはしばしば

村の首長李フーギの全身が李ジンのジェイドボディにしっかりと圧迫されており、リージンの二重胸は2人の間の隙間から圧迫された絞りました。そして、2つの白い胸がそれらから膨らんでいました。

そして、彼の首は2本の白く滑らかなjaの腕でしっかりと巻き付けられました。2本の滑らかなjaの腕は、冬に首に囲まれたミンクの髪のように潤滑され、快適でした。

クライマックスの後、リー・ジンリアオの顔が紅潮し、彼女は喘ぎました。2つの白く滑らかなジェイドの腕が村の首長ティ・フギの首にしっかりと巻き付けられました!

2種類または3種類の太ももの後、彼女は回復し、突然、彼女の2匹のjadが父親の首にしっかりと巻かれていることに気づきました。私のハニーポットが圧倒されていることもわかりました。彼の肉は緊急時に貼り付けられ、彼は外で射精するかもしれません!

今日は彼自身の安全期間ですが、中に撃つのに問題がない場合、彼女はまだ心の中で父親に非常に感謝しています。あなた自身の体で撃ち!

実際には、李ジンは父親が撃っていないことを知りませんでしたが、緊急時に肉の棒を引き出しました。快適な水の浸漬は浸しました。ショットアウト。

彼は娘とこの種の近親相姦を終わらせたくないので、彼は彼に無制限の刺激をもたらします!

だから、肉の棒が彼女の蜂蜜の穴から引き出された理由です!

彼はリージンのヒスイボディにしか落ちませんでしたが、彼は一気に20分間突き刺していて、彼の手足は少し疲れていて、彼は疲れすぎました!

彼が少し休む限り、彼は非常にうまく回復し、それはリアンシャンの良い男のようなものです!

「お父さん、降りてきてくれませんか?」Li Jingqiaoの顔が紅潮し、恥ずかしくささやき、首から2本の白く滑らかなjaの腕を抱きしめました。

村のチーフ・リー・フーギは李ジンのジェイドの体を聴きました。この時点で、彼の体力は回復しました。 p>

"um。"それが李ジンが恥ずかしがり屋だと感じた理由だったのかもしれませんが、喉に反応しました。

Li Jingの恥ずかしがり屋の見た目を見て、彼はまた快適に認めたので、村の将来のLi Fuguiはすぐに不可解に興奮し、Hoeの肉の棒は非常に硬くて硬くなりました。

「ああ?お父さん...あなたはまだ...」李ジンは突然、村の首長リー・フギュイの間の肉の棒がまだ硬いストラングであることに気付きました。驚き。

同時に、Xingyanは彼のHoeの太い肉の棒を見つめました!

"li jing、お父さんは今それを撃たなかったのですか?ねえ!

「ああ、お父さん、あなた...どうしてそんなに驚くべきことができますか?」この時点で、リージンは彼女のお父さんが強力であることを認めなければなりませんでした。

「私...私は知りません!」

「お父さん、それから私の母は彼女にあなたの冷たさのために私によく私に話しかけました。何が起こっているのですか?私の母は私に嘘をついたのですか?」 huifangは彼女に嘘をついた。

"li jing、あなたの母親はあなたに嘘をついていませんでした、それは年上の女性に興味がなかったのはお父さんでした。私があなたの母親を見るたびに私はそれに興味がなかったので、私の父の男は反応はまったくありませんが、お父さんが若い女性に会う限り、この男はひどいです!

"お父さん、こんな感じだ!母があなたが彼女についてとても寒いと言ったのも不思議ではありませんか?」 !

現時点では、彼女は心理学的心理学が若者に強い反応を示し、年配者が父親に継承されたかどうかを疑い始めました!

"ええと、お父さんはユシャンと良いです。もしユシャンなら、子供があなたのようで、高齢者のように...」

村の村の首長ティ・フーグイとの情熱的なドラマの後、彼は以前ほど恥ずかしがり屋ではありませんでした。彼は彼の前で裸で、恥ずかしさを感じませんでした。

とにかく、彼の体は彼に見られており、彼は彼に触れられました。彼はちょうど今彼と戦っただけです!

"お父さん、実際、私は老人が好きなので、私もユシャンも理解しています!」

"li jing、お父さんもできますか?

「私はあなたを理解していません、私は夜に戻ってきません...」Li Jingは、彼がそれを聞いたとき、村のLi Fuguiの首長に恥ずかしそうに言いました。

< /p> "ああ!"村の首長李フーガイは喜んで微笑んだ、そして李ジンに言った、「李ジン、私たちは頻繁に一緒にいることができますか?」

< /p>発見されていない、私もあなたと一緒にいることをいとわない!」李ジンは村の将来の李fuguiの首長を聞いて、彼に恥ずかしそうに言った。

村のチーフ・リー・フーギは手を伸ばして二重胸に触れました。

  「啊呀,不要这样子嘛......」顿时就把李静给给惹的边扭动了一下她的娇躯,边娇嗔的道。

"li jing、私たちは来ることができますか?"村のチーフ・リー・フーギは、リー・ジンジャオの登場を見ました。

それで、私もLi Jingに尋ねました。

"ええと。

村のチーフ・リー・フーギは、リー・ジンが同意し、すぐに彼女に興奮して言った。 >

li Jingは話しませんでしたが、絶妙で美しい顔はますます赤くなり、静かに裸の白い体を回してから2人を閉じました。白いbut部も積極的に育てられています...

私はリージンのbut部、特に2つの雪のオナラの間の底なしのオナラが非常に魅力的に見えます!

li Jingのひざまずいた姿勢と2つの魅惑的なお尻で、村の首長李フーギは全身を作り、すぐに彼のお尻をLi Jingのお尻に動かし、Li Jingの2つの雪に2つの手のひらを置きました - 白くて滑らかで繊細でだますように触れました。私は、Li Jingのbut部が滑りやすく、美しいヒスイに触れるような脂っこいと感じました!

しかし、Meiyuは難しいですが、Li Jingのお尻は弾力性があり、Meyuよりも数倍快適に感じます。

li Jingのお尻は彼女の敏感な部分です。女性には敏感な部分がたくさんあるため、敏感な部分も異なります。このように彼女のお尻をstrokeでたったので、彼女は強い反応があり、全身が彼女の体に不快でした。真ん中のプライバシーは再び濡れており、同時に空になり始めました。

しかし、お父さんに彼女のお尻に触れるようにベッドに横たわっているので、彼女はまだ恥ずかしがり屋に感じました!

彼女はベッドの上に彼女の2つの白く滑らかなjaの腕に彼女の繊細で美しい顔を埋めました。

これは彼女の腰もさらに傾いています...

村の首長李fuguiの手はまだ雪のような腰にstrokeしています。一枚の雪の白いお尻!

私は手をかき回してstrokいました...

li jingの敏感なお尻は、村のチーフ・リー・フーギーによってますます不快になっています。それが彼女がいた理由かもしれませんあまりにも不快です。私は彼女が時々彼女のお尻を揺さぶるのを見ました、そして、彼女がそれを避けているのか、それとも魅惑的な村の首長李・フギーだったのかわかりませんでしたか?

「ええ...しないで...」突然、リー・ジンは叫んだ。

村の李フーグイは、リージンの2つの葉の雪のオナラを突然開け、すぐに密着している深いオナラを見たことがわかりました。深い溝が露出しました。彼女の嫌いな人はとてもきれいで、色はまだ赤く、非常に繊細に見えました。尻4の小さなしわは、咲く赤い菊のようなものでした。

もちろん、リージンは彼のおならの溝が彼女のお父さんによって開かれたことを知っていました、そして、彼のオナラの溝で最も恥ずかしがり屋の嫌いな人は彼の父の目に完全にさらされていました、そして彼は恥ずかしがりました。恥ずかしがり屋の口調で、「お父さん、見ない、恥ずかしがり屋!」

"li jing、あなたの小さな嫌いな人は、女性とは異なり、暗い黒です!」村のチーフ・リー・フーギは興奮したトーンでリー・ジンに語った。

li Jingは、彼がそれを聞いたとき、さらに恥ずかしがり屋だと感じたので、彼は彼女の白く滑らかなjaの腕に顔をしっかりと埋めました。

は話すようなものではありません。なぜなら、彼が言ったほど、村の首長ティ・フーギは、彼女を恥ずかしく思うより多くの言葉を話すからです。

しかし、リージンは再び彼を誘発しましたが、彼はリージンを引き起こしました。

"ああ...そこに触れないでください..."嫌いな人も女性の体の最も敏感な部分であり、嫌いな人は最も恥ずかしがり屋の部分なので、私は長い間村でしたLi Fuguiの指が触れたとき、Li Jingの体は電動のタッチのように震えているように見えました。

私は思わず叫んだ。

li jingyue、村の首長李フーギは、よりエキサイティングで興奮し、すぐにリージンの小さなお尻で指で遊び始めました。

私は彼の指がしわのある小さなしわにそっとそれをこすり込んで、乾燥して収stringしていると感じたので、私は彼自身の口で私の指を格納して唾液で濡れた後、李ジンの尻の溝に繊細な嫌いな人を戻す前に唾液を濡らしましたそしてそれを削って...

この嫌いな人のかゆみは、指をそっとこすりました。 「お父さん、しないで...遊んではいけません...かゆみです... ...ああ...しないで...」とても快適でエキサイティングな...」彼は耳を傾けたとき、彼はリージンに笑顔で言った。

「神、お父さん、まだ快適ですか?

「ああ、李ジン?」

「何が悪いの?」

"Li Jing、お父さんはあなたの嫌いな人を作っていますが、どうしてそんなに多くの水が流れるのでしょうか?」

ああ!

liジンは、彼がそれを聞いたとき、恥ずかしがり屋だったときに無力感を感じました。死んだお父さんもこのような言葉を尋ねました。

はちみつの穴の中で水から流れ出ることはできませんか?

突然、村の首長李フギュイに、「言わないで、大丈夫、もう遊んでいない、人々は不快です...」

"li jing、あなたはそこで不快です」村のチーフ・リー・フーギは機会をつかみ、故意に彼女に尋ねました。これは男性にとってよくある問題かもしれません。セックスをするとき、彼らは女性が彼を刺激するためにいくつかの悲しみを言うことができることを望んでいます。

「ああ、どうして私は恥ずかしいと感じることができますか!お父さん、尋ねないでください、あなたは不快です!」李ジンは村のチーフ・リー・フーギーに恥ずかしがり屋で収stringすると言いました。

"li jing、お父さんがあなたがそこで不快であることを知っているとは言えませんか?お父さんは正しい薬をすると言いましたか?あなたはそれを言いますか?」 。

「人々...他の人のくすぐり...」リー・ジンはついに恥ずかしそうに言った。彼女は実際に刺激された。それは他の人ではなく彼女のお父さんに震えたので、彼女は感じた父と娘の近親相姦が無制限の興奮と興奮をもたらしたので、恥ずかしがり屋でエキサイティングです。

村のチーフ・リー・フーギは、父親について話している娘の李・ジンを見て、突然刺激的な全身に震えました。

hoeの間のコックはさらに困難です。

"お父さん、人々は言った、なぜ止まらないの?彼に言った。

「やらないで、やらないでください!」村のチーフ・リー・フーギは聞いた後、すぐにリー・ジンに語りました。 。

彼は体を調整し、Li Jingのお尻の後ろにひざまずきました。

次に、Li Jingの雪のオナラに片手を握り、片方の腰の根を片手に握り、buttocksを前に刺します。静かな蜂蜜の穴に...

"AH ..." Li Jingは突然眉をひそめて叫びました。蜂蜜の穴が突然厚くて硬い肉のスティックが挿入されたため、すぐに蜂蜜の穴に非常にいっぱいになり、同時に蜂蜜の穴を不本意に締めました。蜂蜜の穴のしわと柔らかい肉は、この犯罪肉の棒馬をしっかりと包みました。

村のチーフ・リー・フギュイの肉の棒は、リー・ジンミの折り目と柔らかい肉によってしっかりと包まれ、シュ・シュアンが助けられなかったことに突然叫ばれました:「ああ、とてもクール....。 "

"お父さん、あなたは速いですか?ハニーホールそれは、肉の棒に依存してこすり続けるのに最適な抗尿効果です。

村のチーフ・リー・フギュイの肉の棒は、リー・ジンの蜂蜜の穴の中の折りたたみ式の肉に包まれています。これを感じて前例のない快適な感覚を感じています。

shu shuangから目を覚まします。

私はすぐに私のbut部を動かし始めました...

"うーん...ええと...ええと... ..."前のように恥ずかしがり屋で、実際に魅惑的なうめき声を上げました。

村の首長李フーギは、李ジンの2つの雪の白で滑らかなお尻を両手で保持し、but部を動かして突き上げ始めました...

彼のhoeの肉の棒は、Li Jingのダブルストックの間の蜂蜜の穴に出入りし続けました...

"HMM ......ええと...うーん..." Li Jing Kneelingベッドの上で、片側を2つの白と丸いだます腕の上に彼女のクロスディスクの周りに置き、彼女の白いbut部が盛り上がりました。口の中で制御することはできません...

sui村の大きな肉の棒は、リージンのハニーホールに常に突き刺さっていました。また。

"平手打ち、平手打ち、平手打ち"村長李フーギの下腹部の下腹部は、リージンの2つの白く柔らかい腰の音に当たりました。

「まあ、神様、とても快適です、ああ、彼女はクールです...」

現時点では、彼女のハニーポットは、村の首長李フーギの間の肉の棒か​​らますます快適に挿入できました。

彼がLi Jingの魂のような殺人の声を聞いたとき、彼は村の将来のLi Fuguiを全身を沸騰させました。終わりです!

「ああ...神...私は出会った...とてもクール...ええと...」肉の棒が挿入されるたびに、亀頭は蜂蜜の穴の最も深い子宮口に触れることができます。無限に快適に感じます。

この時点で、彼女はこれが近親相姦の父と娘であることを忘れていました。これは、彼女のお尻にひざまずいて肉の棒を強大な蜂蜜の穴に挿入する父親ではありませんでした!

彼女はこの時点で心に慰めと喜びしかなかったからです。

他のすべてが取り残されています。

村のチーフ・リー・フギュイはbut部を必死に動かし、同時にジャンクションを見下ろし、ハンドオーバーの上端にある繊細で魅惑的な菊だけを見下ろし、ハンドオーバーはすでに濡れていました。 、ペニスが引き出されると、蜂蜜の穴の周りの薄い肉も判明し、ペニスが挿入されると、これらの薄い肉が再び詰め込まれました。そして、スラストの動きが加速されました。肉の棒が再び蜂蜜の穴に挿入されているのを見ました...

"ええ、ああ、それは大丈夫ではないので、それは出てきます...ああ、私の神...」約7〜8分後、私は突然、リージンの興奮が叫ぶのを聞きました。

村のチーフ・リー・フギュイは、リー・ジンがクライマックスにしようとしていることを知っていたので、彼女は彼女がより快適にクライマックスに到達することを望んだので、彼女は必死に彼女のお尻を動かして、李ジンに尋ねました:あなたの中に? "

..かっこいい...お父さん...急いで...急いで... ...ええ...それはかっこいい...私は出てきようとしている...

  村长李富贵见可以内射,当时就越发兴奋了起来,因为每个男人都想内射的,除非是个傻子!

  所以他高兴的又拼着老命的挻动着屁股狠狠的抽插了起来。

  「啊,天呐,不行了,好爽,要出来了,天呐,爽死我了,啊,不行了,出,出来了......」随着李静兴奋的喊叫声,只见她突然全身突然一阵抽搐,随着一股温热的骚水从她的蜜穴中涌了出来。

  村长李富贵这次没有把肉棒从李静的蜜穴中拔出来,因为他毕竟已经这么大的年龄了,让李静达到两次高潮已经是很不容易了,就是有些年轻人也不能让女人达到两次高潮呢!

  所以到最后的那几下抽插,他就感到小腹一热,尿意也越来越强烈了,也快要射出来了,突然感到蜜穴中涌出来一股温热的骚水,把他的插在蜜穴中的肉棒给浸泡的一舒服,就再也忍不住了,精门一开,就像崩开的水龙头似,一股白色的精液从龟头中喷射出来,全部内射在李静的蜜穴中......

  父女俩同时达到高潮,一个娇喘吁吁,一个喘着急促着粗气......

  大概只休息了一两分后,村长李富贵就把已经没有抽插能力的鸡巴从李静的蜜穴中拔了出来,顿时只见一股白色的精液就从她的蜜穴慢慢的渗了出来,看上去极其淫靡......

  父女俩清理了下体后,就躺在床上休息着!

  只见村长李富贵这时昂躺在床上,而李静全身赤裸裸的侧身依偎在她老爸的怀中!

彼女の全身の肌は雪よりも白く、滑らかで繊細で、傷など一つもありませんでした。

  胸部的两只乳高耸圆挻的丰膄乳房紧紧的挤压在村长李富贵的侧胸上,而她那张精致美艳而白皙的玉脸贴在村长李富贵肩膀及侧胸上,一条如春藕般白嫩的圆滑玉手搭在村长李富贵的胸脯上,洁白光滑又细腻的小腹也紧张贴在村长李富贵胯骨上,一条修长匀称的大白腿已弯曲着搭在村长李富贵的双腿上。

  而村长李富贵枕住李静的那条手臂的手掌搭在李静那洁白光滑的后背肌肤上轻轻的抚摸着,另一只手掌搭在李静雪白细腻而富有光泽和弹性的屁股上抚摸着......

  「李静,刚才舒服吗?」村长李富贵边摸着李静那光滑细腻的皮肤,边问李静。

  「嗯,舒服,爸,没想你比老黄还厉害呢。」李静真的没想到自己的老爸会是这样的厉害,居然把自己给弄出两次高潮。

  第七十二章:拉下水

  「李静,爸跟你商量个事呗!」村长李富贵搂着全身赤裸裸的女儿李静的雪白柔软的诱人胴体,突然想起来对李静说。

  「嗯,爸,你说,什么事?」躺在村长李富贵怀中的李静听了问他。

  「李静,以后你能不能别再找老黄玩了,好不好?」一想起老黄,村长李富贵内心的醋意就会在莫名的在翻滚着。

  所以他不想李静再找老黄了。

  「为什么啊?」李静问道。

  「因为你和老黄在一起,爸内心就会有醋意的!」村长李富贵也不隐瞒的对李静说。

  「咯咯......」李静听了忍不住的娇笑起来。

  「李静,你笑什么呀?」村长李富贵被李静突然的娇笑声给整懵了,就连问她。

  「爸,你吃什么醋啊?我又不是你的老婆妻子!咯咯......」李静娇笑着对村长李富贵说。

  「这......」村长李富贵听了就说不话来了。

  「再说你还是老黄介绍给我的呢,你怎么就挖他的墙脚了呢?」李静说着。

  「我......」村长李富贵又无言以对了。

  「我和老黄可以在外面光明正大的,但是我和你只能偷偷摸摸的,是不是啊?」李静对村长李富贵说。

  「这......」村长李富贵又被说的无言了,然后整个人都发愣了。

  「爸,你也别难过,只你答应我,你以后不要再去包厢找小姐玩了,我也不会主动的再去找老黄了,你想我的时候,我就过来陪你,再说这里真的比别的什么地方都安全!」李静见村长李富贵发愣是样子,就连忙又把话说回来了。

  村长李富贵听了顿时就开心了起来,但是嘴上又对李静说:「那你这么说,只要老黄主动找你,你还是要跟玩的?」

  「爸,老黄人真的是很不错的,对我也特别好,人总是要讲感情的,总不能一下子就把他一脚给踹了吧,再说他现在有我的朋友谷玉霞了,我想他也不会找我了,对了,他不是把我介绍给你了吗?应该不会再找我了!」李静说着突然想起又对村长李富贵说。

  「嗯,你说的也有道理哦,呵呵!」村长李富贵听了李静话,才开心的笑着对李静说。

  「行啦,我也要回去了!」李静说着就从村长李富贵的怀中挣脱了出来。

  村长李富贵有些依依不舍的放开李静的身体。

  然后也跟下了床。

  李静把衣服穿上后,再穿上大衣,然想伸手捋了捋她的披肩长发,就拿起她的挎包走出村长李富贵的小房间。

  而村长李富贵也已经穿好了衣服,就紧跟着走出了小房间,然后一起来村办公楼的一楼大门边,村长李富贵就拿出钥匙先把两扇玻璃大门上的那条铁炼上锁打开,再用另一把钥匙开了卷拉门的上锁,把卷拉门拉了上去后就转身对李静说:「李静,你先在这里呆一会,爸先出去看看!」

  村长李富贵说着就走出了卷拉门,然后在前大院里东望西瞧一下后,见连一个鬼影也没有后,就往大院的前大门走去,可能是村里的条件有限,所以大院的大门一直没有安装,所以就是直通外面大路的!

  此时村长李富贵也有想法,看来过两天要把这大门也要安装上了,这样就更保险了!

  来到大门外面的大路又看了看,见没有人,就放心的回到里面的办公楼大门口对李静说:「李静,外面一个人也没有,很安全,你可以出去了!」

  李静听了村长李富贵的话后,才从里面走了出来,边对村长李富贵说:「爸,那我先走了,你记得明天一定要被褥拿出来晒太阳,过几天我再来帮你把被褥给洗了!」

  「知道了,路上你小心点,爸就不送你了!你慢走!」村长李富贵边能李静说,两只眼睛边紧紧着李静的倩影消失在大门外后,才转身进入了办公楼的大门内,后把卷拉门拉了下来......

  再说小雷,昨天下午把妈妈胡秀英吊在自家的地下室里玩过后,今天在办公室里可以说神清气爽,想着以后的日子一定会充实了激情,所以在办公室里工作起来也是非常的顺手,这一天他一直在电脑上学习工程知识,到了晚上下班回家在吃晚饭的时候,胡秀英就对她说:「小雷,白雪搬带着孩子搬回市住,都这么久了,你才在她那里才呆过一晚,这也有些太不像话了,今晚你就去市里陪陪她吧!」

  胡秀英可能昨天下午被吊在地下室里刺激的都不知道到了多少次高潮,蜜穴中的水都流干了,需要休息几天才会恢复过来,所以才叫小雷今晚去市里陪沉白雪。

  小雷听了想想也对,沉白雪搬回市里已这么久了,自己才在那睡过一夜,正想开口说话,就听见小彩在说他了:「二哥,妈说对,二嫂都搬市里这么久了,你也要去好好关心她一下了,别整天想着某些事!」

  很明显,小彩话中的意思是说小雷每天想着妈妈胡秀英,而把她最崇拜是二嫂给忘记了。

  听了小彩的话,胡秀英和小雷的脸都不由自主的红了一下,然后母子俩却很默契的对望一眼,但很快他们的眼神又分开了,因为怕被小彩看到了。

  「知道了,小彩,我吃完饭就去市里!」小雷避开胡秀英的眼神后就小彩说。

  「早应该要去了!」小彩边白了小雷一眼,边翘起小嘴巴说了一句。

  吃完饭,小雷就拿起车钥匙离开了家门,来到一楼大门外村里唯一条的对大路上,因为他每天的车都停在自己房子的前面,除了他自己的车外,还停着一辆妈妈胡秀英的车,自家门口每天停着两辆轿车,也是村里极少见的,村里以前除了孙月清有一辆车外,别的村民根本没有轿车的!

  现在孙月清搬走了,村里就他家有两辆轿车,把村民们个个眼红的要死,又羡慕又嫉妒!

  小雷刚坐进车里,手机就响了,连忙拿出来一看,见陈萍打来的,心里边在纳闷着她找我有什么事啊?

  边拿起手机接听起来:「喂......」

  「小雷啊,你在干嘛?」陈萍的声音从手机中传入了小雷的耳朵中。

  「哦,是萍姐啊?我在家呢,刚想出来呢!你有什么事吗?」小雷对着手机说着。

  「你要出去吗?」陈萍问道。

  「嗯,想去市里呢!你有什么事就说吧,我也没什么事,晚上就是想去里住!」小雷又对着手机说。

  「哦,你如果没什么重要的事,你晚上就去我婆婆家,保证给你一个惊喜。咯咯......」陈萍说着就娇笑了起来。

  「去你婆婆家?」小雷听了就马上想陈萍的婆婆张灵韵张婶,顿时眼睛也亮了起来,因为他玩过的熟妇中除了外婆,就算张婶的年龄最大了,他内心也很喜欢张婶的,她虽然都五十七岁了,但她身上的肌肤却非常的白嫩,特别是她又是村里最有名望,最受人尊敬的人,却被自己压在身下操得娇嗔的模样,别说有多刺激了。

  「是啊,今晚慧芳姐也去的!咯咯......」陈萍说完又娇笑了起来。

  啊,周慧芳也去张婶家?

  小雷顿时就想起以前和她们说过的四个人在一起玩的话,自己和张婶陈萍婆媳俩已经一起玩过了,但当时周慧芳死活不参加,所以到现在也没有四个人在一起玩过,听陈萍说后的娇笑声,又说今晚周慧芳也去张婶家,莫非陈萍已经说通了周慧芳?

  或者是那天在三轮车上的激情使周慧芳也想通了?

  顿下就高兴对着手机说:「萍姐,我晚上有时间呢?大概几点去你婆婆家啊?」

  此时的小雷就是最忙也非要去不可了,四个玩他还是第一次呢,这么好的机会他又怎么会错过呢?

  所以就连忙答应了阵萍。

  而沉白雪家可明晚再去也没有关系,毕竟是自己的老婆,以后有的是时间。

  「那好吧,晚上忙完食堂的事后我们就过去,我在忙呢,先挂了!」陈萍在手机里对小雷说。

  「好的好的!」小雷连忙应道。

  然后就挂了手机!

  他知道现在她们三个人都在工地的食堂里,再说现在正是工人们吃饭的时间,所以她们有些忙!

  那么自己就把车开到工地上去,然后再走回来,要不让妈妈胡秀英和小彩看见自己的车还停在家门口,肯定是不行的。

  想到这里,小雷就把车开往工地上,然后就上了二楼他的办公室在等着她们忙完食堂的事。

  再说在食堂里的陈萍她们,每天下午都有几个小时休息的时间,今天下午她们三个人正在坐在食堂里的一张餐桌闲聊着,陈萍突然想起来上次要拉周慧芳与自己的婆婆还有自己和小雷一起玩的事,所以就对周慧芳说:「慧芳姐,上次我们说过的叫你入夥,你不是说要考虑吗,现在都过去那么久了,你考虑的怎么样了?」

  「什么入你们的夥?什么考虑啊?」周慧芳被陈萍的话给说的懵了,根本不懂她在说什么?

  「慧芳姐,我们上次不是叫你也参加与小雷一起玩吗?你难道忘了?」陈萍把话说的更透明一些了。

  这下不但周慧芳听懂了,就连坐在她们身边的张灵韵也听懂,顿时两个人娴熟女人的脸上就红了起来。

  「都过去的事了,你还提起来干嘛呢?」周慧芳带着羞涩的语气对陈萍说。

  同时心中也想起了那天早晨去市里买菜在三轮车和小雷发生的激情事。

  而张灵韵却没有说话,但是她的内心也是有些渴望能和小雷在一起的,因为周慧芳有杨帆照顾,而陈萍也有自己的儿子照顾,自己呢?

  除了小雷,就没有任何男人了,所以心中也有些埋怨小雷一直都没有来找自己,但是小雷这样忙,又这么年轻,自己却是一个五十七岁的老太婆了,又怎么好意思主动去找小雷呢,所以小雷只有想起自己来了,来找自己时,就让自己舒爽一番,这种日子过得也不是个办法啊?所以听陈萍提起这事,张灵韵也不发言,而是在静静的听她们的谈话。

  「干嘛不提啊?你可是说过的,要考虑考虑的啊,那我问你,你现考虑好了没有?」陈萍说着就问周慧芳。

  「没有!」周慧芳很干脆俐落的说了出来。

  「你......」陈萍听了都不知道该说她什么好了!

  然后就心平气和的对慧芳姐说:「慧芳姐,那晚上我跟婆婆一起和小雷玩了,你不知道,可刺激了!」

  「是吗?」周慧芳听了反问道。

  「是啊,不信你问我的婆婆啊?」陈萍连忙对慧芳姐说。

  周慧芳听了就看向张灵韵:「张婶,陈萍说的是真的吗?」

  「我......我不知道!」张灵韵毕竟是年龄大了,说话不像陈萍那么乱说的,那晚和陈萍一起和小雷玩,心里当然是感到刺激的,但是又怎样好意思说出来呢,所以就说不知道了!

  「妈,你怎么这样呢?当时你不也是说过很刺激的吗?现在怎么说不知道呢?」陈萍说罢就偷偷给她的婆婆张灵韵使了一下眼色,因为当初她们俩可是商量她了的,就是想拉周慧芳下水,这样她们才会保险,要不周慧芳万一说出来了,那就完蛋了,所以只有拉她下水,才会安全的!

  所陈萍才会给她的婆婆张灵韵使眼色了。

  张灵韵也不笨,当然明白自己儿媳妇的意思了,她可能又拉周慧芳下水了,让她也参加,然后三个人一起和小雷玩。

  由于心里也想和小雷再玩一次,再加上那晚自己婆媳共持小雷也是感到非常的刺激,所以就带着羞涩的语气对周慧芳说:「慧芳,陈萍说的没错,那晚......那晚真的很好玩的,又很刺激......」

  「你听听,你听听,慧芳姐,我婆婆都这样说了!」未等周慧芳开口说话,陈萍就连忙对周慧芳说。

  「可是我有杨帆了,而且还是他的未婚妻呢,我怎么可以乱玩呢?」周慧芳见张灵韵都这么说了,心里也是相信她的话了,因为张灵韵在村里是那么有名望的人,又受村民的尊敬,她可是不会说假话的!

  但是想起杨帆,她却又退缩了。

  「慧芳姐,咱们是在偷偷的玩啊,杨帆又怎么会知道呢?再说你是杨帆的未婚妻,都没有结婚呢,而还有老公呢,我都玩呢,你怎么就不行了呢?」陈萍苦口婆心的对周慧芳说。

  「我......我总觉得会对不起杨帆的......」周慧芳低声说道。

  「那天你和小雷在厨房里玩呢?又怎么说?」陈萍问周慧芳。

  「我......」周慧芳居然被陈萍问的无言以对了。

  「所以你既然和小雷都做了那种事了,你再多做一次又有什么关系呢?再说咱们三个人在一起承包这个食堂,你也看到了,每个月都能赚那么多的钱,这还不是靠小雷当初让我们来这里干的吗?我们才会赚那么多的钱呢,还有,你和杨帆还不是人家小雷介绍的吗?杨帆年轻帅气,又是个有大本事的人,如果没有小雷,你能与杨帆在一起吗?所以你要报恩知道吗?所以你要好好想想啊!」陈萍又苦口婆心的对周慧芳说。

  周慧芳听了居然有些动心了:「可是......可是咱四个在一起玩,多不好意思啊?」

  「有什么不好意思的啊?咱们不都是被小雷玩过了吗?再说又没有别的男人参与,就小雷一个人,至于咱们嘛,都是女人,有什么好难为情的呢?你想要我婆婆,她都不怕难为情呢?你还怕什么呢?妈,你说我说的对不对啊?」陈萍说着说着又把话引到一声不吭的张灵韵身上了。

  她就想她的婆婆也帮忙说几句话。

  「慧芳,陈萍说的没错,要不......要不你也参加和我们一起玩玩吧!」张灵韵羞涩涩的对周慧芳说。

  周慧芳见张灵韵都这么说了,顿时也开始犹豫了起来,想着小雷胯间的那根大家伙,那天早上在三轮车上就把自己搞出高潮了,现在想起来还感到特别的刺激呢,如果四个人在一起玩,那岂不是更加的刺激吗?

  而张婶这样受别人尊敬的人也愿意四个人在一起玩呢,自己为什么不愿意呢?

  再说自己也不知道被小雷玩过多少次了,又不是第一次和他玩,又什么不意思的呢?

  想到这里,周慧芳就对陈萍说:「陈萍,那......那玩玩呗......」

  「真的吗?慧芳姐,你答应了?咯咯!」陈萍听了顿时就高兴的问她。

  而张灵韵听了两只眼睛也亮了一下,心里也高兴,要是周慧芳能参加,那这事以后就比较安全了,谁也不会说出去的!

  再说自己还可以和小雷做那种事呢,何乐而不为呢?

  「嗯,你和张婶既然都这么说了,怎么也得给你们婆媳俩一个面子嘛,再说咱们三个人一起承包这个食堂,当然要有福同享有难同当了不是,呵呵......」周慧芳说着就笑呵呵起来!

  她可能也是想通了!

  「咯咯,慧芳姐,我知道你会答应的,你真好!」陈萍这时高兴的边说边伸出一条手臂挽住了周慧芳的手臂,显得特别的亲热。

  「你啊,我还不知道啊,就是想拉着我下水,然后才放心!是不是啊?呵呵!」周慧芳笑呵呵的对陈萍说。

  「嗯,我是有点这样想的,但是我也想让你刺激一回嘛,咯咯......」陈萍也是实话实说。

  「真的很刺激吗?」周慧芳问了一句。

  「嗯,你不想想啊?咱们三个一起被小雷玩,想想都会感到特别的刺激呢?难道你就没感到吗?」陈萍对周慧芳说。

  周慧芳怎么可能没有感到呢?

  只是不好意思说出罢了!

  所以就对陈萍说:「我没玩怎么知道啊?」

  「慧芳姐,那不如咱们晚上就喊小雷过多玩玩,好不好啊?」陈萍突然问周慧芳。

  「晚上啊?不知道杨帆会不会在我家过夜呢?要是他在我家过夜,我就出不来了!」周慧芳对陈萍说。

  「那到晚上再说吧,杨帆要是不来你家过夜,我就打电话把小雷喊来,然后咱们都去我婆婆家,要是杨帆来你家过夜,那咱们这事就缓一缓,等那天杨帆不在你家过夜了,咱们再约小雷来,这样好不好?」陈萍也是个讲道理的人,就这样对周慧芳说。

  「嗯,只能这样了!」周慧芳说着。

  「咯咯,到时候咱们三个女人还不得把小雷给累死啊?」陈萍讪笑着说。

  「陈萍,这可不行,小雷还这么年轻,到时候咱们三个人都要悠着点,知道了没有?」这时一直不说话的张灵韵听了陈萍说的话,有菩萨心肠的她就有些反对陈萍的话了。

  「妈,我这不是开玩说得吗?咯咯!」陈萍娇笑着对她的婆婆张灵韵说。

  「呵呵......」周慧芳听了就笑了笑,然后就问陈萍:「陈萍,那咱们三个人在一起,小雷怎么玩啊?」

  周慧芳从来没有玩过多P的,当然不知道三个女怎么让一个男人玩了?

  所以就问陈萍。

  「这个......小雷的鬼主意特别的多,到时候咱们都听他的就是了!」陈萍听了就想了想后对周慧芳说。

  「那还不是一个一个玩啊,呵呵!」周慧芳说着就笑了笑。

  「慧芳姐,原来你都知道的啊?那还问我干嘛?」陈萍听了就对周慧芳说。

  「我也是想想而且嘛,要不怎么玩呢?小雷又没有三个大家伙,呵呵!」慧芳姐笑呵呵的说。

  因为此时这里就她们三个人,所以也有些不怕难为情了,就开起玩笑来了!

  「呵呵......」张灵韵听了周慧芳的话也忍不住的笑出声。

  「啊呀,都四点了,咱们也要开始准备晚饭了!」周慧芳看了看手机上的时间,就对她们婆媳俩说。

  接着她们三个女人就开始忙碌了起来,大概到了五点多的时候,慧芳姐就收到了杨帆的一条微信,告诉她晚上不睡在他家了,说在市里有事情!

  慧芳姐看了杨帆的资讯后,就连忙把这事告诉了陈萍,陈萍听了顿时就异常的高兴,就连忙拿出手机拨通了小雷的手机. ……
Other chapters
Title & Chapter Author
田舎のロマンス(41-完)
田舎のロマンス
田舎のロマンス
田舎のロマンス
田舎のロマンス
田舎のロマンス(01) 奇思妙想
田舎のロマンス
田舎のロマンス(01-9)
田舎のロマンス
田舎のロマンス
Similar Novels
Title & Chapter Author
(五) 三人同床一夜
(1-3) 草根阶层
(第十一篇 37) a649652350
(1.1-13.05) 奇思妙想
(01-07) shilei94945
(1-2) 姐控眠
默风趣
(四) 父子一起内射小莹
(13.1-13.5) 奇思妙想
(第七部1-4) 奇思妙想
((第十八部)48-50) 奇思妙想
(17-23)
(11-16)
(06-10)
(01-05)
Recommend Novels
Title & Chapter Author
田舎のロマンス
田舎のロマンス
パート26(03~04)
パート26(05~06)
パート26(07~08)
パート26(09~10)
パート26(11~12)
パート26(13~14)
パート26(15~16)
パート26(17~18)